ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ベン・コトナー、ライアン・ホワイト
監督:オースティン・アンドリュース
監督:タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ
監督:マイケル・マシスン・ミラー

LIGHT UP NIPPON -日本を照らした奇跡の花火-

ジャンル 社会変革 問題解決 その他
時間 99分 製作年2012年  監督 柿本ケンサク

東北を、日本を、花火で、元気に。

東日本大震災から5ヶ月後の8月11日、23400発の奇跡の花火が打ち上がった。
東北を元気づけるために立ち上がった男たちの情熱と真実のストーリー。

Screening Information

市民上映会 開催者募集

Synopsis

東日本大震災の津波で被害を受けた、東北沿岸の町 複数個所で、
8月11日 19時より、鎮魂と復興の祈りを込めた花火を、一斉に打ち上げます。
みなさんの想いを花火に込めて、たくさんの花火を東北の空に打ち上げましょう。
東北でがんばっているみんなの笑顔が、日本中を明るく照らすと信じて。

たくさんの人の想い、祈り、希望、夢が詰まった
奇跡の花火が、スクリーンに打ち上がる。

ナレーションは女優の黒木瞳が担当。
テーマ曲と音楽には坂本龍一が参加。

Story

 2011年3月11日に起きた東日本大震災。
 未曾有の地震と津波による膨大な被害を目の前に、
 日本中の誰もが下を向き、
 これから日本がどうなっていくのか不安を抱いていた時、
 ひたすら上を向いて歩き続けた男がいた。
 絶対に不可能と思われた、
 東北太平洋沿岸部10ヶ所での花火同時打ち上げ。
 それを可能にしたのは、たった一人の男の情熱と、
 「いつまでも下を向いていられない」と
 立ち上がった現地の人々の生きる力だった。
 密着900時間の映像をもとに描かれる、
 情熱と真実のドキュメンタリー。

Data

原題 LIGHT UP NIPPON 製作年 2012年
製作国 日本 制作 LIGHT UP NIPPON
配給 ティ・ジョイ , ユナイテッドピープル(配給協力) 時間 99分

Cast & Staff

監督 柿本ケンサク 製作総指揮 AKKI
プロデューサー 湯川篤毅 原作
脚本 音楽 坂本龍一/コトリンゴ(commmons)
撮影 AKKI 編集
キャスト

Review(4)

14/05/13 12:16

うっちー さんのレビュー
感動 元気 学び 泣ける
「こんな状況で花火!?」と最初は感じたのですが、主人公の高田さんの真摯で誠実な姿勢に東北の人々も徐々に心を動かされるように、観ている私も心が動く感動のストーリーでした。花火が上がるシーンでは涙がでました。

14/06/10 00:21

Ai さんのレビュー
感動 元気
「一番の壁は、関わる人の数だけ思いが存在し、そのどれもが正しいということだった。」
この台詞の通り、出てくる方々一人一人が、熱く、真剣です。震災から間もない時期で、被災地の方々の複雑な思いが混ざり合い、当初は仲間も少なく、反対の声も大きかったものの、そこから最後には日本中を巻き込んでいく花火大会に...。
亡くなった方々を想いながら、自分に与えられた未来を力強く生きていく。その心は、震災からどれほど時間が経っても、忘れたくないなぁと感じました。

16/05/27 12:47

佐藤世里彩 さんのレビュー
感動
被災地で落ち込んでいる人々に
少しでも前を向く力を
与えてあげたいという
一人の想いから始まった企画、 
ライトアップニッポン。

想いがたくさんの人を巻き込んで
東北で花火が打ち上げられた瞬間、
運営者の4ヶ月間の軌跡が
形になりました。


私も、震災当時は福島にいた一人であり、
東北で花火が打ち上げられたことは
耳にしていましたが、この企画が
たった一人の「東北を元気する力になりたい」という想いから始まったものだとは
知りませんでした。

映画の中で、
「いろんな人の力に支えられて
助けられて生かされている…
(それは)震災以降は時々味わう不思議な感情。」
と話しながら涙ぐんでいた、
被災地の女性の言葉がすごく印象に
残りました。

誰かが誰かのために生きているから、
私達は「生かされている」という
感情を持つのかもしれません。

この映画は私に、そういった普段はほとんど考えることがない大切なことを、震災から5年たった今、気づかせてくれました。


生きている上で当たり前のことなんて一つもないということ、
誰かの誰かに対する想いが結局は人を動かすのだということ、
皆で前を向いていくことの素晴らしさ、、、

ライトアップニッポンは
私にたくさんのことを教えてくれました。

16/10/26 02:27

暮らシネマ さんのレビュー
感動 元気 学び 泣ける
生々しい感情がぶつかり合うシーンも多く、
まさにリアルなドキュメンタリー映画でした。
よくこのプロジェクトを最初の段階から映像に記録しておいてくれたなと思います。

逆に言うと、
企画の初期段階から映像に残す判断をされるぐらいの知恵と実行力を持った方々だからこそ、
これだけ困難なプロジェクトを実現まで持って行くことが出来たのだとも思います。

プロジェクト企画する立場にある方には、
ぜひ一度見て頂けたら、勇気とやる気が沸き上がってくる映画だと思います。
もちろん、普通に映画として見ても感動的でした。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
すばらしい映画だと思いました
トラベッサシネマ 2018年10月21日
あまり期待せずに上映したこの映画、もしかしたらわたしの中で、Cinemoラインナップ中No.1かもしれないほど、ぐっと来ました。
震災の年、まだ混乱おさまっていない各地の状況。そこから動き出す希望のプロジェクト。DVDを購入して、常に見返したいな、と思う映画でした。

「無関心より不謹慎」
こんぺいとう 2018年10月19日
この度の自主上映会では、利益の全額を西日本豪雨災害被災地に送ることとしています。

当日は映画上映だけでなく、人のご縁が繋がり、発起人の高田佳岳さんをお迎えしてお話を直接伺うこともできました。

西日本豪雨災害から3カ月。
このタイミングで企画させていただけたことを有り難く思います。

私も被災地支援の活動をしていると不謹慎だと言われることがありました。
高田さんの取り組みでは、想像を絶するそれがあったことでしょう。

けど、「無関心より不謹慎」
皆が直接的な支援は難しくても、日常の生活や仕事の中で少しでも意識を持ってもらいたく企画しました。

岡山の被災していない人が多く集まってくださいましたが、皆さんに関心や意識を持ち続けてもらうという狙いが当たった感覚を持っています。

そして、参加者の皆さんからも多くの声をお寄せいただきました。

「小さな力が沢山お繋がりを持って、大きな力になることを実感しました」

「気仙沼で亡くなった友人の子どもを迎えに、8月11日に訪問していました。その現地でLIGHT UP NIPPONの花火を見ていたので、その時のことを思い出しました。これからも忘れることなく上を向いていたいと思います」

「考えることをやめないようにしようと思いました」

「心の花火に火が付きました」

等々。

『LIGHT UP NIPPON』の上映会をきっかけに、一人でも多くの方が被災地に意識を向け続けてもらえればと思います。また、被災した方には、劇中で描かれていたように、笑顔や希望という名の花火が、胸に開くよう願います。

こんぺいとう代表 黒住 宗芳

癖になる映画
地上と空(天国?)の間を彩る花火は、やはり、日本の風物詩。
窮地の事情もさまざまなところにいる大人が、価値観や先入観や伝統や文化、地域、世代、いろんな条件がある中で、本当に悩み苦しんでいる姿に感銘を受けます。
どの人の立場もわかるので、見ていて苦しくなるのですが、最後の花火が上がるドーーンという瞬間に、全部OKになって心がすーーーっと軽くなる・・・何度見てもこのギャップが癖になる映画です。