ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

おだやかな革命

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ベルクロウ・リッパー
監督:渡辺智史
監督:ヘザー・レンズ
監督:ガヤトリー・ロシャン、エマニュエル・ボーン・リー
監督:ジャレッド・P・スコット

おだやかな革命

ジャンル 環境 社会変革 問題解決
時間 100分 製作年2017年  監督 渡辺智史

自然エネルギーによる地域再生。これからの時代の「豊かさ」を巡る物語。

地域を変えた、移住者・被災者たちの「暮らしの選択」、映画に。
「あたり前」を取り戻すために選んだ未来とは…

Screening Information

2024/03/08 ~ 2024/03/10
[ 千葉県 ] 2024年3月8日(金)〜10日(日)映画『おだやかな革命』上映会
2024/03/24
[ 広島県 ] そうだ!座 映画上映会「おだやかな革命」
2024/03/29 ~ 2024/03/29
[ 北海道 ] 昼の部、夜の部あります「おだやかな革命」〜ひろまるシネマinリファインド珈琲
2024/06/21
[ 福岡県 ] おだやかな革命

上映会 開催者募集

(c)いでは堂

About the film

-原発被害の残る福島県飯館村で畜産農家がこれからの世代へ未来をつなごうと立ち上げた電力会社
-地域唯一の小学校を守ろうと、岐阜県にある100世帯の集落“石徹白”で立ち上がった小水力電力事業

 今、子供達に幸せな未来を残すため、自然と向き合い、人と向き合い、地域と向き合いながら、暮らしの選択を続ける人たちがいます。大きなシステムに依存せず、自らの暮らしを支えるエネルギーを自治しながら、「あたり前」にあったはずの、本当の豊かさを取り戻していく…そんな彼らの、穏やかな、そして力強い挑戦の姿を描きます。
 監督は、前作「よみがえりのレシピ」で、在来種のタネをめぐる物語を描いた渡辺智史監督。2014年より本作の取材を始め、全国の自然エネルギーによるまちづくりの取組みを追ってきました。
映画に登場するのは、福島県・秋田県・岡山県、そして、岐阜県で「エネルギー自治」に取り組む人々です。原発事故をきっかけに感じた不安や怒りや恐怖や、疑問。それを誰かのせいにするのではなく、自分たちの手で未来を変えようと動き続ける人たちの姿からは、未来を豊かにする「暮らしの選択」のヒントが見えてくるはずです。
これまでの、成長・拡大を求める経済のあり方とは違う、それぞれの地域の「幸せな経済」が全国で生まれつつある現在。『おだやかな革命』は、原発被害の残る福島県飯館村や、今では移住者の絶えない石徹白、西粟倉の取り組みなど、エネルギー自治の出発点から現在地までを見つめた、未来に向かうおだやかな革命の物語です。

More info

3.11の原発事故を一つのきっかけにして、これまでの成長・拡大を求める経済のあり方とは違う、それぞれの地域での「幸せな経済」が全国で生まれつつある。『おだやかな革命』は、大きなシステムに依存せず、自らの暮らしを支えるエネルギーを自治しながら、本当の豊かさを取り戻していく地域の姿を見つめた物語だ。2年にわたり追い続けたのは、原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限地域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県にある100世帯の小さな集落が立ち上げた小水力事業。さらに、首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県の市民風車。そして、自主自立を目指して村の森を再生しながら森林資源を生かしたビジネスを起こし、若者の起業家を集めている人口1500人の西粟倉村の取り組み。
「当たり前の日常」が今日も当たり前であることの難しさに直面しながらも、そこから逃げずに向き合った彼らの「暮らしの選択」が、穏やかに地域を変えていく。映画に登場するこれらの地域の暮らしの選択には、これからの時代の希望のタネが詰まっていた。

Data

原題 製作年 2017年
製作国 日本 制作 いでは堂
配給 いでは堂 時間 100分

Cast & Staff

監督 渡辺智史 製作総指揮
プロデューサー 原作
脚本 音楽 鈴木治行
撮影 佐藤広一 編集 渡辺智史
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
いわき昔野菜フェスティバルでの上映会
いわき昔野菜保存会 2024年02月03日
映画「よみがえりのレシピ」の渡辺智史監督の監督作品であったことが上映のきっかけになりましたが、東日本大震災の原発事故から住むことができなくなった飯館村。同じ福島県浜通り地区に住む私たちにとっても身近な出来事です。自然エネルギーの発電がすべてを解決してくれるわけではないですが、地域の存続に素晴らしい取り組みだと思いました。
映画の中でこれからの時代の豊かさは、昔ながらの過去の豊かさでもあるという気づきがありました。地域の助け合いや、循環型の暮らしは昔から受け継がれてきたものだと映画を見てて感じました。それが不便だとか面倒だとか感じる人も少なくないと感じますが、一つの進むべき道が見えたような気がしました。

コープ自然派京都 2023年12月18日
原発事故一回で、耕作が出来なくなり村に住むことも出来なくなった悲痛な声から始まり、原発に代わる風力発電、太陽光発電、小水力発電への取り組みが紹介されていました。
村づくりをしたい若者が存続の危機にある田舎へ移住し、新たな財源として小水力発電の導入や村の特色づくりに取り組んで「何十年も前にこの村に嫁いできて、好きになれたことは一回もなかったんだけど、この2人が来て変わってから、あぁこの村はこんなに良いところだったんだなと思った」と住民女性がお話されているのを見て、地球にも負荷をかけず、地元住民にも喜んでもらえる形で新しいエネルギー開発が各地で進んでいけば良いなと思いました。
風力発電や太陽光発電に関しては環境負荷への懸念もあり、「何をどう選んでいくか」をテーマに上映終了後も意見交換が活発に行われました。

映画の後の話し合いも面白かった
つながる図書館 2023年12月02日
映画を見た後に、地域でのエネルギー自給等についての意見交換の場も自分達の暮らす場所をあらためて顧みる時間になり面白かったし、元気をもらえた映画でした。

2023ウナギネマvol.7『おだやかな革命』
エネルギーの自給自足をテーマに、その取り組みによって地域のコミュニティが築かれていく事例を日本各地から紹介する映画です。

どの地域の事例も、血と心の通った温かさが画面を通して伝わってきます。
3.11を契機に、太陽光発電事業に乗り出した造り酒屋や畜産農家の方々。
自分の生きる土地への限りない愛情があふれていました。

地方から食やエネルギーを安価で搾取する都会という指摘にゾッとしました。
その関係を見直して、消費者と生産者をつなぐ生活クラブの取り組みも見事です。
私たちの消費が未来を築くという事実を如実に教えてくれます。

石徹白や西粟倉の事例は、私たちに「そんなに急いでどうするの?」と問いかけるようです。
目の前のことに囚われるのではなく、本当に大事にすべきなのは何かを見つめる視点。
「懐かしい未来」という言葉が登場しますが、言い得て妙とはこのことではないでしょうか。

すべてにおいて効率が優先され「コンビニ」であることが求められる現代。
今まで当たり前のものとして受け取ってきたことを、あらためて見つめ直してみよう。
果たして便利であることは、本当に幸せなことなのでしょうか。

本当に豊かな暮らしとは何か。
それを問う人にはぜひ観ていただきたい作品です。

『おだやかな革命』公式サイトもぜひご覧ください。
https://odayaka-kakumei.com/

次回のウナギネマは12/14(木)〜17(日)の4日間です。
上映作品は『ガザ 素顔の日常』。

地中海に面した美しいビーチ。サーファーやラッパーに普通の大学生たち。
あなたの全く知らないガザ地区へご招待!

東京23区の6割ぐらいの狭い場所にパレスチナ人約200万人が暮らすガザでは人々
が貧困にあえいでいる。イスラエルが壁で囲み封鎖したため物資は不足し移動の自由も
なく「天井のない監獄」と呼ばれる。それでも日常を力強く生きようとする人々がいる──。

詳細はこちらから。
http://unaginema.com/2023/11/13/2023ウナギネマvol-8『ガザ-素顔の日常』/

#映画 #SDGs #ソーシャルシネマ #cinemo #unitedpeople #ウナギネマ #福岡 #柳川 #ドキュメンタリー #ガザ #パレスチナ #イスラエル

CATFLIX  2023年11月10日
タイトル通り、まさに革命的な活動をしている登場人物たちなのにそれぞれとても穏やかに生き生きとしていて、見終わった後自分たちはどう生きていくべきかを前向きに考え話し合いました。