ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:アンドリュー・ヒントン、 ジョニー・バーク
監督:カール-A・フェヒナー
監督:デイヴィッド・ギャレット・バイアーズ
監督:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ

LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-

ジャンル 伝統文化 社会変革 問題解決 その他
時間 99分 製作年2012年  監督 柿本ケンサク

東北を、日本を、花火で、元気に。

東日本大震災から5ヶ月後の8月11日、23400発の奇跡の花火が打ち上がった。
東北を元気づけるために立ち上がった男たちの情熱と真実のストーリー。

Screening Information

2023/03/05
[ 大阪府 ] 日曜フィルム ワールド・ドキュメンタリー 上映&感想会

上映会 開催者募集

About the film

東日本大震災の津波で被害を受けた、東北沿岸の町 複数個所で、
8月11日 19時より、鎮魂と復興の祈りを込めた花火を、一斉に打ち上げます。
みなさんの想いを花火に込めて、たくさんの花火を東北の空に打ち上げましょう。
東北でがんばっているみんなの笑顔が、日本中を明るく照らすと信じて。

たくさんの人の想い、祈り、希望、夢が詰まった
奇跡の花火が、スクリーンに打ち上がる。

ナレーションは女優の黒木瞳が担当。
テーマ曲と音楽には坂本龍一が参加。

More info

 2011年3月11日に起きた東日本大震災。
 未曾有の地震と津波による膨大な被害を目の前に、
 日本中の誰もが下を向き、
 これから日本がどうなっていくのか不安を抱いていた時、
 ひたすら上を向いて歩き続けた男がいた。
 絶対に不可能と思われた、
 東北太平洋沿岸部10ヶ所での花火同時打ち上げ。
 それを可能にしたのは、たった一人の男の情熱と、
 「いつまでも下を向いていられない」と
 立ち上がった現地の人々の生きる力だった。
 密着900時間の映像をもとに描かれる、
 情熱と真実のドキュメンタリー。

Data

原題 LIGHT UP NIPPON 製作年 2012年
製作国 日本 制作 LIGHT UP NIPPON
配給 ティ・ジョイ , ユナイテッドピープル(配給協力) 時間 99分

Cast & Staff

監督 柿本ケンサク 製作総指揮 AKKI
プロデューサー 湯川篤毅 原作
脚本 音楽 坂本龍一/コトリンゴ(commmons)
撮影 AKKI 編集
キャスト

Review(3)

14/05/13 12:16

うっちー さんのレビュー
感動 元気 学び 泣ける
「こんな状況で花火!?」と最初は感じたのですが、主人公の高田さんの真摯で誠実な姿勢に東北の人々も徐々に心を動かされるように、観ている私も心が動く感動のストーリーでした。花火が上がるシーンでは涙がでました。

16/05/27 12:47

佐藤世里彩 さんのレビュー
感動
被災地で落ち込んでいる人々に
少しでも前を向く力を
与えてあげたいという
一人の想いから始まった企画、 
ライトアップニッポン。

想いがたくさんの人を巻き込んで
東北で花火が打ち上げられた瞬間、
運営者の4ヶ月間の軌跡が
形になりました。


私も、震災当時は福島にいた一人であり、
東北で花火が打ち上げられたことは
耳にしていましたが、この企画が
たった一人の「東北を元気する力になりたい」という想いから始まったものだとは
知りませんでした。

映画の中で、
「いろんな人の力に支えられて
助けられて生かされている…
(それは)震災以降は時々味わう不思議な感情。」
と話しながら涙ぐんでいた、
被災地の女性の言葉がすごく印象に
残りました。

誰かが誰かのために生きているから、
私達は「生かされている」という
感情を持つのかもしれません。

この映画は私に、そういった普段はほとんど考えることがない大切なことを、震災から5年たった今、気づかせてくれました。


生きている上で当たり前のことなんて一つもないということ、
誰かの誰かに対する想いが結局は人を動かすのだということ、
皆で前を向いていくことの素晴らしさ、、、

ライトアップニッポンは
私にたくさんのことを教えてくれました。

16/10/26 02:27

暮らシネマ さんのレビュー
感動 元気 学び 泣ける
生々しい感情がぶつかり合うシーンも多く、
まさにリアルなドキュメンタリー映画でした。
よくこのプロジェクトを最初の段階から映像に記録しておいてくれたなと思います。

逆に言うと、
企画の初期段階から映像に残す判断をされるぐらいの知恵と実行力を持った方々だからこそ、
これだけ困難なプロジェクトを実現まで持って行くことが出来たのだとも思います。

プロジェクト企画する立場にある方には、
ぜひ一度見て頂けたら、勇気とやる気が沸き上がってくる映画だと思います。
もちろん、普通に映画として見ても感動的でした。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
災害の記録としても挑戦の記録としても…
Sustainability Lab. TERRA 2022年08月21日
少ない参加人数の割に世代層が幅広く、上映後には各参加者の2011-03-11当時の記憶も交えた感想が聞かれた。
「すごい人の映画を見ました。志を突き通し、情熱で多くの人を動かし、もっともっと多くの人の心に刻まれる、感動するということはすなわち生きている証なんだと気付かされる。」
「当時、卒業式前日でした。今後花火を見る度にこの映画を思い出します。」

震災後1ヶ月の街や人々の様子、それから5ヶ月の日々で人々が歩みを進め、心の変化が起こっていく姿を見出すことができる。これは災害に向き合った人々の記録としても価値というか貴重な映画だと思った。

2022ウナギネマvol.9『LIGHT UP NIPPON ー日本を照らした奇跡の花火ー』
震災からわずか2週間ほどしか経っていない3月下旬、LIGHT UP NIPPON発起人である高田佳岳さんは、「花火で人々を勇気付けたい」たった1人で立ち上がります。
たくさんの人と会い、自身の思いを伝えることで人の輪がどんどん広がっていきます。
もちろん様々な壁はあるが、それを一つずつ乗り越えていく彼の思いの芯の強さに感嘆しました。

思いは必ず届く。

言い古された言葉ではありますが、それが真実であることを、この映画は如実に語ってくれます。
彼の思いを受け取った人々も、それぞれに抱えている事情があるはず。
それでも、それぞれに対話を重ね、時にはぶつかりながら、思いを形にしていきます。

高田佳岳さんはスーパーマンか?
そう思ってしまうほどのあふれる行動力に圧倒されます。
しかし、これは万人にあてはまるのではないでしょうか。

心の底からかなえたい思いがあれば、どんなことでも不可能はない。
そんな私たちの可能性を、この作品は花火という形で見せてくれました。

震災から10年以上経ち、少しずつ記憶が風化していく中でこの作品をあらためて見られたことに感謝します。
今年もLIGHT UP NIPPONの花火は上がりました。
私たちの心の花火も、いつまでも美しい花を咲かせていたいものです。

次回のウナギネマは8/27(土)です。
作品は『もったいないキッチン』。
食の もったいない を美味しく楽しく解決!舞台は「もったいない精神」の国、日本 。
“もったいない精神”に魅せられ、オーストリアからやって来た食材救出人で映画監督のダーヴィド。日本を旅して発見する、サステナブルな未来のヒントとは。

2022ウナギネマvol.10『もったいないキッチン』(95分)
2022年8月27日(土)①13:00〜、②15:00〜
会場:柳川市民文化会館suito 2階会議室(福岡県柳川市上宮永町43番地1)
料金:1000円、柳川市民割引500円、中高生は無料。
☆予約は不要です。

詳細はこちらから。
http://unaginema.com/2022/07/17/2022ウナギネマvol-10『もったいないキッチン』/

#映画 #SDGs #ソーシャルシネマ #cinemo #unitedpeople #ウナギネマ #福岡 #柳川

『山のうえの映画館』
たった1人の青年のひらめきと行動力が
想像もつかないほどの大きなうねりになって、
いろいろな人たちを巻き込んで一緒に考え解決していく、
地元民の方達とのやりとり、
いいことばかりじゃないところも織り交ぜた作品。
柔軟な発想とともに、バーチャル花火大会にも活用される当時の最新技術(?)など、多角的に物事を検証して実現した企画力にも感動しました。
どんな状況でも前を向く、その姿勢に感動したという参加者の方からの感想も多かったです。

何度でも立ち上がる
脇町劇場オデオン座 2022年05月18日
人間は自然より弱い、だけどどん底から立ち上がる強さがある。
涙なしにはみられなかったです。
わざわざ東京から見に来てくれた方がいてとても嬉しかったです。

美しすぎる花火
みどりアートパーク 2022年03月13日
絵に描いたような物語り、本当にきれいだなあとの声。3月11日近くの上映だったが、想定より参加者が少なかった。