cinemo.eduは一人ひとりの考える力を養う
学校法人向けオンライン映画配信サービスです。

cinemo(シネモ)にはSDGsカテゴリーに属する様々な社会課題をテーマにした主にドキュメンタリーが数多く掲載されています。中学、高校、大学、専門学校などの学校法人向けに、オンライン映画配信サービス、cinemo.edu(シネモ・ドット・エデュ)を開始しました。

  • SDGs、社会課題をテーマにした映画を契約本数に応じて1年間何度でもご覧いただくことができます。
  • 授業中はもとより、一人ひとりのPCやタブレットで自宅・外出先など、好きな時に好きな場所でライフスタイルに応じてご覧いただくことができます。
  • 映画ごとに先生からのコメントを表示したり、学生・生徒一人ひとりのレビューを書き込めるなど、授業の進行をサポートする便利な機能が搭載されています。

  • SDGs環境、平和、食、人権、多様性、エネルギーなど多様な作品が36タイトルあります。(2020年4月時点 )
    ※cinemo掲載作品のうち一部が対象です。一覧はこちら


  • 活用例1. 国際関係学部や教育学部など幅広い領域のゼミの教材に
  • 活用例2.次世代リーダー育成のための学部横断プロジェクトの教材に
  • 活用例3.中学・高校の総合的学習の時間の教材に


  • cinemo.edu 料金体系

    年間契約Aプラン

    契約映画数:17作品
    初期費用:3万円
    料金体系: 学生・生徒千人まで17万円(税別)/年

    年間契約Bプラン

    契約映画数:12作品
    初期費用:3万円
    料金体系: 学生・生徒千人まで12万円(税別)/年

    ※契約料金は前払いとなります。
    ※ご契約の件数分IDの発行となり、クラス・ゼミ毎の契約の場合、それぞれの契約料がかかります。
    ※初期費用無料キャンペーンは2020年5月末申込みまで
    ※1,000人以上のご契約は、追加1,000人毎10%の追加料金(トライアル料金で今後変更見込み)で、最大1万人までご契約可能です。それ以上は、別アカウント契約が必要です。



    ※推奨視聴環境については、利用している映像配信プラットフォーム、ビデオグの推奨視聴環境に準じます。

    利用者の声

    「映画音楽に関する講義の課題として利用しました。「この映画のメッセージは?」 「メッセージを観客に伝える上で、音楽の果たしている役割は?」という問いを設定し、 レポートを描いてもらい、また小グループに分かれてディスカッションをしてもらいました。

    評価:「とてもよい」
    理由:映画の内容が素晴らしい。PC、タブレットで自宅で課題に取り組んでもらえるので。

    フェリス女学院大学 音楽学部 音楽芸術学科 准教授 瀬藤 康嗣


    教育機関用DVD 販売中

    cinemoの映画の一部は、教育機関用DVDを販売しています。こちらのDVDは授業でご利用いただけます。

    画面サンプル