ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ザ・ニュー・ブリード

Facebook
Twitter
公式サイト

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:カール-A・フェヒナー
監督:ピート・ウィリアムズ
監督:チョ・ソンヒョン
監督:ティム・コール

ザ・ニュー・ブリード

ジャンル 環境 教育 政治経済 科学技術 社会変革 問題解決
時間 80分 製作年2020年  監督 ピート・ウィリアムズ

『ザ・トゥルー・コスト』製作総指揮ヴィンセント・ヴィットリオ プロデュース作品

"私たちは社会課題を解決するアメリカ、ミレニアル世代の社会起業家"

貧困や環境破壊などの問題解決のために事業を行う
新時代の社会起業家たちの挑戦を追ったドキュメンタリー

Screening Information

2022/09/11
[ 東京都 ] 映画『ザ・ニュー・ブリード』上映会
2022/09/25
[ 東京都 ] キネカマこの1本!第6 弾『ザ・ニュー・ブリード』

上映会 開催者募集

About the film

貧困、不平等、そして環境破壊といった社会課題をビジネスの手法で解決しようとチャレンジしている社会起業家たちがいる。映画『ザ・ニュー・ブリード』は、アメリカで勢い盛んな社会起業家たちを捉えたドキュメンタリーだ。この映画には3人の魅力的なミレニアル世代が、どのように事業を立ち上げたのかを描いている。

More info

カリフォルニア州コスタメサを拠点とするアパレル企業、ノウンサプライの共同設立者であるコールは、ウガンダとペルーの女性たちに教育、指導、安定した収入を与えることで、貧困から抜け出す力を与えている。ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点とするボンフォークの創設者であるジャンナは、販売する靴下が1足売れるごとに必要としている人に靴下を1足寄付している。そして、カリフォルニア州ベンチュラにあるプラスチックリサイクル会社ブレオの共同設立者であるベン、デイヴィッド、ケビンは、チリ沖で廃棄された漁網を回収し、スケートボード、サーフボードのフィン、サングラスなどの機能的な新製品に生まれ変わらせている。社会起業は、ミレニアル世代にとって有力なキャリアの選択肢となっている。

映画には、コメディアン、ミュージシャン、学者が登場し、社会起業家ムーブメントを多角的な視点で浮き彫りにし、植民地主義、不平等、貧困の歴史などを、楽しげで分かりやすい方法で伝える。この映画自体が社会事業であり、映画の収益は世界中の恵まれない環境にある若い映画制作者の映画機材やトレーニングに使われる。

Data

原題 The New Breed 製作年 2020年
製作国 アメリカ 制作 ステイ・ゴールド・スタジオズ
配給 ユナイテッドピープル 時間 80分

Cast & Staff

監督 ピート・ウィリアムズ 製作総指揮
プロデューサー ピート・ウィリアムズ、ヴィンセント・ヴィットリオ 原作
脚本 音楽
撮影 編集 ジェイク・カーペンター
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
若者はSDGsの本質を見抜く
やぶきSDGs懇話会 2022年07月12日
社会起業家のドキュメンタリーでしたが、若者の純粋な気持ちをそのままビジネスに持ち込むとする姿勢にSDGsの本質を見た思いがします。
とてもよい映画でしたが、参加者数が少なくもったいないことをしました。もう一度上映してもよい作品だと思いました。


ハイブリッド上映にチャレンジしました。
リアル会場のホテルに7名、オンラインで3名の計10名の会となりました。音声調整に手間取りオンライン参加の方々には最初お聞き苦しかったことをお詫び申し上げます。
映画は素晴らしく、単なるスタートアップの紹介にとどまらず格差、貧困など多くのことを学べる映画でした。
上映後の感想シェアもオンライン参加のお声も直接いただきハイブリッド上映会としていい会になったと思います。

2022ウナギネマvol.5『ザ・ニュー・ブリード』
The new breed =新種、新品種。
自分たちの力で社会を変えられると信じて疑わないミレニアル世代の起業家はまさにThe new breedなのかもしれません。

できない理由よりもできる工夫を。
やってみなければわからない。

変化を進んで受け入れて、それを推進力に変換していく。
若い世代の活躍に、世界は間違いなく変わっていくと確信しました。

いま学校ではESD (Education for Sustainable Development)が強力に進められています。
しかし、本当に教育が必要なのは若い世代ではなく、その上の世代なのではないでしょうか。

すべての若者がそうだとは言えませんが、他の世代に比べて、サステイナブルな社会への志向が強いことは異論がないでしょう。
自分だけが得をするのではなく、みんなで分かち合うことが価値基準の中心にあるように見えます。

資本主義やグローバリズムは限界を迎え、社会は共生に向かっています。
そして、共生社会の実現のためにはビジネスの力が不可欠。
きちんと利益を上げることで社会に還元し、誰もが笑顔になる未来を創造しよう。
これを自然体で実行するミレニアル世代の姿は、The new breedそのものです。

次回のウナギネマは6月18日(土)『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』

再生可能エネルギーへの100%移行は可能!
2010年ドイツで13万人が感動!ドイツを脱原発に導いた作品!

詳細・ご予約はこちらからどうぞ!
https://2022unaginema06.peatix.com/

なお、次回6/18(土)の上映を最後に、オンライン映画館「ウナギネマ」は閉館させていただきます。
(6月末でcinemoオンライン上映が終了。以降は会場での上映のみ許可になります)
これまでご利用いただき、誠にありがとうございました。
福岡県柳川市の会場での上映会は続けてまいりますので、引き続きご利用よろしくお願いいたします。

#映画 #オンライン #SDGs #ソーシャルシネマ #cinemo #unitedpeople #ウナギネマ