ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ビル・ギャラガー
監督:ダーヴィド・グロス

ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡

ジャンル 人権 生活医療 社会変革 問題解決 その他
時間 98分 製作年2011年  監督 ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作品!
そして世界30以上の賞を受賞!世界中が感動した現実を動かした真実のストーリー!

現代芸術家ヴィック・ムニーズが故郷ブラジルに戻り、世界最大のごみ処理場で働く若者たちの人生をアートで変えていく「芸術で世界を変える」感動のドキュメンタリー。

Screening Information

2021/08/24
[ 大阪府 ] 【オンライン】ココウェルのちいさな映画館 『ヴィック・ムニーズ ゴミアートの奇跡』

上映会 開催者募集

(c)Vik Muniz Studio

About the film

有名な現代芸術家であるヴィック・ムニーズが活動拠点ニューヨークのブロンクスから故郷ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場「ジャウジン・グラマーショ」へと旅をする。

そこで彼は、“カタドール”といわれるリサイクル可能な素材を拾い集める人々のポートレイトを写真におさめていく。そしてごみ山で集めたガラクタで、カタドールたちの巨大ポートレイトのモザイク画を制作していく…。

一瞬でも彼らを別の世界に連れ出すことが出来れば、彼らの人生を変えることができるのではないか?ムニーズは、制作した作品を世界的に有名なオークションで販売し、そのお金をカタドールに全額寄付して次々と人生を変えていくが…。アートが現実社会を変える、人を変えていく壮大な試みが、今、明らかになる。

30以上の賞を受賞!世界中が感動した現実を動かした真実のストーリー

監督は『カウントダウンZERO』や『津波そして桜』(第84回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞ノミネート作品)のルーシー・ウォーカー。本作も、第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門でノミネートされている。

More info

3年かけて撮影された本作は、有名な現代芸術家であるヴィック・ムニーズが活動拠点ニューヨークのブロンクスから故郷ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場「ジャウジン・グラマーショ」へと旅し、アートで社会変革を試みるドキュメンタリー映画だ。そこで彼は、“カタドール”といわれるリサイクル可能な素材を拾い集める人々のポートレイトを写真におさめる。そしてごみ山で集めたガラクタで、カタドールたちの巨大ポートレイトのモザイク画を制作していく…。一瞬でも彼らを別の世界に連れ出すことが出来れば、彼らの人生を変えることができるのではないか?ムニーズは、制作した作品を世界的に有名なオークションで販売し、そのお金をカタドールに全額寄付して次々と人生を変えていくが…。アートが現実社会を変える、人を変えていく壮大な試みが、今、明らかになる。監督は『カウントダウンZERO』『津波そして桜』(第84回アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞ノミネート作品)のルーシー・ウォーカー。

第83回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート
2010年国際ドキュメンタリー協会 IDA最優秀ドキュメンタリー賞
2010年サンダンス映画祭ワールドシネマドキュメンタリー観客賞
2010年ベルリン国際映画祭 パノラマ観客賞
2010年ベルリン国際映画祭 アムネスティ国際映画賞
2010年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀ドキュメンタリー観客賞 
ほか30以上の賞を受賞!

Data

原題 WASTELAND 製作年 2011年
製作国 イギリス・ブラジル 制作
配給 ユナイテッドピープル 時間 98分

Cast & Staff

監督 ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ 製作総指揮 ペドロ・コス
プロデューサー アンガス・エインズレイ、ハンク・レヴィン 共同プロデューサー: ピーター・マーティン 原作
脚本 音楽 モービー
撮影 ペドロ・コス 編集 ドゥドゥ・ミランダ
キャスト ヴィック・ムニーズ ファビオ・ギヴェルディエル イジス・ロドリゲス・ガロス ホセ・カルロス・ダ・シルバ・バイア・ロペス(ズンビ) セバスチャオ・カルロス・ドス・サントス(チャオ) バルター・ドス・サントス リーデ・ラウレンティーナ・ダ・シルバ(イルマ) マグナ・デ・フランサ・サントス スエーレム・ペレイラ・ディアス

Review(2)

14/05/13 11:46

うっちー さんのレビュー
感動 元気 人生変わる
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場。
本当は、チャンスが与えられれば自分の能力を発揮できるかもしれないのに、そのチャンスさえなく、ゴミを拾うしか生活のすべがない人々の存在をまざまざと見せつけられ、胸が痛くなります。
そして、アートによって、自分の持つ潜在能力に気づいて、生き生きとしてくる彼ら。
素晴らしい作品でした。

15/01/05 17:27

関根健次 さんのレビュー
感動 学び 人生変わる
視点を変えると世界が違って見えてくる。
世界的な現代アーティストがアートで社会的課題の解決を試みるプロジェクトを追ったドキュメンタリー。
プロジェクトそのものも素晴らしいのですが、ドキュメンタリーとは思えない出来の映画です。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
アートに心を動かされました。
アートには人の心を動かす力があるなと感動しました。
まちの中でアートに関心がある方、アート関係のお仕事をしている方との繋がりもでき、アートの可能性が広がりそうです。

Rolling20'sシネマ ヴィック・ムニーズ
 この映画はスゴイ!!ブラジルの話
リオデジャネイロの街中のゴミが選別もされずリサイクルもされずにそのまま捨てられる、世界最大のゴミ捨て場だという、昔の夢の島のようなゴミ捨て場の巨大版だ、そこに最下層の人たちが棲みつき、ゴミを拾い、売って生活している、夢はあるが未来の無い生活がくりかえされている、
 リサイクル回収業の協会を作ってみんなを組織しようとする若者がいて、そこに一人のアーテストが、アートの力でそこの人たちの未来を変えることができないかと、ゴミを使って作品を作りだす、それぞれが自分の作品を作る、それをロンドンの美術オークションにかけると高額な値段で売れる、アートがゴミ拾いの人たちの運命や意識を変えていく
 実在のドキュメンタリーだけに迫力があり、説得力がある、
作った作品が何かは映画を見なければわからない、
 おもしろかった!
佐喜雄さんよくまぁこんな映画を見つけ出してくる
観賞者は私一人だけだった、もったいない、チャンスがあったら見て!
それにしても今の時代、分別もせず、リサイクルも考えず、環境破壊も考慮せず街のゴミを集めてはただ捨てている行政はなんなのだろう、ゴミ処理施設の前例はいくらでもあるのに、ブラジルはバカか!!

Rolling20'sシネマ ヴィック・ムニーズ
社会問題の根源は最下層にあると思う。ごみ回収協会を立ち上げた若者を大統領にと望む声があることが嬉しい。
彼がメディアにインタビューされた時に「ゴミ回収業」と言われたのに即座に訂正があると言い出す、ゴミの回収ではなく「リサイクル」の仕事だと、この若者の確信は本物だと思わせる、スバラシイ!

99は100ではない
地域おこし舎 2021年05月29日
良い映画を観たなあ。
上映終了後の素直な感想です。
これから先の未来に希望が持てる温かい作品でした。

アートで社会課題をあぶり出しつつ、お金もしっかり稼いで、
それを必要なところにシェアをしていくヴィック。

でも、彼は作品の最後には、こう語ります。
苦しんでいる人々を引き上げようとしたけれども、
最後は自分自身が救われたと。

情けは人のためならず。
誰かのためにしたことは巡り巡って自分に返ってくる。
これは誰にとっても起こりうるストーリーなのかもしれません。

お国柄のせいか、登場する人たちがみな陽気なのが嬉しいですね。
日本だったら、写真を撮られるのでさえ拒否するような気がします。

一人一人の生き方がそれぞれに素晴らしくて感動します。
気づいて、成長して、自分の選択で人生を変えていく。
まさにヒューマンドラマです。

副協会長の老人は、学校に行っていないけれども、
語る言葉は哲学者を思わせるものばかり。

「99は100ではない」
たった1をおろそかにすることで、すべては台無しになるということ。
経験に裏打ちされた言葉の持つ重さは計り知れないものがあります。

232 CINEMA 2021年05月22日
アートが持つ力、本質的なことを感じるとてもいい映画でした。感動しました。ムニーズの行動力、視点に対して尊敬の念を抱きました。
映画だけでは分かりきらない問題などもたくさんあることを想像したとしても、ムニーズの行動によって人々がきらきらとした笑顔になったこと、ストレートに受け止め素敵だなと思いました。