ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

simplife

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:海南友子
監督:マシュー・エディー、マイケル・ドレリング
監督:アレクサンダー・J・ファレル
監督:ロクサレ・ガエム・マガミ

simplife

ジャンル 多様性 その他
時間 78分 製作年2017  監督 Ben Matsunaga

simplifeは、「身の丈の暮らし」をテーマにしたロードムービー。
様々な理由からタイニーハウスを選択した人たちの暮らしはとても個性的。モノを手放したことで、たくさんの自由を手に入れることに成功しています。そんな人たちの言葉や暮らしの景色から、自分らしく生きるためのヒントが見つけられるかもしれません。

About the film

手づくりの家でシンプルに暮らす人たちの物語。
このムービーはタイニーハウスの技術的なサンプル集ではなく、そこに暮らす人たちの想いにフォーカスして製作しています。出会った人たちは暮らしをより豊かに楽しくするアイデアを持っていて、自分らしくユニークな方法で人生の主人公になっていました。そこにはタイニーハウスという言葉では括れない、多様な生き様がありました。

More info

simplifeは、「身の丈の暮らし」をテーマにしたロードムービー。

手づくりの家でシンプルに暮らす人たちの物語。
このムービーはタイニーハウスの技術的なサンプル集ではなく、そこに暮らす人たちの想いにフォーカスして製作しています。出会った人たちは暮らしをより豊かに楽しくするアイデアを持っていて、自分らしくユニークな方法で人生の主人公になっていました。そこにはタイニーハウスという言葉では括れない、多様な生き様がありました。

文化的な広がりをみせる、タイニーハウスって?
タイニーハウスとは「小さな家」の総称で、ツリーハウスやハウスボート、もちろん地面に基礎のあるものやトレーラーの上に載っているものも全て含まれます。2000年にJayShaferがトレーラーの上に自作したタイニーハウスがメディアで注目され、その「量より質」の精神と共にタイニーハウス・ムーブメントとして広がり、自分とモノ・お金・環境とのつながりを見直す人たちのライフスタイルとして定着しつつあります。

Data

原題 simplife 製作年 2017
製作国 日本 制作
配給 時間 78分

Cast & Staff

監督 Ben Matsunaga 製作総指揮
プロデューサー Yuichi Takeuchi 原作
脚本 音楽 Gen Tanabe, Junnosuke Okita
撮影 Ben Matsunaga 編集 Ben Matsunaga
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
樽(足る)を知る
ギリシャ時代の哲人・ディオゲネスは樽に住んだそうだが、370㎡の家から20㎡のタイニーハウスへと極端に振れる中で、自分にとっての樽、すなわち生きるうえで本当に必要なスペースを探す。
それはスペースに限らず、すべてのモノやコトにも通じ、まさに足るを知るということである。樽だけに。

内容が詰まった作品。
循環ワークス 2022年04月14日
作品の流れがとっても良くて、見易かったです。
小さい暮らしを始めたい方にはおすすめです。

シンプルな暮らしについてみんなで考えてみました!
ふぉる家 2022年01月16日
映画上映とあわせて、『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』の著者である佐々木典士さんをお呼びしての【シンプルな暮らし】について考えてみる哲学カフェを開催しました。

物との付き合い方や手放し方からはじまり、自分の内面のシンプル化や、コミュニティとの付き合い、家などなど様々な観点からの【シンプルさ】を考えることができました^^

断捨離の決意を新たにした方も!

タイニーハウスや暮らす人々にフォーカスを当てた映画でしたが、それぞれの方がタイニーハウスを選択するに至った背景や1年後の変化なども知れるのがリアルで面白い映画でした。

今だからこそ心に沁みる作品でした
Love Earth Day 2021年11月06日
コロナ禍でさまざまな事が制限されいている中、どこか見えない部分で心への影響が出ている人達が増えているのではと思い、この作品を選びました。

癒される音楽と自然、コミュニティを楽しんでいる人々のミニマルなライフスタイルに心打たれた方々が多かったようです。

開催したのは「プラスチックの海」との2本立て上映会でしたが、一見正反対のように感じる内容と思いきや、「循環しているんですね」と気づきの機会にもなったと感想などをいただきました。