ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡

ジャンル 人権 生活医療 社会変革 問題解決 その他
時間 98分 製作年2011年  監督 ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作品!
そして世界30以上の賞を受賞!世界中が感動した現実を動かした真実のストーリー!

現代芸術家ヴィック・ムニーズが故郷ブラジルに戻り、世界最大のごみ処理場で働く若者たちの人生をアートで変えていく「芸術で世界を変える」感動のドキュメンタリー。

Screening Information

2019/10/08
[ 福岡県 ] SDGsシネマ市民上映会in北九州
2019/10/11
[ 福岡県 ] SDGsシネマ市民上映会in北九州
2019/10/19
[ 福岡県 ] SDGsシネマ市民上映会in北九州

市民上映会 開催者募集

(c)Vik Muniz Studio

Synopsis

有名な現代芸術家であるヴィック・ムニーズが活動拠点ニューヨークのブロンクスから故郷ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場「ジャウジン・グラマーショ」へと旅をする。

そこで彼は、“カタドール”といわれるリサイクル可能な素材を拾い集める人々のポートレイトを写真におさめていく。そしてごみ山で集めたガラクタで、カタドールたちの巨大ポートレイトのモザイク画を制作していく…。

一瞬でも彼らを別の世界に連れ出すことが出来れば、彼らの人生を変えることができるのではないか?ムニーズは、制作した作品を世界的に有名なオークションで販売し、そのお金をカタドールに全額寄付して次々と人生を変えていくが…。アートが現実社会を変える、人を変えていく壮大な試みが、今、明らかになる。

30以上の賞を受賞!世界中が感動した現実を動かした真実のストーリー

監督は『カウントダウンZERO』や『津波そして桜』(第84回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞ノミネート作品)のルーシー・ウォーカー。本作も、第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門でノミネートされている。

Story

3年かけて撮影された本作は、有名な現代芸術家であるヴィック・ムニーズが活動拠点ニューヨークのブロンクスから故郷ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場「ジャウジン・グラマーショ」へと旅し、アートで社会変革を試みるドキュメンタリー映画だ。そこで彼は、“カタドール”といわれるリサイクル可能な素材を拾い集める人々のポートレイトを写真におさめる。そしてごみ山で集めたガラクタで、カタドールたちの巨大ポートレイトのモザイク画を制作していく…。一瞬でも彼らを別の世界に連れ出すことが出来れば、彼らの人生を変えることができるのではないか?ムニーズは、制作した作品を世界的に有名なオークションで販売し、そのお金をカタドールに全額寄付して次々と人生を変えていくが…。アートが現実社会を変える、人を変えていく壮大な試みが、今、明らかになる。監督は『カウントダウンZERO』『津波そして桜』(第84回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞ノミネート作品)のルーシー・ウォーカー。

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート
2010年国際ドキュメンタリー協会 IDA最優秀ドキュメンタリー賞
2010年サンダンス映画祭ワールドシネマドキュメンタリー観客賞
2010年ベルリン国際映画祭 パノラマ観客賞
2010年ベルリン国際映画祭 アムネスティ国際映画賞
2010年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀ドキュメンタリー観客賞 
ほか30以上の賞を受賞!

Data

原題 WASTELAND 製作年 2011年
製作国 イギリス・ブラジル 制作
配給 ユナイテッドピープル 時間 98分

Cast & Staff

監督 ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ 製作総指揮 ペドロ・コス
プロデューサー アンガス・エインズレイ、ハンク・レヴィン 共同プロデューサー: ピーター・マーティン 原作
脚本 音楽 モービー
撮影 ペドロ・コス 編集 ドゥドゥ・ミランダ
キャスト ヴィック・ムニーズ ファビオ・ギヴェルディエル イジス・ロドリゲス・ガロス ホセ・カルロス・ダ・シルバ・バイア・ロペス(ズンビ) セバスチャオ・カルロス・ドス・サントス(チャオ) バルター・ドス・サントス リーデ・ラウレンティーナ・ダ・シルバ(イルマ) マグナ・デ・フランサ・サントス スエーレム・ペレイラ・ディアス

Review(2)

14/05/13 11:46

うっちー さんのレビュー
感動 元気 人生変わる
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場。
本当は、チャンスが与えられれば自分の能力を発揮できるかもしれないのに、そのチャンスさえなく、ゴミを拾うしか生活のすべがない人々の存在をまざまざと見せつけられ、胸が痛くなります。
そして、アートによって、自分の持つ潜在能力に気づいて、生き生きとしてくる彼ら。
素晴らしい作品でした。

15/01/05 17:27

関根健次 さんのレビュー
感動 学び 人生変わる
視点を変えると世界が違って見えてくる。
世界的な現代アーティストがアートで社会的課題の解決を試みるプロジェクトを追ったドキュメンタリー。
プロジェクトそのものも素晴らしいのですが、ドキュメンタリーとは思えない出来の映画です。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
人生は出会う沢山の「きっかけ」をどのように受け止めるかのl繰り返し、、、だな、と思いました。
ムニーズと仲間達が「このプロジェクトが彼らに与える影響」について議論するシーン、神々しく輝き始める様子をみて同じような不安が自分の中に沸いていましたが、最後まで見るうちち、その不安に思った自分が恥かしくなった。
出来事やきっかけをどのように捕らえ変容していくかは、本人達次第で、PJが彼らの人生に与える影響を心配する、責任という言葉を使っていましたが、そのこと自体がのエゴなんだと。とても深い・・・。

エンパワーされる大感動作!
シネモCafe所沢 2018年12月12日
★この映画を観たのは2度目でしたが、まるで初めて観たかのように心がふるえ、何度も涙があふれました。

強く思ったのは、「愛から生まれたアイデアが持つ可能性や影響力は無限大で、それこそがARTなんだなぁ!」ということ。

そして、「それはひとりの人間から始まるものなんだ」ということでした。

地球のどこかで生まれた、ひとりの人間の強い氣持ち(愛)からアイデアが生まれ、それは距離やどんな悪条件をも超えて、絶望を希望に変える種となる。

きっと人間は一人一人誰もがそんな魔法のチカラを持ち合わせているんだな、と思わされ、指の先までエネルギーが満たされていく感じがしました。

折に触れて何度でも観たい名作です。
(上映会主催メンバー)


★すごくよかった!
人はどんな状況においても道を選べるんだな、と思いました。
(参加者・40代女性)


単なるゴミの話、アートの話ではなくて…
紺碧社 2019年05月25日
海ごみ問題に焦点が当たり始めているので、この作品を選びました。
ゴミ×アート なんだか面白そう。
そう思いながら観はじめてすぐ、ヴィックムニーズの世界に入り込みました。
社会問題としての現状はもちろん、出てくる人々の赤裸々な現実、みなで何かを作る意味、企画者側の葛藤、人々の笑顔。
これは単なるゴミやアートのドキュメンタリー映画ではなく、ストーリーがあって見応えのある作品でした。

ツォモリリ文庫 2019年07月05日
プラスチックボトルの大量輸出やマイクロプラスチックによる汚染など、ごみ問題が山積みのいま。
ごみアートというタイトルを見て、まずは見てみよう! と「ツォモリリシネマ」で緊急上映会。

けれど、この映画は、環境問題を扱うドキュメンタリー、という予想をはるかに上回る痛快なノンフィクションなのでした。後で知りましたが、2010年ベルリン国際映画祭やアムネスティ・インターナショナル映画賞など30以上の賞を受賞している映画で、賞が全てではないけれど、やっぱり良い映画なのです。観る人一人一人に、ものすごく多角的に問いかけてきます。
現に、一緒に観た家族たちと夕飯時、翌朝の朝ごはん時、ずっと話してしまったくらい。

どんな映画だったのか・・・やっぱり本当は観て欲しいけれど。

一つだけ、問いかけることにします。

アート界という権威の中で、サクセスを手にしたら、
あなたは何をするだろうか。

例えば、このブラジル出身のアーティスト、ヴィック・ムニーズは、リオデジャネイロ近郊のごみ処理場で、カタドールと呼ばれるリサイクルゴミを拾う人たちと、巨大な作品作りに挑むことにします。
ごみ山をモチーフにしようと思っていたけれど、とヴィックは言います。
そこで働く人たちがいちばん美しいことに気づいたから、と。
滞在制作期間はなんと2年半に及びました。

そこで働く人たちを知ることから彼の制作はスタートしました。

でも、彼の意図するところは、一緒に制作するだけではありませんでした。
これまでも様々な素材で描いてきた彼が、ゴミをアートにした話題の大作を競売にかけます。
世界のごく一部と言われている、富を得た人たちが競ってお金を放出するその場に、
カタドールの一人を連れて行き、そこで巨額で落札されるところを目の当たりにします。

ヴィック自身も、実は空港でゴミを処理して、社会の底辺でもがく一人でした。
もちろん、そのままそこに残った人がほとんどだけど。
友だちの中にはドラッグで命を落とした人もたくさんいるけれど。
ふとしたチャンス。それを得て何かを始めることもできる。
けれど、それが叶わない人もたくさんいる。でも、それでも人は生きる。
いま、自分ができることは何かを考えて行動することなんじゃないか。
モデルに選ばれたカタドールは、お金という一つのチャンスを手に入れるけれど、
それをどう生かすかは自分次第なのだ。
それでいい。

バンクシーのように、落札された途端にシュレッダーにかける作家がいれば、
バスキアのように、ドラックで命を落として、作品がものすごい値段で取引きされるようになって収集家を喜ばせたストリートアーティストもいる。
お金という魔力に取り込まれず、涼しい顔で、それを享受し、利用したヴィックは、やっぱりかなり痛快なアーティストなのではないかと、私は共感します。

映画にカタドールのまま亡くなっていく哲学者のような老人が登場します。
その生き様がかっこよくて。彼のことが最後まで心に残っています。

この映画もまた再映したくなりました。(ツォモリリ文庫ディレクターおおくにあきこ)

どんぐりの里シアター 2019年08月19日
ゴミ処理場で働く人たちは
一体どんな人たちなのだろうと思っていました。
やはり、辛い過去や苦しい環境で生きていましたが
明るく、陽気な一面も見受けられました。
そんな彼らがアートというものと出逢い、どう変わるのか
はたまた変わらないのか、その後の人生など、見応えがありました。
環境問題というより、完全にアートからの視点の映画で
作品を作り上げていく一生懸命な姿が映っていました。
今までにない視点からのアートは大変魅力的でした。
多くの方に観てもらいたい作品のひとつです。