ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ソニータ

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ダーヴィド・グロス
監督:Ben Matsunaga
監督:チョ・ソンヒョン
監督:マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン

ソニータ

ジャンル 教育 平和 人権 多様性 伝統文化 社会変革 問題解決
時間 91分 製作年2015年  監督 ロクサレ・ガエム・マガミ

《サンダンス映画祭2016 ワールドシネマ部門グランプリ&観客賞ダブル受賞》ほか受賞多数

沈黙のかわりに私は叫ぶ。
絶望の淵に立たされたとき、あきらめない少女の歌は奇跡を引き寄せる。
家族のために結婚を強いられる魂のラッパー、ソニータは歌い、自らの運命を変えていく――

「難民という厳しい境遇でも諦めずに夢を追い奮闘するソニータの勇気と微笑みに感動した。この作品を多数の方々に観ていただき、無数に存在するソニータの様な難民への理解を深め、支援にも立ち上がってほしい。

─ 緒方貞子
(第8代国連難民高等弁務官)」

レビュー一覧:http://unitedpeople.jp/sonita/rv

Screening Information

上映会 開催者募集

(c)Behrouz Badrouj

About the film

ソニータの理想の両親はマイケル・ジャクソンとリアーナ。もしパスポートを持っていたら名前はソニータ・ジャクソンにしたいと言う。スクラップブックに書いた夢は有名なラッパーになること。しかし、現在の彼女のファンはイランの首都テヘランの子ども保護施設の子どもたちだけ。パスポートも滞在許可証もなく、アフガニスタンのタリバンから逃れてきた難民の彼女は、不法移民としてこの施設で心の傷を癒やすためのカウンセリングや将来のアドバイスを受けている。

 一方で彼女の家族は全く別の将来を準備していた。アフガニスタンに住む親は、16歳になったソニータを、古くからの習慣どおりに見ず知らずの男性に嫁がせようとする。花嫁の値段は9,000ドル。夢を追いかけたいソニータに結婚する気はない。しかし、家族との関係も失いたくない。そんなジレンマを抱えながらも女性が歌うことが許されないイランで、ソニータはどうしたらラッパーになる夢を叶えることが出来るのだろうか?ロクサレ・ガエム・マガミ監督は、取材対象の人生に関与すべきかどうか悩みながらも、同じ女性としてこの問に答えるようにソニータの夢と人生に深く関わることとなる。ラップのビデオクリップを製作すると、運命を変える出来事が起きる。果たしてソニータは人生を変えるチャンスをものにする事ができるのか?

More info

[作品背景]
2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生。その年の10月にはアメリカを中心とした多国籍軍がアフガニスタンに侵略しタリバン政権が崩壊した。タリバン政権崩壊後のアフガニスタンでは2002年6月に移行政権が発足し、2005年には議会選挙が行われるなど、新しい国家作りが進んでいた。しかし2003年以後、徐々にアフガニスタン南部を中心に勢力を回復していったタリバンによるテロや攻撃が増加していった。同時に危険が増すアフガニスタンを出国する難民も増加の一途をたどることとなる。10歳の頃、家族と共にイランへと逃れた少女ソニータも、そんな難民の一人だ。国際連合難民高等弁務官事務所によると2016年末の時点でイランに暮らすアフガニスタン難民は約95万人。不法滞在者を加えれば、その数は数百万人にも及ぶともいわれる。

 ソニータはテヘラン郊外の貧困地域に帯在許可書なく不法滞在する難民の一人だ。滞在許可証も保証人もいない彼女らにとって、住む場所を確保することすら難しい。誕生時から公的な書類で誕生の記録が存在しないため、正確な誕生日もわからない。また、アフガニスタンから逃れたイランでも、ヒジャーブ(頭に被るベール)を身に付けないと逮捕されたり、女性だけで公の場で歌うことが禁じられているなど、子ども支援団体で教育を受けながら、ラッパーの夢を叶えようとするソニータの環境は厳しい。

 ソニータの母は兄の結納金を得るため、16歳になったソニータを無理やり知らない男性と結婚させようとする。母本人もソニータよりもずっと若い頃に同じように結婚している。アフガニスタンでは、親に言われるがままに結婚することが古くからのしきたりとなっているのだ。確かな統計を取ることがアフガニスタンでは難しいが、18歳未満で約半数の女性が結婚すると言われ、アフガニスタン独立人権委員会によると60~80%の女性が親が決めた相手と結婚している。いわゆる強制婚である。ソニータが保護されている施設の子どもたちも次々と結納金と引き換えに結婚が決まっていく中、ソニータはアフガニスタンの少女たちが抱える悩み、悲しみや怒りをラップに込めて歌い始める。そして次第に才能を開花させ、運命を変えていく。 

Data

原題 Sonita 製作年 2015年
製作国 スイス・ドイツ・イラン 制作 TAG/TRAUM 共同製作:INTERMEZZO FILM、 ロクサレ・ガエム・マガミ、NDR、RTS、SRG SSR、DR
配給 ユナイテッドピープル 時間 91分

Cast & Staff

監督 ロクサレ・ガエム・マガミ 製作総指揮
プロデューサー 原作
脚本 音楽 ソニータ・アリザデ、セパンダマズ・エラヒ・シラジ
撮影 編集
キャスト ソニータ・アリザデ ロクサレ・ガエム・マガミ

Review(9)

20/05/07 14:40

ユナイテッドピープル さんのレビュー
感動 元気 学び 泣ける
難民という厳しい境遇でも
諦めずに夢を追い奮闘するソニータの勇気と微笑みに感動した。
この作品を多数の方々に観ていただき、
無数に存在するソニータの様な難民への理解を深め、
支援にも立ち上がってほしい。

─ 緒方貞子
(第8代国連難民高等弁務官)

***

誰が、なんと言おうと

自分の人生は、自分で、決める。

彼女の生き方をリスペクトしています。

─ MIYAVI (アーティスト / ギタリスト)

***

圧巻のドキュメンタリー

ヒップホップアーティストを志す
イラン在住のアフガニスタン難民の少女ソニータ

ソニータの魂のライミングに心揺さぶられる

この映画の意味を
受取手が意義に変えなくてはならない

─ 斎藤工(俳優、フィルムメーカー)
(ブログ・斎藤工務店より引用)

***

心に鍵をかけるのをやめた
ソニータ
彼女の中の怪獣が暴れだした
それ、を音楽という。
もう誰にも止められない
言葉の生まれる瞬間を
映画を通して立ち会えると
こっちも興奮してしまう
あなたも
詩人誕生の目撃者になりませんか

─ 一青窈(歌手)

17/11/13 16:00

夢を追う情熱と、魂のラップに感動した。ソニータの笑顔が見れて良かった。(@tomonorimuraoka )
※twitterに寄せられた感想を代理投稿


昨日から『SONITA』のラップが頭から離れない。言葉にビートがのった瞬間に起きるケミストリー。これが音楽という文化なら人類ブラボーと拍手したい。(@sugally )
※twitterに寄せられた感想を代理投稿

17/11/13 16:01

「ソニータ」観てよかったわー。途中十代の娘たちが当然のように交わしてる会話とか慣習とか、なんともいえない気持ちになるけど、世界は色々なんだなぁとあらためて思った。(@IsMyPeach )
※twitterに寄せられた感想を代理投稿

また今年ベスト級きたわ。強い少女の姿に何度も泣いた泣いた。イランで厳しい生活を送るアフガニスタン難民の少女。貧しい生活や女性は結婚時に「売る」ものというアフガンの風習に苦しみながらも、ラッパーとして成功することを夢見て明るく振る舞う。(@marutabatsuo )
※twitterに寄せられた感想を代理投稿

変えられる!声をあげ続ければきっと動かせる!って希望が湧いてくる(@YiXingnarunaru )
※twitterに寄せられた感想を代理投稿

17/11/13 18:25

公開中の『ソニータ』は間違いなく私の今年の映画10選に入るドキュメンタリー。
まだ幼い女の子が家を守るためにお金と引き換えに嫁ぐこと、未来を選ぶ自由、イスラム圏の女性はなぜ頭にヒジャブ(スカーフ)を巻くのか。
ソニータの切実なラップが胸を締め付けるけど、彼女がそのラップで切り開いた未来は希望を見せてくれる。もっともっと広まってほしい映画。
今作は数カ国の共作ですが、イランは良質な映画を定期的に届けてくれるね。
ソニータを観て、大好きな『ペルシャ猫を誰も知らない』や『ペルセポリス』(これはフランス制作でイランが舞台)を思い出し、久しぶりに観たくなった。
(@laylaokuhama)
※インスタグラム投稿より代理投稿

17/11/13 18:26

映画『ソニータ』を渋谷アップリンクで鑑賞。ラップで涙したのは初めてでした。
勇気と強さに感動するドキュメンタリー映画。
イランに滞在する難民ソニータ。将来の夢はヒップホップアーティストだという。
同級生が強制結婚を強いられる中、ソニータはその憤りを魂のラップに刻み歌いあげる。
滞在許可書はなく、女性は歌うことができない国。
全てが逆境のなかで、撮影監督やスタッフをも巻き込んで行くストーリー展開。
ラップ一つで人生を切り開く姿に涙なしでは見られません。
オススメの作品です。
(@koichi.taka)
※インスタグラム投稿より代理投稿

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
「ソニータ」上映会を開催して
2016年の映画なので、最近の状況を合わせ、報告する機会を持った。知らないことが多すぎることを痛感。
イランでの回復プログラムの内容がよかった。
映像の力は大きいので、これからも、多くの人に見ていただけるような上映会を心掛けたいです。

【3-11 & 9-11反転週間】11/8(6日目)『ソニータ』zoomオンライン・Rolling20'sシネマ
ソニータに繰り返しやってくる大きな試練に立ち向かって乗り越えて笑顔になっていくのが素敵でした。
自爆テロがまるで交通事故があったかのようにテレビで流されるのを見てやるせなくなりました。でも、交通事故など起こりえなかった時代には、交通事故のニュースはやるせなかったでしょう。
お母さんが「お金」というとき、何に使うお金が欲しいのだろうと思いました。イヤリングが欲しいの?娘を嫁に売るのも慣習だとしても疑問を持たないのと。


・春休み中の放映で、親子で難民問題や海外の少女たちの現実について知ってもらえた。
・声をあげ、問題に立ち向かう勇気を感じてもらえた。

JICA九州 2021年03月21日
2020年度第11回目となる今回の協力隊ナビでは、ドキュメンタリー映画『ソニータ』のオンライン映画上映を行いました。当日は11名の方にご参加頂きました。映画『ソニータ』は、アフガニスタン難民の少女が、心に抱えるトラウマや、古からの慣習、自身のおかれる現実に翻弄されながらも、ラッパーになるという夢を叶えるというお話。困難の最中にあっても笑顔を失わない彼女の、瞳の色が希望や悲しみ、喜びへと揺れ動く様子が印象的でした。女性が人前で歌う事が禁止されている社会において、最後は夢を叶えハッピーエンドという形で幕を閉じる様子に、奇跡を目にしているような気持になりました。今月3月8日は国際女性デーという事で、映画上映を通し、女性の人権について考えるきっかけを作れたことを嬉しく思います。

ここで、参加いただいたみなさまの声を紹介します。※一部抜粋
・少々映画の画面に乱れがあったが、大変興味深い課題を突き付けられたように感じた。アフガニスタン1国の問題ではなく、全世界で考えていくべきだと思った。アフガニスタンを攻撃したアメリカが1人の少女を救うんだと思い、複雑な感情になった。(40代女性)
・映画はとても感動的で、参加してよかったと思いました。参加者が少なくて、とても残念でした。また、このような機会があれば、参加したいと思います。(60代女性)
・ただ、ただ、感謝です。ありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします。(50代男性)
・ソニータはラップのセンスだけではなく、MV制作時に自らのアイデア、歌詞と自分の表現力だけで伝え切るという才能に驚きました。もしかして、ソニータは神様に選ばれ、児童婚や貧困問題を世界中の人に考えさせるために生まれてきたんじゃないかとも思いました。ソニータの強さにパワーを戴きました。自分が直面する問題全てが小さくみえ、強い意志を持つ母親でい続けたい、そして子供が大きくなったら再度この映画を一緒にみたいなと思っていました。最後に、ソニータはソニータでい続けてほしいとも思いますが、疲れた時に帰れる場所もありますようにと願います。(30代女性)