© ホライズン・フィーチャーズ

抱く{HUG}

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら


【福岡】映画『抱くーhugー』上映会

開催日
06/17

AREA
福岡
〜HPPYHILLで映画を観よう〜

毎月第3日曜日は、カフェでゆっくり寛ぎながら映画を観ませんか?(※予約の都合で日程を変更する可能性がございます。予めご了承ください。)

============================================
6/17(日) 13:00〜15:00
【上映作品】
『抱くーhugー』
料金:¥1500〜(映画料金¥1000、別途ワンドリンクオーダー制¥500〜)

※事前予約は不要です。当日店内でチケット代とドリンク代をお支払いください。
facebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/170440083574844/
=============================================

●上映作品紹介●

あの日から変わってしまったこの空の下で、君を抱きしめる——。
生まれてくる命のために、私はどんな未来を描けるのだろう。 これは、わが子とその未来を守る母の、愛と絆の記録。
「あなたを全力で守るから。だからどうか、無事に生まれてきてください。」
そう言って自分のおなかを優しく抱きしめる母。
映画「抱く(HUG)」は、新しい命と、強く美しい母の愛が生まれる瞬間を捉えたドキュメンタリーです。
監督は、これまで一貫して環境問題や逆境に生きる人々に焦点を置いた作品を発表してきた海南友子。次なる取材地に福 島を選び、3.11 直後に原発 4 キロ地点にまで 薄して取材をしていた海南監督は、その矢先に妊娠していることに気づきます。 不妊治療の末、とうに諦めていた初めての妊娠でした。

命の輝き、母の愛、この世界に生きるということ。
水を飲み、大きく息を吸うたびに赤ちゃんへの影響が心配になる。福島で出会った母たちの苦しみが、そのまま自分のものとなり ました。そして、生まれてはじめて自分にカメラを向ける決心をするのです。
40 歳での初めての出産、そして放射能の不安との闘いの日々。壮絶なつわり、緊急搬送されるまでの激痛。これは年齢のせい なのか、それとも放射能の影響なのか。取材を続けるべき?それとも? 監督は、迷い、苦しみながら自身にカメラを向け続けます。 何もかもが変わってしまったこの世界で、母となる意味を記録する為にーーーー。 ここに、ひとりの母親による心揺さぶる魂の記録が誕生しました。


Massage ー 監督からのメッセージ ー
3・11の直後、福島第一原発の事故によって、故郷を奪われた人々の取材を福島で続けるなかで、 私は自分の初めての妊娠に気がついた。 不妊治療の末、妊娠はとうに諦めていたのに、新しい生命を授かるなんて・・・。 水を飲み、大きく息を吸うたびに、赤ちゃんへの放射性物質の影響が心配になる。 取材で出会ったたくさんの母たちの苦しみが、自分の痛みに変わった瞬間だった。 奇遇にも、私の誕生日は福島第一原発の稼働日と同じ日だ。 でも、事故が起きるまで、自分が福島の原発に支えられている事には全くの無知だった。 その自分が、今度は新しい命とどんな未来を生きるべきなのか? を試されていると思った。だから初めて自分にカメラを向けた。 わたしというちっぽけな人間の作品が、たくさんの母たちの想いとつながること、ただそれだけを祈っている。

海南友子

Data

上映日 2018/06/17 登録者 HAPPYHILL cinema
会場 cafe & Dinning HAPPY HILL
福岡県福岡市中央区大名2-2-47 小野ビル102
募集人数 20名
料金 1000円※別途1ドリンクオーダー制 問合せ先 092-791-3299

メンバー登録して参加する

Member(0)