ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

幸せの経済学

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド
監督:ロバート・エプスタイン
監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー
監督:Ben Matsunaga

幸せの経済学

ジャンル 環境 教育 政治経済 多様性 伝統文化 生活医療 科学技術 社会変革 問題解決
時間 68分 製作年2010年  監督 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ

今、問われる幸せとは?真の豊かさとは?

人や自然とのつながりを取り戻す暮らし方を探るドキュメンタリー。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。GDPからGNHへ。グローバリゼーションから、ローカリゼーションへ。世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニア、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジが、人と自然とのつながりを取り戻す、「ローカリゼーション」を提唱します。

Screening Information

2020/08/23
[ 岡山県 ] 第18回 映画観賞会『幸せの経済学』

市民上映会 開催者募集

Synopsis

あなたは、「豊かさ」をどんなものさしではかりますか?
お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。

 今まで世界では国の豊かさを測る指標として「GNP(国民総生産)」や「GDP(国内総生産)」などが使用され、どれだけ経済成長したかということが「豊かな国」と定義だと信じられてきました。この考え方はグローバリゼーションの波に乗って世界中に広がり、世界の様々な地域に「開発」という名の「消費社会」が流れ込みました。結果、便利で快適に生活できるなどの正の側面がある反面、負の側面ではコミュニティの伝統的な暮らしが崩壊し、かつてはそこにはなかったはずの「新たな貧困」が生まれるようになったことも事実です。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。

Story

-ラダックに迫る近代化の波 -

 急速なスピードで世界的に広がった近代化の波は、30年前まで外国人立入禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックにも押し寄せていました。西欧の消費文化はあっという間に彼らの伝統的な生活スタイルを一変させ、自然との関わりを切り離し、人との繋がりを希薄化させることにより、彼らのアイデンティティーや伝統文化の誇りまでも奪っていきました。その証拠に、昔はいきいきと目を輝かせて暮らしていたラダックの人びとが、10年後には「(欧米文化に比べ)私たちは何も持っていない、貧しいんだ。支援が必要だ」と訴えるようになったのです。
この映画では、消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿をもとに、世界中の環境活動家たちがグローバリゼーションの負の側面を指摘し、本当の豊かさとは何か、を説いていきます。

-答えはローカリゼーションにある-

 監督のヘレナ・ノーバーグ・ホッジは、その解決の糸口として「グローバリゼーション」と対極にある「ローカリゼーション」を提案していきます。地域の力を取り戻すローカリゼーションの促進が、切り離されてしまった人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、地域社会の絆を強めていく、と語ります。実際に世界では、「本当の豊かさ」を求め、持続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティの構築が世界的に広がりつつあります。この映画の中では、日本の小川町での取り組みやキューバで起こったオイル・ピークについてのサステナブルソリューションについても取り上げています。

 行き過ぎたグローバル経済から脱却し、持続可能で幸せな暮らしをどう作っていくべきなのか。そのヒントは日本の伝統文化の中にもあるのではないでしょうか。彼女はその気づきを我々に与えてくれるでしょう。

Data

原題 The Economics of Happiness 製作年 2010年
製作国 アメリカ、ニカラグア、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、インド、タイ、日本、中国 制作 The International Society for Ecology and Culture (ISEC)
配給 ユナイテッドピープル 時間 68分

Cast & Staff

監督 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ 製作総指揮
プロデューサー ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ(ISECの代表者) 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 辻信一 ロブ・ホプキンス ヴァンダナ・シヴァ サムドン・リンポチェ ロナルド・コールマン

Review(6)

14/05/16 17:13

関根健次 さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
地球規模の問題は、どれも複雑で解決の糸口が見えにくい・・・。『幸せの経済学』のヘレナさんはそんな難解なグローバルな問題解決の方法を明確に伝えてくれます。「ローカリゼーション」。人と自然との距離を縮めていくというシンプルなところに答えがあったとは!今とても必要とされている考えだと思います。これを観て、田舎暮らしというか、農業というか、大地に根ざした暮らしがしたくなりました。

14/05/19 10:55

とん星 さんのレビュー
元気 役立ち 学び
グローバリゼーションなんてどでかいものに抗うなんて無理!と思っているそこのあなた、ぜひこの映画を見てみてください。「ローカリゼーション」侮るなかれ。ちっぽけな個人の持つ力に希望が持てる作品です。

14/05/13 12:09

うっちー さんのレビュー
元気 役立ち 学び
資本主義・グローバリゼーションの負の側面を描くだけでなく、世界中のクリエイティブな「新しい世界」の創造の芽吹きを感じることができる内容でした。
やはりキーワードは、「ローカリゼーション」。この世界もまだまだ捨てたものじゃない、私たちにできることはまだまだたくさんあるんだ!という希望と勇気を与えてくれる素晴らしい作品です。必見です!!

16/04/16 13:00

きりん さんのレビュー
感動 役立ち 学び 人生変わる
初めて聞いた『ローカリゼーション』という言葉。急速なグローバリゼーションの中で物質的に豊かになったはずなのに、なぜかどこか心が満たされない。そんな長ーいモヤモヤ感に解決の糸口を示してくれる作品でした。どれもメモを取って残したくなるような貴重なお話ばかりでした。まずは、今自分の住んでいる町から見直す事を始めていきたいと思いました。

17/08/16 15:27

kenshi さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
「ローカリゼーション」。
個人的に、今の日本にとても必要なんじゃないかと思った。

グローバリゼーションはもちろんITの進化により、
人は直接的ではなくても、ネットなどを介して、
どこにいても、誰とでも交流が可能になった。
電車やバスではほとんどの人が下を向いてスマートフォンを眺める。
交流はほとんどないだろう。

しかし、やはり、人と自然、人と人、の直接的な繋がりが大事だと思う。
ローカリゼーションが行われている地域の人はとても生き生きしている!!

グローバリゼーションというもののマイナス面の現実を知れてよかった。
大きなものを優先するのではなく、地域という小さなコミュニティがひとつひとつ成り立ってこそ、
本当のしあわせが訪れるのではないかと感じさせれる作品だった。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
ローカライゼーションをクローバルに
saclabo  2020年07月15日
今、このコロナで地域経済や地域の自給力を問われる時期にこの映画を観て、いろいろな方と意見交換ができてよかったです。

自分たちと世界の繋がりを見直し、何をローカルに求め、何をグローバルに求めるのか。

今こそ、地域の関係性を取り戻し、世界と本当の幸せを築ける関係性を再構築していく必要があると感じました。

10年前の映画を今一度観てみる
mumokuteki 2020年06月13日
2010年の作品ながら、今改めて見るべき映画だと思いました。
昨年観て今回2度目の方もおられ、その方は「1年しか経っていないのにコロナ後だからか、とても身近に自分ごととして感じることかできた。」との感想もいただきました。
普遍的なテーマというか、10年経っても改善されてないという事実も感じて複雑ではありましたが、このタイミングで上映できてよかったです。

ローカリゼーションという考え方が新鮮だった。

地域の魅力、価値は クローズドになっても
決してマイナスなのではないと
気がついた。

ラダックも徳島も同じ
bocci4chan@yahoo.co.jp 2020年01月24日
参加者はローカルを志して都会から徳島に移住した母親たち(特に3.11以降)が多く、映画を通じていつも自分が感じていることが整理できた、こういう価値観を広めていくにはどうしたらいいだろう、自分たちに何ができるだろう、という声がたくさん上がりました。
田舎に住んでいるからと言ってローカルな価値観を持っているとは限らず、かえって都会よりも都会的な暮らしに憧れ、田畑を持ちつつも働きに出て時間がないからと放置し、消費に頼った暮らしをしている人はたくさんいます。ラダックも徳島も同じです。
そういう人たちを批判するでなく、どうやったらその豊かさに気づいてもらえるのか、仲間になってもらえるのか・・・
課題山積ですが、映画会を通じて、これからひとりひとりが私事として考え、行動していくきっかけになればと思います。

1月の春日シネマ&トーク
春日シネマ&トーク 2020年01月19日
上映後のトークタイムでは、映画の感想から
「参加者自身が感じるグローバリゼーションの影響」
「自分たちの地域でできるローカリゼーションについて」
をテーマに、活発に意見交換をしていただきました。