ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

草間彌生∞INFINITY

Facebook
Twitter
上映会開催可能期限:2031-01-21

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ピート・ウィリアムズ
監督:マシュー・エディー、マイケル・ドレリング
監督:ロコ・ベリッチ
監督:ロクサレ・ガエム・マガミ
監督:アレクサンドリア・ボンバッハ

草間彌生∞INFINITY

ジャンル 社会変革 その他
時間 77分 製作年2018年  監督 ヘザー・レンズ

60年代のニューヨーク。
女性芸術家が単独で個展を開くことが不可能とされた時代、草間彌生は苦境の中でも創作活動を続け、不可能を可能に変えていく。
これは天才芸術家の。そして1人の女性のパワフルでドラマティックな人生が詰まった感動のドキュメンタリー。

Screening Information

上映会 開催者募集

Artist Yayoi Kusama drawing in KUSAMA -INFINITY. © Tokyo Lee Productions, Inc. Courtesy of Magnolia Pictures.

About the film

70年以上にわたり独自の芸術を表現し続け、2016年にTIMES誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出された草間彌生氏。そんな彼女がまだ無名だった頃、芸術家としての高みを目指し、単身で渡米。本作で捉えるのは幼少期の芸術への目覚めから、アメリカへ移住するまでの日々。そして激動の1960年代ニューヨークで苦悩しながら行った創作活動と、当時それらの作品が国内外でどのように評価されたのか、アメリカで活動するアーティストへ与えた影響といった、草間氏の知られざる過去が映される。

More info

世界的アーティストの1人として知られる草間彌生。絵画や彫刻、インスタレーション、パフォーマンスアート、詩や文学……様々な分野で輝かしい功績を残し、現在もなお創作活動に全てを捧げて生きている。そんな草間彌生の作品に心を奪われたヘザー・レンズ監督。1950年代から70年代初頭にニューヨークで創作活動をしていた草間のアート界に及ぼした影響が見落とされていることに気づき、「草間彌生の複雑なストーリー(人生)と芸術(才能)を分かち合ってもらいたいと思った」と、ドキュメンタリー『草間彌生∞INFINITY』を制作。この映画は、草間彌生がどのようにして芸術の道へ進み唯一無二の表現者になったのか──。

芸術への情熱を理解されなかった幼少期、単身アメリカへ渡った挑戦、苦悩と困難の連続だったニューヨークでの創作活動、作品が認められるまでの道のり、大切な人達との出会いと別れ、強迫神経症という病……波瀾万丈のひと言では足りないほどの超絶人生を送ってきたアーティストの人生に迫る。草間彌生本人のインタビューに加え、70年に渡る創作活動の記録、草間彌生の才能を語る芸術関係者の声によって構成される衝撃の77分! 知られざる草間彌生の人生に心をつかまれる!

Data

原題 Kusama: Infinity 製作年 2018年
製作国 アメリカ 制作
配給 パルコ 時間 77分

Cast & Staff

監督 ヘザー・レンズ 製作総指揮
プロデューサー ヘザー・レンズ、カレン・ジョンソン、ダン・ブラウン 原作
脚本 へザー・レンズ、イデノケイタ 音楽 アリソン・ニューマン
撮影 ハート・ペリー 編集 イデノケイタ、タケダシンペイ
キャスト 草間彌生ほか

Review(1)

24/01/18 10:04

ひろんた村母屋 さんのレビュー
感動 元気
なにより、草間彌生さんの作品がたっぷり観られるのが良かった。信念を曲げずに、突き進む姿もかっこいい。また、ユニークな発想で自分の作品を知らしめる方法や、そに呼応できる時代の自由(そう)な空気感が新鮮だった。しかし、結局、彼女の作品は幾倍もの価値を付けられるようになりました、というところが、芸術の価値とは??とも。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
アートを受容することの難しさ
山小屋シネマ 2024年02月17日
アートと呼ばれるものは、それに触れたことがあるかどうか、関わったことがあるかどうか、身近にアーティストがいるかどうかでその理解が大きく変わってくることを改めて実感しました。

草間さんの作品を見て、まったく何も感じない、何が良いのかわからないという場合、それ以上踏み込むことは困難だし、良さを理解させようとすることに意味はありません。だからこそ、今回は伝記的な意味であれば作品そのものの価値がわからなくても何か感じるところがあるのではないか…と思いましたが、草間さんのアヴァンギャルドな人生からは、社会に存在しないものを生み出すことの意味と価値について話を深めていくのがやっとでした。

こういう映画こそ、多くの参加者を集めて多様な感想を集める必要があるのだと痛感しました。と同時に、様々な人にこの映画を観てもらってどんな感想を抱くのか知りたい、とも思いました。

次は、美術館でキュレーターができるぐらいの人をゲストに迎えて、トークと映画上映との2本立てで企画したいと思いました。

無視されることの怖さと孤高のツラさ
吉備国際大学 2024年01月26日
草間彌生さん、瀬戸内海に住む人々には、あの可愛らしいかぼちゃと、水玉模様の不思議な人としかイメージがありません。しかし、あのような負の歴史が彼女を作り上げているとは夢にも思いませんでした。家族、地元、芸術界などなど。そしてもっともツライのは「草間彌生」を模倣した芸術が評価され、オリジナルの草間彌生が無視される。ゴッホも生前全く評価されなかって心の病になっていたのを思い出すと、無視や理解しようとしないのは、恐ろしい行為だなとも感じました。最後に、草間彌生が、理解された今=晩年を全盛期にするんだという意気込みがスゴかったです。

iroiroシネマ 2023年12月16日
人気アーティストのドキュメンタリーということもあり、参加者の方の作品に対する反応が良かったです。

草間彌生という人間の、表にはあまり知られていなかった幼少期の出来事や、海外での挑戦、差別、注目され始めて起こる問題や葛藤など、生々しく描かれていました。
ただおしゃれ、可愛いといった表面だけで見ていた作品(私見ですが)が、彼女のバックボーンを知ったことで、今まで以上に、より深く彼女の作品に対して考えさせられることになるであろう良いきっかけになりました。

下川すまっこシネマ 2023.11月上映会 「草間彌生∞INFINITY」
下川りくらしネット 2023年11月25日
雪の降る中の上映会となり、あまり客足は伸びないかと思いきや、昼の部は続々と集まってきて椅子を足したほど。逆に夜の部は少なめで、昼に出した椅子を少ししまいました(笑)
毎月やっていても、何人来るかは読めないものです。
それでも子どもも含めると40人を超える方々が来てくださって、草間さんの知名度の高さが伺えました。

草間さんの作品は目にしたことがあっても、どんな方なのかはよく知らなかったという方が多く、感想でも作品の背景を知ることができてよたったというメッセージが多かったです。

<参加者の感想から>
ーーー
作品は観たことがありましたが、壮絶な人生を歩んでいた人てなりを知ることが出来、前より深く作品を鑑賞できるのではと思います。次に彼女の作品を目にする時が楽しみになりました。
ーーー
草間さんの作品がなぜ生まれたのか、生い立ちやトラウマ、様々な経験から成るものだと知り、作品の見方が変わりました。人のトラウマや幼少期の家庭環境から形成される人格に興味があるので、それらを芸術として昇華している姿が、心打たれました。
ーーー

草間氏をご存知の方は、昔~現在までの活躍、生い立ちなどを貴重な映像で観ることができ、今回改めて知ることもありとても良い内容であったとのこと。
気なったのは音声で、多くの方に指摘されました。こちらの環境もあるでしょうが、恐らく元々の草間氏の話す声が聞き取りづらく、テロップがあれば良いなと思いまました。