Member

ロータスシネマ

所属:NPO法人ロータスプロジェクト
西新宿・常円寺を中心に、上映会を開催しています。
偶数月の第2土曜日が基本(お寺の都合で前後することがあります)。
お寺のお堂で映画を観て、感じたことや知ってることをシェア。人数やテーマによって、おしゃべり形式、レクチャー形式など、さまざま。意外に評判がいいのは、お坊さんとのおしゃべり。
常円寺での上映は、椅子席、空調完備です。
ロータスシネマに遊びにきてくださいね。
  • あなたも市民上映会を開催しませんか?開催方法はこちら
  • 市民上映会の開催情報
  • facebookにもぜひ「いいね!」
  • 参加した上映会(0)

    主催した上映会(9)

    Review(2)

    11/30 11:25

    ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~ のレビュー

    ファッションの仕事をしていた時期がある。小売りの現場でも、夏前には冬の発注をしている。次は?その次は?自己表現のファッションは楽しい。そうやって暮らしてきた。
    かつてと比べて、服の値段は本当に安くなった。手軽に買って楽しむ。ファッションを離れた今でも、流行アイテムを少しだけ取り入れる。だから、クロゼットは膨れ上がる。だから手放す。被支援国で山積みになった古着の映像は本当にショッキングだった。

    服作りの現場がアジアへ移行したことは、本当は知っていた。タグを見れば誰でもすぐわかる。韓国製、中国製は当たり前、そしてフィリピン、インド、バングラデシュ、ミャンマー、ベトナム…
    アジアのあちこちで仕事が発生することは経済発展につながるとは思っていたけれど、どんな人がどんな思いで縫製しているか、あまり考えたことがなかった。そして、現場のひずみが、「もっと安く」という買う側の欲望から生まれていることも。

    ひとつひとつの商品を全部精査することはできなくても、どこで、どんな人が作っているのか、できるだけわかるものを買う、少なくとも、そういうことを大切にしている人(会社、店)から買うということなら、少しはできそうな気がする。そうやって、作る人、売る人、着る人がハッピーになれたら、わたしもうれしい。そのことは、ファッションだけではなく、生活すべてに当てはまることだけれど。少しずつでいいから、自分の暮らし方を変えていきたい。

    12/19 13:36

    抱く{HUG} のレビュー

    気が付いたら泣いていた。
    これまで、このことで涙を流した記憶が無い。
    押し込めていたものが出てきてしまった。

    あの事故以来、自分もまた直視できない絶望の中にいる。
    事故の後、東京にいて「だいじょぶだいじょぶ」と過ごした母親がいただろうか。
    デモや意見表明に参加しながらも、日常と未来を壊した人の中に自分もいると思う。
    だからこそ、してはいけないことがあると思っている。
    心の底の絶望と共存しながら、毎日を淡々と送る以外にわたしにやれることがあるだろうか。
    今より少しだけ、自分の気持ちを大切にしながら、毎日を普通に暮らそうと思う。
    自分のできることをやりながら。

    未来は変えられると思う。