ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

幸せの経済学

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:吉村瞳
監督:パトリック・シェン
監督:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ

幸せの経済学

ジャンル 環境 教育 政治経済 多様性 伝統文化 生活医療 科学技術 社会変革 問題解決
時間 68分 製作年2010年  監督 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ

今、問われる幸せとは?真の豊かさとは?

人や自然とのつながりを取り戻す暮らし方を探るドキュメンタリー。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。GDPからGNHへ。グローバリゼーションから、ローカリゼーションへ。世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニア、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジが、人と自然とのつながりを取り戻す、「ローカリゼーション」を提唱します。

Screening Information

2022/01/22
[ 岡山県 ] RSKラジオ「SDGsMusic」×コラーニングスペース すまいる SDGs映画オンライン上映会

上映会 開催者募集

About the film

あなたは、「豊かさ」をどんなものさしではかりますか?
お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。

 今まで世界では国の豊かさを測る指標として「GNP(国民総生産)」や「GDP(国内総生産)」などが使用され、どれだけ経済成長したかということが「豊かな国」と定義だと信じられてきました。この考え方はグローバリゼーションの波に乗って世界中に広がり、世界の様々な地域に「開発」という名の「消費社会」が流れ込みました。結果、便利で快適に生活できるなどの正の側面がある反面、負の側面ではコミュニティの伝統的な暮らしが崩壊し、かつてはそこにはなかったはずの「新たな貧困」が生まれるようになったことも事実です。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。

More info

-ラダックに迫る近代化の波 -

 急速なスピードで世界的に広がった近代化の波は、30年前まで外国人立入禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックにも押し寄せていました。西欧の消費文化はあっという間に彼らの伝統的な生活スタイルを一変させ、自然との関わりを切り離し、人との繋がりを希薄化させることにより、彼らのアイデンティティーや伝統文化の誇りまでも奪っていきました。その証拠に、昔はいきいきと目を輝かせて暮らしていたラダックの人びとが、10年後には「(欧米文化に比べ)私たちは何も持っていない、貧しいんだ。支援が必要だ」と訴えるようになったのです。
この映画では、消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿をもとに、世界中の環境活動家たちがグローバリゼーションの負の側面を指摘し、本当の豊かさとは何か、を説いていきます。

-答えはローカリゼーションにある-

 監督のヘレナ・ノーバーグ・ホッジは、その解決の糸口として「グローバリゼーション」と対極にある「ローカリゼーション」を提案していきます。地域の力を取り戻すローカリゼーションの促進が、切り離されてしまった人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、地域社会の絆を強めていく、と語ります。実際に世界では、「本当の豊かさ」を求め、持続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティの構築が世界的に広がりつつあります。この映画の中では、日本の小川町での取り組みやキューバで起こったオイル・ピークについてのサステナブルソリューションについても取り上げています。

 行き過ぎたグローバル経済から脱却し、持続可能で幸せな暮らしをどう作っていくべきなのか。そのヒントは日本の伝統文化の中にもあるのではないでしょうか。彼女はその気づきを我々に与えてくれるでしょう。

Data

原題 The Economics of Happiness 製作年 2010年
製作国 アメリカ、ニカラグア、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、インド、タイ、日本、中国 制作 The International Society for Ecology and Culture (ISEC)
配給 ユナイテッドピープル 時間 68分

Cast & Staff

監督 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ 製作総指揮
プロデューサー ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ(ISECの代表者) 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 辻信一 ロブ・ホプキンス ヴァンダナ・シヴァ サムドン・リンポチェ ロナルド・コールマン

Review(6)

14/05/16 17:13

関根健次 さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
地球規模の問題は、どれも複雑で解決の糸口が見えにくい・・・。『幸せの経済学』のヘレナさんはそんな難解なグローバルな問題解決の方法を明確に伝えてくれます。「ローカリゼーション」。人と自然との距離を縮めていくというシンプルなところに答えがあったとは!今とても必要とされている考えだと思います。これを観て、田舎暮らしというか、農業というか、大地に根ざした暮らしがしたくなりました。

14/05/19 10:55

とん星 さんのレビュー
元気 役立ち 学び
グローバリゼーションなんてどでかいものに抗うなんて無理!と思っているそこのあなた、ぜひこの映画を見てみてください。「ローカリゼーション」侮るなかれ。ちっぽけな個人の持つ力に希望が持てる作品です。

14/05/13 12:09

うっちー さんのレビュー
元気 役立ち 学び
資本主義・グローバリゼーションの負の側面を描くだけでなく、世界中のクリエイティブな「新しい世界」の創造の芽吹きを感じることができる内容でした。
やはりキーワードは、「ローカリゼーション」。この世界もまだまだ捨てたものじゃない、私たちにできることはまだまだたくさんあるんだ!という希望と勇気を与えてくれる素晴らしい作品です。必見です!!

16/04/16 13:00

きりん さんのレビュー
感動 役立ち 学び 人生変わる
初めて聞いた『ローカリゼーション』という言葉。急速なグローバリゼーションの中で物質的に豊かになったはずなのに、なぜかどこか心が満たされない。そんな長ーいモヤモヤ感に解決の糸口を示してくれる作品でした。どれもメモを取って残したくなるような貴重なお話ばかりでした。まずは、今自分の住んでいる町から見直す事を始めていきたいと思いました。

17/08/16 15:27

kenshi さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
「ローカリゼーション」。
個人的に、今の日本にとても必要なんじゃないかと思った。

グローバリゼーションはもちろんITの進化により、
人は直接的ではなくても、ネットなどを介して、
どこにいても、誰とでも交流が可能になった。
電車やバスではほとんどの人が下を向いてスマートフォンを眺める。
交流はほとんどないだろう。

しかし、やはり、人と自然、人と人、の直接的な繋がりが大事だと思う。
ローカリゼーションが行われている地域の人はとても生き生きしている!!

グローバリゼーションというもののマイナス面の現実を知れてよかった。
大きなものを優先するのではなく、地域という小さなコミュニティがひとつひとつ成り立ってこそ、
本当のしあわせが訪れるのではないかと感じさせれる作品だった。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
幸せの経済学
space.SUEMURA 2021年11月05日
私たち、ひとりひとりにできることは、本当にわずかなことしかありませんが、微力でもコツコツとできることを積み重ねていきたいと思いました。

やっぱりローカリゼション。
ancient beat club 2021年10月23日
グローバリゼーションが生み出す人々の孤独、環境破壊、気候変動、人々の生活の破壊、アイデンティティの喪失、消費者と生産者の溝などの問題を明らかにしていきます。
GDPで経済成長を図るバカらしさ。それは、癌が増えても、環境汚染はがひろがってもGDPは増える。社会の豊かさをGDPで測るのは誤りで、GPIという環境なども含めた包括的指標が出てきたそうです。

グローバリゼーションに対するローカリゼーションが対抗軸とのことで、様々な実践を紹介してくれます。
地域でつくれるものは、地元の価値に基づいて、地域で作り、地域で使う。それは自分の選択が直で影響を与える、地元を育てる仕組みで、公平で持続可能な経済。
もちろん、国際的な交流や協力は必要。
先進国はもので溢れ、様々な問題が出ていることを後進国の人々にも伝えていかなければならない。
様々な実行策も紹介されていました。キーワードとして、エコビレッジ、トランジッションタウン、ローカルフード、ローカル市場etc。

第14回haishop ソーシャル映画祭×第124回銀座 ソーシャル映画祭
株式会社Innovation Design 2021年10月13日
今回は6名での開催と、こじんまりした映画祭になりましたが、
その分参加者それぞれがお互いにしっかりと意見を話すことができました。

ローカリゼーションとグローバリゼーションと聞くと
とても難しく聞こえますが、
もっと本質的なところで、
顔のわかる範囲でお買い物をすることだったり、
オンラインでも繋がれるコミュニティーを大切にすることが、
これからの新しい意味でのローカリゼーションになってくるのではないだろうかという話で盛り上がりました。

改めて、日本の古き良き文化だった「おとなりさん」「ご近所さん」の精神を大切にしていくことが、めまぐるしく変わる世の中でも本質をしっかりと捉えられる人間同士の繋がりから地球を考えていけるのではないかという意見も。

大きなスケールでの映画でしたが、
しっかりと自分にできることは何か考えることができました。

リアル開催無事成功しました
Perma Future 2021年09月20日
はじめてのリアル開催でしたが、人数も集まり無事成功しました。コロナ過ということもあり、細心の注意を払っての開催でしたがなにもおこらず良かったです。

第7回 SDGs関連映画上映会「幸せの経済学」
森と海の藝術楽校 2021年02月23日
ほぼほぼ定員の中、今日は10代から80代までの幅広い年齢層の方々が3町から足を運んでくださいました。

本当の豊かさとは何か?をテーマとし、経済を第一優先とする「グローバリーゼーション」よりも「ローカリーゼーション(地域、地方化)」の重要さを指摘し、地域の中で循環させる社会システムのヒントが散りばめられていました。

有限な資源の中、経済成長には限界があると警笛を鳴らしており、また興味深いデータとし、経済成長が成長するにつれて、様々な要因により人の幸福度(幸せを感じる度合い)が低くなっているというデータも紹介されました。「心の経済の危機」です。

「人間同士、大地や自然、自分との命のつながり」を実感できる場が生まれることによって、人は幸せを感じるのではないかと解いていました。

今回は意見交換会の時間が持てなかったので
また次回は持てるようにし、より深く皆で切り込んでいけたら有意義な時間になると思いました。