ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

戦火のランナー

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ハッサン・ファジリ
監督:ロクサレ・ガエム・マガミ
監督:フィリップ・グナート、ミッキー・ヤミネ
監督:西倉めぐみ、高木ララ

戦火のランナー

ジャンル 平和 人権 その他
時間 88分 製作年2020年  監督 ビル・ギャラガー

8歳の頃、グオル・マリアルはスーダン内戦を生き延びるために走って逃げた。
走り続け、一時は“国のない男”と呼ばれた彼には栄光の舞台が待っていた─ ─

力強く感動的な実話に心をさらわれる! ── ハリウッド・リポーター誌

「出来ないから嘆くのではなく、出来ない中で何が出来るかを考え、一歩を踏み出すことが未来を大きく変えるという大切なメッセージが胸に刻まれました。」
── 高橋尚子(シドニー五輪女子マラソン金メダリスト)


「逃げて生き延びるために走り、みんなに希望を与えるために走る。スポーツというにはあまりにも切実な走る理由。
やっぱりオリンピックは平和の祭典でなければいけないんだと強く思わされる。」
── 為末大(Deportare Partners代表/元陸上選手)

他、感動のコメント多数! https://unitedpeople.jp/runner/rv

文部科学省選定作品:
学校教育教材 中学校生徒向き 社会
学校教育教材 高等学校生徒向き 公民
社会教育(教材) 青年向き 国際性(国際理解・平和)
社会教育(教材) 成人向き 国際性(国際理解・平和)
(2021年6月2日選定)

Screening Information

上映会 開催者募集

©Bill Gallagher

About the film

戦争の続くスーダンはどこもが戦場で、子どもはさらわれ、家は燃やされていた。

8歳のグオル・マリアルの命を守るために、両親は苦悩の末、彼を村からたった一人で逃がすことにした。戦場をさまよい歩くグオルはやがて武装勢力に捕まってしまう。“逃げよう”。彼は夜明け前、走って逃げることに成功する。幸運にも難民キャンプで保護された彼は、アメリカへ移民するチケットを手にする。“もう逃げなくていい”。高校に入学した彼は、走ると他を圧倒。初めて走ったマラソンで2012年ロンドン五輪出場資格を得る。まるで走ることが彼の運命だったかのように──。しかし、南スーダンが建国されたのはロンドン五輪開催の一年前。国内オリンピック委員会がなく、代表する国がなかった。出場が危ぶまれたが奇跡が起こる。国際オリンピック委員会(IOC)が“国のない男”といわれた彼の個人参加選手としての出場を認めたのだ。そして彼は、祖国南スーダンの人々の期待を背負い走り、完走する。不屈の精神で走り続けるグオルの人生に感動せずにはいられない感涙のドキュメンタリー。

More info

難民からオリンピック選手になったグオルは次世代のためにも走り続ける。

「このままでは目の前で息子が死んでしまう。」戦争の続くスーダンはどこもが戦場で、子どもはさらわれ、家は燃やされていた。8歳のグオル・マリアルの命を守るために、両親は苦悩の末、彼を村からたった一人で逃がすことにした。戦場をさまよい歩くグオルはやがて武装勢力に捕まってしまう。“逃げよう”。彼は夜明け前、走って逃げることに成功する。その後4年間、スーダン南部を放浪する。幸運にも難民キャンプで保護された彼は、16歳でアメリカへ移民するチケットを手にする。飛行機に乗るのも初めてだった。“もう逃げなくていい”。新しい人生の始まりだった。高校に入学した彼は陸上部で走ると他を圧倒。その後、初めて走ったマラソンで2012年ロンドン五輪出場条件タイムをクリアしてしまう。まるで走ることが彼の運命だったかのように──。

"この奇跡を僕だけではなく君たちにも経験してほしい"
オリンピックで走る資格を得たものの、南スーダンが建国されたのはロンドン五輪開催の一年前。国内オリンピック委員会がなく、代表する国がなかった。出場は困難に思われたが開催直前に奇跡が起こる。国際オリンピック委員会(IOC)が“国のない男”といわれた28歳の彼の個人参加選手としての出場を大会直前に認めたのだ。かつては逃げるために走っていた彼は、祖国南スーダンの人々の期待を背負い走り、完走する。その後、アメリカの市民権を取得した彼は、20年ぶりに両親との感動の再会を果たし、次の目標に向かって走り続けていく。不屈の精神で走り続けるグオルの人生に感動せずにはいられない感涙のドキュメンタリー。

Data

原題 Runner 製作年 2020年
製作国 アメリカ 制作
配給 ユナイテッドピープル 時間 88分

Cast & Staff

監督 ビル・ギャラガー 製作総指揮 ジェイ・ナライン、リンジー・ナライン
プロデューサー ビル・ギャラガー 原作
脚本 ビル・ギャラガー、エリック・ダニエル・メッツガー 音楽 エドゥアルド・アラム
撮影 ニッキー・ブラムリー、ピーター・グメ、ジェイコブ・ベンジャミン・アテニー 編集 ビル・ギャラガー、エリック・ダニエル・メッツガー
キャスト グオル・マディング・マケア(グオル・マリアル)、ラスティ・コフリン、コーリー・イーメルス、ブラッド・プア他

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
第176回銀座ソーシャル映画祭 x 第12回プロギング部ラン&ピース
銀座ソーシャル映画祭 2023年12月16日
12/16(土)午後、第176回銀座ソーシャル映画祭 x 第12回プロギング部ラン&ピース x 竹紙カレンダー「日本の彩2024」即売会 を開催しました。
今年最後の上映会でした。師走の忙しい中、参加者が少ないと聞いて駆けつけてくれた方も多く、ありがたい集まりとなりました。上映後の感想共有は、作品の感想にとどまらず、楽しく真面目なおしゃべりが続きました。今年はみなさんのおかげで10周年を迎えることができました。
今年から始めたランニングとゴミ拾いのアクティビティ、プロギング部ラン&ピースも、年間12回もの開催がありました。いつもは銀座界隈を観光しながら走ることが多いのですが、今日は初めて皇居を走って来ました。日比谷公園外ではゴミもたくさん拾いました。
今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

無料上映会にあたって
JICA帯広 2023年11月05日
心揺さぶられる映画でした。
ひたむきなグオル氏に目頭が熱くなりました。(参加者の声より)

遠いアフリカの地へ想いを馳せて
Cinema the Gaura Project  2023年09月17日
PEACE DAY映画祭に参画して、実現した上映会。
アフリカスーダンの紛争に巻き込まれた少年がマラソンランナーとなって祖国の未来のために生きる人生を追ったドキュメンタリー。
遠い日本の地で、関心が薄れがちなアフリカの現状(政治的・社会的な不安定さや難民・貧困問題の現実)を窺い知ることができると思い、上映することにしました。

奇しくも上映2週間前に北アフリカ(モロッコ、リビア)での大規模な災害が発生。
遠いアフリカを忘れてはならない、と急遽アフリカへのチャリティー活動を始め、上映会の開催となりました。

アフリカの料理やコーヒー(フェアトレード)を用意し、参加者に少しでもアフリカを感じていただけたかなと思います。

上映後のトークでは、主人公の青年の話から難民として生きることの苦しさや辛さが痛いほど伝わってきた、との感想がありました。

中学生の鑑賞者は、友人の陸上競技選手が身近にいることから、陸上競技のハードさ、オリンピックという舞台への挑戦に、自分の感性を重ね、心を揺さぶられたようです。

もし、自分が学校現場で働いていたら、是非道徳などの授業に資料として活用したい、と思う上映作品でした。

映画上映会開催にあたり
コロナ禍ということもあり、参加者人数が思うほど伸びなかったが、映画を見てくれた人は「グオルの意思の強さ、国を想う気持ちに感動した。」「自分の人生を考えた。これからの人生を全力を注いで出来うることを精一杯やろうと力をもらえた。」などの感想をいただきました。他にも一同に感動を与えてもらったとの感想をいただき、映画は、人の心に直接響かせる力があるツールだと今回、改めて実感しました。