新着映画レビュー

9月15日のコスタリカ独立記念日をお祝いしての上映会でした。コスタリカ
の独立記念日を素晴らしい映画と共にお祝いできてとても嬉しかったです。
コスタリカ産のチョコレートとコーヒーも大変喜んでいただきました。

観終わった後、胸が熱くなりました。
国民の幸せのために、人間的に自然な選択をしているコスタリカ。
もちろん、またまだ課題も沢山あります。
でも日本の約7分の1しかない小国が、様々な分野で世界のモデルとなり、国
民の幸福度を世界一にしてしまう。
平和のための当たり前のことを、当たり前に実行している国です。
そんなコスタリカを少しでも身近に感じていただけたらという思いで上映会
を行いました。
壮大な夢って言われるかもしれないけど、「平和な世界」にしていくため
の、大河の一滴になれるロメロトレードでいたいと思っています。
また上映会を行いたいです。
Pura vida!

ロメロトレード主催 上映会にて 上映主催者の方より

「コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~」

ユナイテッドピープル代理投稿さん 18/09/25 15:01

「コスタリカの映画、皆さんはご覧になりましたか?

私も観たのですが、ひとつ思ったことがあります。

昔、フランスに3年ほどいたことがあるんです。

フランスでは、消防士さんをポンピエって言うんですよ。

フランスの消防士さんは、実は兵隊さんと兼務していて、

消防士だけをやっている人はいないんです。兵隊さんは、

戦争がなければ仕事がありませんから、普段はポンピエをやっているんです。


コスタリカは軍隊をまったく無くしました。

日本の自衛隊は災害救助などで仕事をしてくれています。

日本はこれから少子化ですし、自衛隊を小さくするとか、

仕事の内容を見直すなど、あり方を考えてもいいんじゃないでしょうか」

前川喜平さん
「コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方」前座上映のあった講演会にて

「コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~」

ユナイテッドピープル代理投稿さん 18/09/25 12:05

世界の大部分の人は、争いのない、平和な世の中を望んでいる。
平和を望む、私たちの心に火を灯して、自分にもできることをやろう!と勇気づけてくれる映画でした。
まさに、世界平和への足がかりとなる 1日を、確かなものにするために、この映画のこと、
ピースデーのことを、みんなに伝えなきゃ!と思います。

「ザ・デー・アフター・ピース」

トラベッサシネマさん 18/08/09 11:16

感動 元気 役立ち 人生変わる

「1(イチ)」
その大切さを教えてくれる映画。
365日のなかの「1」日から、暴力や争いのない日をつくる。
「1」人の命でも救うことができたら、意味がある。
「1」人からでも、強い思いを持ち続ければ、多くの人を巻き込み、夢を実現できる…。

資金が尽きようとも、顔に出来物がぶわぁっとできるほどストレスが重なろうとも、命の保証がない場所に行くことになろうとも、諦めることも、回避することもないジェレミーのパッションに圧倒され、「自分も進まなくちゃ!」と駆り立てられる作品。

この映画をきっかけに私も転職し、人生が大きく変わりました!

「ザ・デー・アフター・ピース」

Aiさん 18/08/05 12:31

感動 人生変わる

この映画をみたとたん、部屋中を断捨離してすっきりしたくなりました。
モノが多くても心は豊かになりません。モノが足りなかったら、お隣の人に助けてもらったり、人との繋がりも生まれます。モノ対人だけで生活は可能ですが、モノがないおかげで、人対人で過ごす時間も生まれます。
なにが本当に必要か、今一度見つめなおす良い機会をくれる映画だと思いました。

一人でも多くの方に、この映画を通して、知らない世界から知っている世界・社会へ繋げていけたらいいな、と思いました。

「365日のシンプルライフ」

PETHICAさん 18/07/28 18:22

役立ち 学び 人生変わる

映画のカメラワークがとても美しいと感じました。内容については、結論があるようなドキュメンタリーではなく、課題提示された、まさにウェイクアップコールだったので、どうしたら良いのだろうか、と頭の中でグルグルと考えさせられる映画だったと思います。この映画が制作された10年前の地球への危機問題が、いま現代、本当に起こっています。資源の債務がどんどん増え続けているのです。
この夏の猛暑も、この先、来年、数年後、10年後はどうなっているのでしょうか?気候変動は過剰な生産と消費のシステムで起きている問題です。自然は無限のクレジットではないということ、地球の限界をとっくに知っていなくてはならない、危機を感じていなくてはならない時であるということ。これを強く感じました。

「サバイビング・プログレス - 進歩の罠」

PETHICAさん 18/07/28 18:21

学び

「コスタリカという国は名前しか知りませんでした。軍を持っていない国があることに驚きました。何度危機的な状況に陥っても、平和的な方法で問題を解決するようにしていて、すごくいいと思いました。国民にまとまりがあって同じ気持ちでいることもすごいと思います。日本はどうかと考えるよくらい気持ちになります。
私にできることは何か、少し考えていきたいです。」

「日本もコスタリカに続くことができるのではないか。続きたいです。」

「とても考えさせられる。こういう時間が誰にでも必要。もっといろんな人に、特に日本の政治家に見て欲しい!見るべき!」

「勇気とやる気がわいてきました。ジョン・レノンの「イマジン」の世界が実際の社会にすでにあることに感動しました。」

「困難に挑戦し続けていることがすばらしいと思いました。平和を維持させていくことのビジョンと信念の大事さを思いました。未来に希望が持てました。」

「とても良かった。普段の生活の中では無い情報で感動しました。目からうろこの思いでした。平和憲法を持っている日本は現在アメリカと共合して戦争への道を歩み始めている危機を感じていましたが、武器なしにどうすれば平和が保たれるのか、という意見に対して反論がなかなか自分の中でできませんでしたが、「コスタリカを日本の目標に」と今後は言い返せそうです。」

(市民上映会参加者アンケートより)

「コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~」

ユナイテッドピープル代理投稿さん 18/07/13 16:10

タシちゃんと言う1人の子に焦点を当てて描いたことが成功していると思う。

「タシちゃんと僧侶」

名前のない映画館さん 18/06/26 10:34

感動 元気 学び 泣ける

庶民の姿といっても、所詮は政府が斡旋してくれた人たちに会っただけでは、と思うだろうが、その点を割り引いても十分興味深い内容。そこに映し出される北朝鮮の庶民の姿は、裕福なわけでも、主体思想で頭がいっぱいなわけでもない。冒頭の軍隊関係者や田舎の人々はいかにもみすぼらしい。しかしだからこそ、そうしたありのままの姿を外国に発信してもらってよいと判断した北朝鮮政府関係者の意図を読み解くべきだ。
撮影を行った時点では南北会談やら米朝会談やらはまだまだ話にも出ていない。むしろ制裁が強化されていく状況の中であった。そんな中、強がってもっといいところばかり見せるのではなくありのままの庶民の姿を見せているのは、政府としては将来外国との様々な交流が増えていくことを想定していたのでは、とも思える。そしてまた、こうした作品がどのように受け取られるのかについても注視しているのかもしれない。

「ワンダーランド北朝鮮」

ひでまーさん 18/05/30 21:36

学び

今の北朝鮮って、日本の江戸時代と戦前を、
足して二で割ったような社会なのかなぁというのが
この映画を観て、初めて抱いた北朝鮮への印象です。

余りに知らないことばかりの謎の国の、
「ある面のリアル」が映し出されていて、本当に興味深い!
何より、チョ監督のインタビューが実に秀逸です。

確かに、出てくる「普通の」人々は、
当局がOKするような、模範解答的なことしか言いません。

でも表面的な取り繕いの合間に、
ポロリと人間らしい本音が見えたり、
北朝鮮と世界との途絶感も感じました。
韓国語が分かったら、もっと見えるものがあるかもしれません。

チョ監督は韓国籍を放棄してこの映画を製作したそうで、
原題は「My Brothers and Sisters in the North」。

「ワンダーランド北朝鮮」という邦題のほうがしっくりくる私とは、
北朝鮮の捉え方にも違いあると思いますが、
観る人それぞれに感じるところのある作品なのでしょう。

「ワンダーランド北朝鮮」

夏子さん 18/05/24 12:29

学び

ランキング

* ギリアンへの突然のプロポーズ。響きあうように2人は歩み始める。

そんな彼に突然人生の大きな転機...
この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る...
命の輝き、母の愛、この世界に生きるということ。

水を飲み、大きく息を吸うたびに赤ちゃんへの影響...
1953年、アメリカのアイゼンハワー大統領(当時)は、軍産複合体を批判する有名な演説「鉄の十字架」別...
『0円キッチン』はジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチ...
1940年代から、完全食品として推奨されてきた牛乳。酪農業を営む家で少年時代を送っていたキャンベル博...
営利目的の途上国開発業者や巨大なNGOなどにより、数十億ドルにも及ぶ「貧困産業」が生まれ、そのなかで...
“普通”の人々に出会うために、韓国出身女性監督チョ・ソンヒョンが、韓国人として本来行くことの出来な...
エジプトの市民革命、スペインの大衆反乱、そしてニューヨークのオキュパイ・ウォール・ストリート運動...
作品背景

 2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生。その年の10月にはアメリカを中心とした...

※ レビュー数で集計