ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

草間彌生∞INFINITY

Facebook
Twitter
上映会開催可能期限:2031-01-21

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:福永荘志
監督:クレイグ・リーソン
監督:ベン・コトナー、ライアン・ホワイト
監督:アンドリュー・ヒントン、 ジョニー・バーク
監督:ライケ・セリン・フォクダル、キャスパー・アストラップ・シュローダー

草間彌生∞INFINITY

ジャンル 社会変革 その他
時間 77分 製作年2018年  監督 ヘザー・レンズ

60年代のニューヨーク。
女性芸術家が単独で個展を開くことが不可能とされた時代、草間彌生は苦境の中でも創作活動を続け、不可能を可能に変えていく。
これは天才芸術家の。そして1人の女性のパワフルでドラマティックな人生が詰まった感動のドキュメンタリー。

Screening Information

2024/08/09 ~ 2024/08/11
[ 滋賀県 ] 【草間彌生∞INFINITY】宮前舎の上映会/(8/9-11)

上映会 開催者募集

Artist Yayoi Kusama drawing in KUSAMA -INFINITY. © Tokyo Lee Productions, Inc. Courtesy of Magnolia Pictures.

About the film

70年以上にわたり独自の芸術を表現し続け、2016年にTIMES誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された草間彌生氏。そんな彼女がまだ無名だった頃、芸術家としての高みを目指し、単身で渡米。本作で捉えるのは幼少期の芸術への目覚めから、アメリカへ移住するまでの日々。そして激動の1960年代ニューヨークで苦悩しながら行った創作活動と、当時それらの作品が国内外でどのように評価されたのか、アメリカで活動するアーティストへ与えた影響といった、草間氏の知られざる過去が映される。

More info

世界的アーティストの1人として知られる草間彌生。絵画や彫刻、インスタレーション、パフォーマンスアート、詩や文学……様々な分野で輝かしい功績を残し、現在もなお創作活動に全てを捧げて生きている。そんな草間彌生の作品に心を奪われたヘザー・レンズ監督。1950年代から70年代初頭にニューヨークで創作活動をしていた草間のアート界に及ぼした影響が見落とされていることに気づき、「草間彌生の複雑なストーリー(人生)と芸術(才能)を分かち合ってもらいたいと思った」と、ドキュメンタリー『草間彌生∞INFINITY』を制作。この映画は、草間彌生がどのようにして芸術の道へ進み唯一無二の表現者になったのか──。

芸術への情熱を理解されなかった幼少期、単身アメリカへ渡った挑戦、苦悩と困難の連続だったニューヨークでの創作活動、作品が認められるまでの道のり、大切な人達との出会いと別れ、強迫神経症という病……波瀾万丈のひと言では足りないほどの超絶人生を送ってきたアーティストの人生に迫る。草間彌生本人のインタビューに加え、70年に渡る創作活動の記録、草間彌生の才能を語る芸術関係者の声によって構成される衝撃の77分! 知られざる草間彌生の人生に心をつかまれる!

Data

原題 Kusama: Infinity 製作年 2018年
製作国 アメリカ 制作
配給 パルコ 時間 77分

Cast & Staff

監督 ヘザー・レンズ 製作総指揮
プロデューサー ヘザー・レンズ、カレン・ジョンソン、ダン・ブラウン 原作
脚本 へザー・レンズ、イデノケイタ 音楽 アリソン・ニューマン
撮影 ハート・ペリー 編集 イデノケイタ、タケダシンペイ
キャスト 草間彌生ほか

Review(1)

24/01/18 10:04

ひろんた村母屋 さんのレビュー
感動 元気
なにより、草間彌生さんの作品がたっぷり観られるのが良かった。信念を曲げずに、突き進む姿もかっこいい。また、ユニークな発想で自分の作品を知らしめる方法や、そに呼応できる時代の自由(そう)な空気感が新鮮だった。しかし、結局、彼女の作品は幾倍もの価値を付けられるようになりました、というところが、芸術の価値とは??とも。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
6/30「草間彌生infinity」上映&感想会
6月30日に「DIC男女共同参画シネマ 草間彌生∞INFINITY上映会&感想会」を開催しました。

今回を機にDIC21を知ってくださった方もいらっしゃり、とても有意義なイベントになりました。

感想会にも、芸術を職業にされている方・芸術鑑賞が好きな方・草間彌生さんのことは代表作しか知らない方など様々な方にご参加いただき、草間彌生さんの生き方や多様性についてなど幅広いご感想を聞くことができました。
草間彌生さんは世界で初めて同性婚の式を執り行った方で、「自分よりずっと年上なのに、同性愛を受け入れる姿勢を昔から持っていたのがすごい」というご意見もありました。

以下、感想会で出たご意見抜粋です。

・作品しか知らなかったが、生き方を知って作品の見方が変わった。
・(自分も芸術家として活動しているが)芸術家としての葛藤に共感ができた。
・自分は戦争に参加していないが、草間さんは戦時中に生まれたということが、
 作品に影響しているのではないかと思った。
・周りの方にとても助けられていたのだな、と感じた。
・芸術でも男女差別があるのだということに気が付いた。

また、「DIC21の上映会イベントはいつも素晴らしい」とお褒めの言葉もいただき、とても嬉しかったです。
これからも皆さまに喜んでいただけるイベントになるよう、頑張ります!

生きているからこそ報われる
本施設では2度目の上映ということで、前回見逃した方やリピーターの方が2名いた。実際に長野の草間彌生美術館に行ったことのある方が2名、画集を持ってきた方もいた。
作品を見たことはあってもどんな人物か知らなかったという感想があり、過去の様々なことも現在生きているからこそ明らかになったことは本当に素晴らしいという感想があった。現在のSNSにも合う作品で、古びずみんなに愛される作品をもっともっと見たいという感想もあった。

多くの方々に鑑賞いただきました。
みどりアートパーク 2024年04月04日
今回の上映会は、3月15日から6月9日まで開催されている第8回横浜トリエンナーレの応援プログラムとして開催させていただきました。草間さんのネームバリューもあり、通常会以上に(当館では毎月1回、上映会を開催)各メディアに取り上げられたりSNSで発信されたりして、当館を初めて訪れる方方にも鑑賞いただきました。草間さんのニューヨーク時代の活躍やその後の低迷期など、知られていない芸術家の半生が紹介されていて、とても貴重な記録映像でした。彼女の、精神的ダメージに悩まされつつ、芸術的探究の手を止めないピュアな姿勢に胸を打たれ、自分自身、感動で何度も泣きそうになりました。アンケートでも「涙が出た」「感動的だった」と感想を寄せる方が多くいらっしゃいました。語り口も進行も、とても分かりやすかったのですが、作品鑑賞と同時に、彼女のドラマティックな半生を追っていくにはいささか、スピードがアップテンポでしたので(そのリズムがまた、映像作品として優れているのですが、、、)、再上映会を開いて草間作品をじっくり味わいたいし、多くの方に観て欲しいなと思わせる秀作でした。皆さん、美術館を巡ってみたくなったとも口々におっしゃっていました。

株式会社Innovation Design 2024年03月25日
世界的アーティスト 草間彌生さんの人生と芸術を追いかけたドキュメンタリー映画。
芸術への情熱を理解されなかった家庭環境、
第二次世界大戦下の日本での生活、
単身アメリカへ渡った以降も芸術界における人種や性の差別、自身の病など、、、

様々な困難に立ち向かってきた草間さんの人生を知ると、作品の見え方がまた変わったように思います。
”生きる”ためのエネルギーを感じます。

ドアレスアートオキナワの代表 呉屋マリヤさんと参加者の皆さんで、映画の後にトークセッション。

”アート”について、様々な角度から深く考えを共有し合いました。
素晴らしい時間となりました、ありがとうございました。

「草間彌生∞INFINITY」を観て
チラシに惹かれて参加した方がいらっしゃいました。初めてのことです。
草間さんの作品が好き あるいは興味がある方が参加してくださいました。
強迫神経症という苦しみを抱えながら制作活動を続けていく、孤独とパワーに心を打たれました。
とても良い映画だったと、皆さま満足して帰っていただきました。