ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
監督:アヴィダ・リヴニー
監督:ピート・ウィリアムズ
監督:オースティン・アンドリュース

デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり

ジャンル 教育 伝統文化 その他
時間 100分 製作年2015年  監督 コジマ・ランゲ

映画『シャイン』のモデルの愉快なリアルライフが今、明らかに!

人生は美しい!輝かしい!デイヴィッドは笑顔で出会った全ての人を祝福する天性のピアニストだ。

長い闘病生活の後、奇跡の復活を果たした彼の⼈⽣は⽣きる喜びに満ちあふれている。

Screening Information

上映会 開催者募集

©UteFreund

About the film

【1997年アカデミー賞受賞作『シャイン』主人公モデルのドキュメンタリー】

天才ピアニストとうたわれたデイヴィッド・ヘルフゴット。
やがて精神を患い11 年の闘病⽣活。

奇跡の復活を果たした彼の⼈⽣は⽣きる喜びに満ちあふれている。

ふたつの個性が共振することで⼈⽣の豊かな⾳⾊が⽣まれる。
奇跡的な夫婦愛を描いたドキュメンタリー。

More info

伝説的なピアニストでアカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴットは、小さい頃から厳格な父からピアニストになるべく英才教育を受け、神童と言われる天才的ピアニストだった。10代で数々のコンクールで入賞し、神童と讃えられる存在となっていた。世界屈指の音楽大学、英国王立音楽大学に特待生として進学し、音楽の殿堂ロイヤル・アルバート・ホールではチケットを完売させる。そのコンサートでは、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」を演奏し、大成功を収める。しかし、直後に精神病に陥り、11年もの歳月をピアノに触れることなく陰鬱な人生を神経科病院で過す。その後、不安定な精神を抱えながらも、ワインバーのピアニストとして働き、社会復帰への道を歩み始めていた。

そんな彼に突然人生の大きな転機が訪れた。その後、妻となるギリアンとの出会いだった。出会った翌日にプロポーズされたギリアンは、唐突な出来事に戸惑いながらも、情熱的で人懐こいデイヴィッドにだんだんと惹かれていき、深く愛するようになる。

少年のようにはしゃぎ、ユーモアに溢れ、誰とでも握手しキスをしてしまいながらも時折人生哲学を語る風変わりで愛らしいデイヴィッドを愛さずにはいられなかったのだ。愛妻ギリアンの助けを得て、デイヴィッドはコンサートへのカムバックを成功させていく。ドイツ、シュトゥットガルト交響楽団のヨーロッパ・コンサートツアーで彼は、感情溢れる情熱的な演奏を披露し、観客を感動の渦に包み込んだ。映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』は、そんな天性のピアニスト、デイヴィッドと彼を深く理解し、愛して寄り添う妻ギリアンとの間の深い愛についての映画である。

Data

原題 HELLO I AM DAVID! 製作年 2015年
製作国 ドイツ 制作 BASIS BERLIN Filmproduktion、BELEZA FILM、FLIEGENDE FISCHE、CREATIVE POOL
配給 ユナイテッドピープル 時間 100分

Cast & Staff

監督 コジマ・ランゲ 製作総指揮
プロデューサー エヴァ・ケメ、トビアス・N・シーバー、アンスガー・フレリックス、フロリアン・ベック、ジェシカ・ランド、ファルク・ナーゲル、コジマ・ラ� 原作
脚本 コジマ・ランゲ 音楽
撮影 ユトゥ・フロイント 編集 インゲ・シュナイダー
キャスト デイヴィッド・ヘルフゴット ギリアン・ヘルフゴット

Review(37)

18/02/08 15:15

りかりか さんのレビュー
感動 元気 学び 笑える 泣ける
【今年の映画NO1になるかも】
映画『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』の特別先行上映会で観ました。
「シャイン」を知らない人って、いるのかしら?好きな映画ベスト1に選ぶ人も多い映画。その「シャイン」のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴットのライフを撮ったドキュメンタリー映画です。
私の中では、この映画「シャイン」以上です。

彼の演奏に賛否両論あるようですが、そもそも音楽に基準を設けて評価するものなのかしら?と音楽に詳しくない私はそう思っちゃいます。それは人も同じ。音楽も人も、とてもスピリチュアルなもので、自分の魂と繋がったら、判断を超えて、勝手に感動してしまうものだと思っています。

この映画は、まさにそういう体験ができる映画。人を好きになること。よく分かんないけど涙が溢れてしまうこと。笑うこと。心地よいこと。一体感を感じること。自然と感謝してしまうことetc

ぜひ映画館で遠慮せず、笑って、拍手して、感じるままに表現しながら観て欲しい映画。

18/02/25 23:04

PETHICA さんのレビュー
感動 元気 人生変わる 泣ける
誰とでも何処でもハグしてキスするデイヴィッド、彼の人生にはピアノが全てで、弾く音には愛が溢れています。日々感謝の気持ちを忘れず、常識に縛られない彼の生き方に感動します。そんな彼の人生は一人では輝けなかったはず…ずっといつも見守る妻ギリアンの愛も溢れていました。
せっかくの人生だから、楽しんだほうがいいし、愛に溢れた日々がいい、そんな当たり前のことを素晴らしいピアノとともに教えてくれる作品でした。
デイヴィッドみたいに楽しむことを人生とする人が増えたら、世の中はもっと平和になるんじゃないかな、って思いました。

18/02/25 22:35

Liko さんのレビュー
感動 学び
原題「HELLO I AM DAVID」

「ハーイ、僕はデイヴィッドだよ。君の名前は?」
名前を尋ね、ハグとキスをする。彼が出会った人たちに必ずすること。
そこに彼の溢れる愛を感じる。原題がとてもしっくりきた。

全編を通じて、彼と妻が紡いだ美しい人生の曲を聴いているようだった。
子どものようなピュアな心と、周囲に生きる力を与えてくれる愛ある哲学。
自由でエネルギッシュな演奏。そのすべてが、心に沁みた。
そして、最後の演奏シーンは、とうとう涙が溢れてしまった。

心が疲れたとき、デイヴィッドにハグしてもらいたい!

18/02/25 14:31

サフラン さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 泣ける
一般的な社会からの見方をすれば、デイヴィッドは独り言を言いながら演奏をしたり、人のものを勝手にポケットに入れたり、大好きなコーラを隠し持ってたりして多動で落ち着きがなく、「ふつう」のひとじゃないように見えるかもしれない。

デイヴィッドとギリアンはともすると母と息子のような関係に見え、「ふつう」の夫婦じゃないかもしれない。

でも、その「ふつう」という枠を超えた今のデイヴィッドは、間違いなく「自分の人生を今生きている」人でした。

デイヴィッドは「自分の人生を生きる」ことのよろこびが溢れている。
そして、そんなデイヴィッドに触れた周りもよろこびに溢れる。みんなが笑顔になる。
人生はよろこびでいっぱいなんだ・・・!

これを観た私もそんなよろこびを感じたこちらの映画、こころに残る作品です。

18/02/11 11:54

Saori Matsuo さんのレビュー
感動 元気 学び 笑える
「周りとのつながりから自分を表現する」

音楽を通して世界との関係性をつくっている天性のピアニストであるデイビッド。それを母のような眼差しで見守るギリアン。響き合いながら生きるふたりの姿がコミカルに描かれていて、観ていて微笑ましく、心温まる映画でした。

そんなふたりのパートナーシップの映画でもあり、自分に正直に楽しく生きるデイビッドの姿から “幸せとは何か” について考えさせられる映画でもあり、統合失調障害である主人公とその家族を描いた映画でもあり、単純に音楽の素晴らしさに触れられる映画でもあり・・・

さまざまなテーマやメッセージが込められた素晴らしい作品です◎デイビッドがふと投げかける、たくさんの名言たちも見所です。自分にぴったりのものが見つかるはず。

今一番おすすめしたい映画です。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
楽しい作品
みどりアートパーク 2022年06月30日
デイビッドの人なつっこさとダイナミックな演奏、ギリアンの懐深さ、ヨーロッパの街並みの美しさ。9割ほどが女性の参加者は「楽しかった」と口々に話していた。

ホッとする映画
space.SUEMURA 2022年04月01日
ふたりの掛け合いがとても可愛らしく、パートナーの在り方を学ばせてもらった気がします。


映画にちりばめられたDividの人生哲学が素晴らしい
類まれな天才ピアニスト、ディビッドから学ぶことがとてもたくさんありました。出会った人には誰にでも「Hello! I am David!」とあいさつをし、名前や住んでいる国をたずね、話題を見つけようとするその姿勢はコミュニケーションの基本を教えてくれました。 彼が演奏することで、ラフマニノフやベートーベンの難解な曲が生き生きと踊りだし、まるで魂があるかのような感覚を覚えました。この天才の価値を見出し、世界に知らしめたディレクターや指揮者の見立てが、また素晴らしいと思いました。「音楽は冒険だ。それが僕の人生だ」「人生は楽しい旅だ。目的地なんかないんだよ」など哲学的なことばからもなるほどとうなずけることがたくさんありました。統合失調症という病名はひとつの見方であり、それには属さないという診断も。いかに自分が嘆願的なものの見方をしているかがわかりました。

2021ウナギネマvol.23『デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり』
出会う人ごとに握手を求めて「Hello, I’m David !!」と挨拶。
相手の名前を聞き、どんな名前でも「いい名前だね」
出身地を尋ね、それがどこでも「いいところだね」

人と人とのコミュニケーションの原点をまざまざと見せつけられた気分でした。
私たちはいったい何を気取っていたのだろう。
自分の当たり前を恥ずかしく感じます。

デイヴィッドは心に壁をつくりません。
むき出しのまま何も隠さずに相手に迫って来ます。
最初は警戒しても、丸裸の相手にはかないません。
いつの間にか相手も笑顔でデイヴィッドと接しています。

商店でも税関でも、自分がほしいものは手にとって持って来てしまうデイヴィッド。
それを平身低頭して返しにいくギリアン。
このカップルだからこそ成立する絶妙の関係がそこにあります。

もし日本にデイヴィッドがいたら?
悲しいかな、この作品に描かれたようなストーリーにはならないように思います。
窃盗罪に問われるか、監視対象の人物として、地域の厄介者になってしまうでしょう。

15名の精神科医が集まっても、デイヴィッドを病気だとは言えませんでした。
日本だったら「あの人は病気だ」と簡単にレッテルが貼られてしまいそうです。
このストーリーはデイヴィッドとギリアンと名づけられていますが、それ以上に大きな支え合いの輪の物語です。

自由奔放で社会通念から外れてしまうデイヴィッド。
彼が社会で生きていくためには「つなぐ人」の存在が不可欠です。
ギリアンがまさしくそうであり、他にも多くの人がデイヴィッドと社会をつないでいます。

私たちは効率的な生活を志すあまりに「つなぐ人」を失っているのかもしれません。
個人商店からスーパーでの買い物に、そしてネットショッピングに。
煩わしさから解放され、便利な世の中になりましたが、本当にこれは歓迎すべきことなのでしょうか。

コロナウイルスまん延による対面機会の強制的減少によって、私たちはあらためて学んだはずです。
人と人とが直接顔を合わせて言葉を交わす機会がいかに貴重であるかということを。
常に何かに語りかけ続けるデイヴィッドの姿が、それを力強く語っているように思えてなりません。

次回のウナギネマは、2022年3月19日(土)『0円キッチン』
使った廃油 684.5リットル。
走行距離 5079km。
救出した食材690kg。
「食糧危機」を吹き飛ばすエンターテイメント・ロードムービー。

ぜひ次回のウナギネマもどうぞお楽しみに。
詳細・ご予約はこちらからどうぞ!
https://2021unaginema24.peatix.com/