Member

柚木公奈

  • あなたも市民上映会を開催しませんか?開催方法はこちら
  • 市民上映会の開催情報
  • facebookにもぜひ「いいね!」
  • 参加した上映会(0)

    主催した上映会(0)

    Review(1)

    08/05 13:27

    それでも僕は帰る 〜シリア 若者たちが求め続けたふるさと〜 のレビュー

    渋谷だし、時間もちょうどいいし、
    さらにトークイベントもあるし・・・
    と、消極的な理由で決めた映画の日の映画
    『それでも僕は帰る』。

    シリアって、サッカーなら
    日本代表が勝てるかもしれないけど、
    この環境を生きている人たちと、
    自衛隊は戦いになるのか・・・
    「やはり、今の日本人に戦争はムリ!」

    冒頭にそんな考えが生まれてきた
    シリアの民主化運動? というより内戦?
    のドキュメンタリー映画なんだけど、
    なんと、主人公がシリアユースの
    人気ゴールキーパーだったのには驚いた!


    映画のパンフレットで高遠菜穂子さんが
    「私たちが目撃すべきは、
    戦場と化したシリアじゃない。
    そこに至るまでの過程なのだ。」
    と書いてあるけど、まさにその通り!

    「アサド政権は神をも恐れない。
    だから、平和的な抵抗運動ではダメだ!」
    と、ついに銃を取ってしまうシーンが示唆的だ!

    神をも恐れないのは、この国の首相もそう。
    だけど、僕らは決して銃を取らない!

    銃を取るしかなかった主人公パセットは、
    W杯予選の日本戦に出場の予定はなく、
    今は、イスラム国と行動を共にしているらしい。

    状況こそが、悲惨な選択を生んでしまう・・・