Member

うっちー

イベント名 開催日 会場
イベント名 開催日 会場
イベント名 開催日 会場

Review(13)

05/15 12:02

パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~ のレビュー 

ただたんにエネルギーを原発から再生可能エネルギーに変えればいいという内容ではありません。なんでもお任せ、お金をだせばなんでも手に入る世界から、電力や保険など自分たちの生活の必要な仕組みを、自分たちのつながりを生かして、自分たちで考えつくりだしていく・・・新しい世界の作り方です。村上春樹の「壁と卵」のスピーチを思い出します。私たち”卵”は”壁”(システム)に依存していますが、そのシステムも壊れかかっている。だったら私たちの顔の見える小さな規模で作り直していこうじゃないか。そんな風に思えました。非常に希望と勇気を与えられる内容でした。
05/13 13:31

第4の革命 - エネルギー・デモクラシー のレビュー 

再生可能エネルギー、小規模分散型エネルギーの世界中の取り組みについて学べるとても勉強になる内容でした。まずはこういった内容を知り、自分たちでできることを探っていくこと、続けていきたいと思いました。
05/13 12:44

オキュパイ・ラブ のレビュー 

「すべての生命が共生できる新しい世界を創造したい」という思いで活動している人々のエネルギーを感じる映画です。無関心やあきらめをどこかで感じていても、いや、まだがんばってみよう、そんな思いになれる映画です。
05/13 12:28

アリ地獄のような街 のレビュー 

出演しているのは、実際のストリートチルドレンの子供たちだそうです。
あまりの過酷な人生にやりようのない気持ちになりますが、そこに日本人として真摯に取り組み続けている渡辺大樹さんはじめ様々な方々を非常にリスペクトしますし、微力でも自分のできることをやっていきたい。そんなことを改めて胸に刻む映画でした。
05/13 12:18

台北カフェ・ストーリー のレビュー 

とにかくこの映画の空気感がおしゃれで魅力的です。カフェがたんなる「時間をつぶす場所」ではなく、モノを通して人々の心の交流、気づきの場所となっていくところが素敵です。
05/13 12:09

幸せの経済学 のレビュー 

資本主義・グローバリゼーションの負の側面を描くだけでなく、世界中のクリエイティブな「新しい世界」の創造の芽吹きを感じることができる内容でした。
やはりキーワードは、「ローカリゼーション」。この世界もまだまだ捨てたものじゃない、私たちにできることはまだまだたくさんあるんだ!という希望と勇気を与えてくれる素晴らしい作品です。必見です!!
05/13 12:05

マヤ ― 天の心、地の心 ― のレビュー 

観る前は、「マヤ」というイメージから、もっとスピリチュアルな内容かと勝手に思っていたのですが、実際はもっと現実的。開発によって生きる場所を奪われているマヤの先住民族の人々の苦悩、そしてそれでもあきらめずに戦う人々、また森の中で、昔ながらの伝統を守って細々と生きていく人々を淡々と描いています。「先進国」に住む私たちの生活の裏側にある悲劇。そんな内容でありながら、この映画を包み込む静かで詩的な世界に引き込まれます。
05/13 11:53

フォークス・オーバー・ナイブズ – いのちを救う食卓革命 のレビュー 

アメリカ型の肉食・ファーストフードなどの食生活がいかに体に悪いのか、医学的な説明もふんだんにわかりやすい内容となっています。
食生活が、いかに大切かを痛切に感じさせる作品です。
05/13 11:50

happy -しあわせを探すあなたへ のレビュー 

さまざまな角度からら「幸せ」を読み解いていく非常に興味深い作品です。
その中でも、日本の「過労死」や家族のつながりが薄れている様子が、非常に暗く悲しく映りました。
05/13 11:46

ヴィック・ムニーズ / ごみアートの奇跡 のレビュー 

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ郊外にある世界最大のごみ処理場。
本当は、チャンスが与えられれば自分の能力を発揮できるかもしれないのに、そのチャンスさえなく、ゴミを拾うしか生活のすべがない人々の存在をまざまざと見せつけられ、胸が痛くなります。
そして、アートによって、自分の持つ潜在能力に気づいて、生き生きとしてくる彼ら。
素晴らしい作品でした。