Member

関根健次

所属:ユナイテッドピープル
ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事
ピースデー・ジャパン共同代表

1976年生まれ。ベロイト大学経済学部卒(米国)。大学の卒業旅行で世界半周の旅へ出る。途中偶然訪れた紛争地で世界の現実と出会い、後に平和実現が人生のミッションとなる。2002年に世界の課題解決を事業目的とする非営利会社、ユナイテッドピープル株式会社を創業。ネット募金サイト「イーココロ!」やネット署名サイト「署名TV」の運営を経て、2009年から映画事業を開始。2011年から国連が定めたピースデー、9月21日を広める活動を開始。同年、一般社団法人国際平和映像祭を設立しピースデーに毎年国際平和映像祭(UFPFF)を開催している。2016年4月から家族4人で世界一周の旅へ出て約1年、21世紀の理想的国家として注目されるコスタリカに暮らした。著書に「ユナイテッドピープル」がある。
ブログ: http://sekinekenji.info/
  • あなたも市民上映会を開催しませんか?開催方法はこちら
  • 市民上映会の開催情報
  • facebookにもぜひ「いいね!」
  • 参加した上映会(3)

    主催した上映会(7)

    Review(10)

    02/26 11:41

    デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり のレビュー

    妻ギリアンが出会った時のデイヴィッドは、200ドルとラジオしか持っていなかったそうです。そんなこと関係なしに、大好きなピアノを演奏し、いつも瞬間瞬間を感謝しながら輝き続けて来たのです。映画『シャイン』という題名の通り。もちろん、彼のピアノ演奏も最高ですし、映画『シャイン』を観たことがなくても楽しみめる映画です。

    精神の病からの復帰。深く長いトンネルの先に、一筋の光を見つけて出たら、眩しいほど輝く存在になっていた。そんなデイヴィッドは、周りにも喜びを、幸せを振りまく存在となっています。

    06/18 12:13

    それでも僕は帰る ~シリア 若者たちが求め続けたふるさと~ のレビュー

    「戦争は若者の人生を奪っていくことを伝えたい」

    2012年5月、カナダのトロントで開催されていたHot Docs カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭でドイツの名物映画・テレビ番組プロデューサーハンス・ロバート・アイゼンハウアーさんが熱く語っていたそうだ。

    目の前で銃撃戦が繰り広げられる様子は、この上なくリアルだ。

    第二次世界大戦終結から70年。戦争の悲惨さを語れる体験者も少なくなりつつある今、リアルな今起きている戦争のドキュメンタリー映画を届け「決して戦争はしてはならない」という日本国憲法の誓いを再共有したいと思う。

    01/05 17:27

    ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡 のレビュー

    視点を変えると世界が違って見えてくる。
    世界的な現代アーティストがアートで社会的課題の解決を試みるプロジェクトを追ったドキュメンタリー。
    プロジェクトそのものも素晴らしいのですが、ドキュメンタリーとは思えない出来の映画です。