Member

暮らシネマ

所属:えひめ風車NET
『暮らシネマ』
それは、田舎民が映画を観て語り合うプロジェクト。

いま、日本の田舎は変革期を迎えています。
高度経済成長期から続く右肩上がりの流れは終焉を迎え、
人口も経済も右肩下がりの流れの中にあります。
そして、その衰退の流れは田舎から顕著に起こっています。

そんな流れの中、
「地域活性」「雇用維持」の大義名分の下で、
豊かな自然を切り売りし、
正常な良心を切り売りし
人生の時間を切り売りし、
暮らしの中の大切なものを切り売りしながら、
日々生きています。

近視眼的な経済活動によって、
田舎の最大の魅力である「自然環境」は失われ、
穏やかな「暮らし」も日々失われています。

必要なのは、
自分たちの地域を自分たちで守る「勇気」と、
自分たちの暮らしを自分たちで豊かにする「知恵」と、
自分たちの未来を自分たちで作る「アイデア」と、
そしてそれらを身に付け磨き上げる「学びの場」。

そんな「学びの場」となることを、
『暮らシネマ』は目指しています。

田舎には映画館がありません。
だから、ドキュメンタリー映画などお目にかかれません。
テレビでは見れない本当の情報に接する機会は限りなく少ないのです。

でも、いま衰退する時代の最先端にいる田舎こそ、
本当の世界を知る機会が必要なのではないでしょうか?
上質なドキュメンタリー映画を通して、
世界を知り、自分たちの足元の地域を考えることで、
「新たな常識」を築き上げて行く作業が必要なのではないでしょうか?
右肩下がりの時代の「新たな常識」はどんなものなのか?
その回答を導き出すことが、いま求められています。

田舎の民が映画を通して、
これからの暮らしの在り方を語り合うプロジェクト…『暮らシネマ』。
あなたもぜひ参加してみませんか?
  • あなたも市民上映会を開催しませんか?開催方法はこちら
  • 市民上映会の開催情報
  • facebookにもぜひ「いいね!」
  • 参加した上映会(0)

    主催した上映会(5)

    Review(4)

    10/26 02:09

    ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~ のレビュー

    この映画の1つのキーワードは、
    『消費者』であることから脱することだと感じた。

    第三世界の生産者の劣悪な生活環境を見ると、
    これほどまでに酷いのかと衝撃を受ける。

    けれどもその一方で、
    私たち自身もその現状を作り出している資本主義のピラミッドの中に、
    しっかりと組み込まれている。

    日々あくせく働いても幸福感を得られなかったり、
    慢性的な生活の苦しさから抜け出せないと感じるのは、
    第三世界の人々を苦しめているピラミッドのいくつか上の階層に、
    自分たちもしっかり入ってしまっているからだろう。

    その資本主義のピラミッドの中から飛び出すことが、
    …つまり『消費者』であることを止めることが、
    世界の現状を変える1つの大きな手段だと気付かされた。

    この映画は非常に内容が充実していて、素晴らしい映画だった。
    先進国で生きる私たちは、人生で一度は見ておくべきだと思う。