News ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~

2018/05/09
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』鹿児島ガーデンズシネマで上映!!

映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』が、5/12,13、
2日間限定で、鹿児島ガーデンズシネマで上映されます!
http://kagocine.net/

沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。
このジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。

ぜひご覧ください。

本作の上映者募集中!
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50
https://www.cinemo.info/jisyu.html?ck=50

2018/02/15
五感でダイアログ被災者応援企画★たまぷらで、みる・きく・かたる3.11

3月11日(日)に、東急田園都市線たまプラーザ駅北口から徒歩5分の「3丁目カフェ」で映画『 ZAN ジュゴンが姿を見せるとき』の上映会が行われます。1回目は13時〜15時、2回目は16時〜18時。各回上映後にスペシャルトーク付。ゲストは当作品に制作者として携わり出演するライターの木佐美 有さんと、作家で朗読家のドリアン助川さん。(事前予約2千円・当日受付2千5百円 ドリンク付)。2011年3月11日に起きた東日本大震災以降、被災者応援企画として、さまざまなイベントを開催してきた有限会社マザールが主催。当日は被災者応援につながるグッズなども販売し、売り上げの一部が寄付されます。
 インタビューやトークイベント、ワークショップなど言葉を核としたコミュニケーションの機会を創出してきたマザールは、女性の働きかたをクリエイティブにする復職支援に取り組む広告企画制作会社。年齢、地域、性別、肩書を超え、テーマに集うナナメのつながりを意識して、音楽ライブ・落語会・バザールなどを緑区拠点にこれまで開催してきた 。今回は、沖縄の豊かな自然のなかでジュゴンが暮らす海と共に生きる大切さを考えるドキュメンタリー映画の上映会とトークショーを企画した。辺野古で起きている問題を通して、東日本大震災で起きたその後の『日本の未来』を語り合う場にするねらい。震災から丸7年経つこの日に、石巻から届いたお母さんの手紙を朗読する時間も設け、現地の状況も伝えます。沖縄と東北に想いを馳せる場で、新たな気づきや出会いがあるかもしれない。
申し込み・お問い合わせは主催・有限会社マザール宛、HPかメール、お電話で。
http://motheru.jp/
obo☆motheru.jp(☆を@に換えて)
045-308-7047

2018/01/15
映画『ZAN ジュゴンが姿を見せるとき』大坂そして神奈川での上映!

映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』の大坂・シアターセブンでの上映がスタート。1月26日(金)まで予定となります。
http://www.theater-seven.com/2018/mv_zan.html
1/15(月)~1/19(金) 10:40(~11:58終)
1/20(土)~1/26(金) 14:00(~15:18終)

ぜひ、この機会に劇場で映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』をご覧ください。

2/4(日)からは神奈川県のカフェシアター「CINEMA AMIGO」での上映がスタートします!ぜひご覧ください。
http://cinema-amigo.com/movie/000636.html

2/4(日)12:30/20:00
2/5(日)~2/10(土)10:00/20:00

ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~ 市民上映会主催者募集中!
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50

オフィシャルサイト
http://zanthemovie.com/ja/home-japanese/

■映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』概要

沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人びとの声。ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。

ドキュメンタリー(73分)/2017年/日本
監督:リック・グレハン  プロデューサー:木佐美有
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50
http://zanthemovie.com/ja/home-japanese/

2017/12/15
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』の大坂・シアターセブンでの上映が2018年1月13日(土)~1月26日(金)予定となります。

映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』の大坂・シアターセブンでの上映が2018年1月13日(土)~1月26日(金)予定となります。
http://www.theater-seven.com/

公開初日は10:00~上映。上映後にリック・グレハン(監督)と、
木佐美有(プロデューサー)の舞台挨拶がございます。

ぜひ、この機会に劇場で映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』をご覧ください。

【上映日程・時間】
■1/13(土)・14(日) 10:00
■1/15(月)~19(金) 10:40
■1/20(土)~26(金) 14:00

【料金】
一般1,500円/専門・大学生1,200円/シニア1,100円
中学・高校生1,000円/小学生以下700円
シアターセブン会員1,000円
★その他 劇場規定の割引・サービスデー適用あり
※1/2からサービスデーが変わります
http://www.theater-seven.com/service.html

【初日トークショー】
★1/13(土)10:00の回上映後トークショー開催予定
リック・グレハン 監督
木佐美有さん(プロデューサー)
司会:関根健次(配給会社ユナイテッドピープル代表)

ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~ 市民上映会主催者募集中!
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50

オフィシャルサイト
http://zanthemovie.com/ja/home-japanese/

■映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』概要

沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人びとの声。ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。

ドキュメンタリー(73分)/2017年/日本
監督:リック・グレハン  プロデューサー:木佐美有
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50
http://zanthemovie.com/ja/home-japanese/

<リック・グレハン(監督)>
受賞歴のあるクリエイティブディレクターとして20年以上、広告制作業務に携わってきたリック・グレハン。2012年、日本初となるエシカル、サステイナブルというコンセプトを掲げたクリエイティブエージェンシー、イメージミルを設立し、ドキュメンタリー番組制作、企業、NGOのショートフィルム制作やブランディング業務を行ってきた。北アイルランド・ベルファストにて、政治活動に参加する家族の下で育ったリックはアクティビストとしての顔も持つ。自分の故郷で直面してきた問題と沖縄が抱える問題の間に共通点を感じながら、ジュゴンと辺野古を題材にした本作品の制作を決めた。

<木佐美有(プロデューサー)>
ニューヨークでの滞在を通して、日本、国際社会の問題への関心を深める。
帰国後、ライター、翻訳者、コーディネーターとして、企業の広告活動に携わる。2011年に発生した東日本大震災を機に、報道番組制作を通して、福島第一原発事故後の日本社会の様々な問題に取り組む。官僚、ジャーナリスト、デザイナー、エンジニアと関わる中で、分野を超えた表現や問題へのアプローチを追求する。現在、ライター、プロデューサーとしてイメージミルに所属

2017/11/21
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』大阪シアターセブンでの上映決定!

リチャード・グレハン監督によるジュゴンと沖縄、辺野古・大浦湾の自然を題材に したドキュメンタリー映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』大阪シアターセブンでの上映決定!
来年1月13日(土)より2週間予定で上映となります。

大阪シアターセブン
http://www.theater-seven.com/

名古屋シネマテークでは、12月16日~19日の上映。
http://cineaste.jp/

また、本作の市民上映会の主催者を募集しています!
https://www.cinemo.info/jisyu.html?ck=50

映画『ZAN』オフィシャルサイト
http://zanthemovie.com/ja/home-japanese/

2017/11/08
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』追加劇場公開のお知らせ

リチャード・グレハン監督によるジュゴンと沖縄、辺野古・大浦湾の自然を題材に
したドキュメンタリー映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』の東京の劇場ユジク阿佐ヶ谷での公開が今週末11月11日(土)よりスタート!
https://www.yujikuasagaya.com/zan

その他、名古屋シネマテークでは、12月16日~19日の上映。
http://cineaste.jp/

大阪シアターセブンでも上映が予定されています(日程未定)。

また、本作の市民上映会の主催者を募集しています!
https://www.cinemo.info/jisyu.html?ck=50

2017/10/03
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』横浜「シネマ・ジャック&ベティ」で公開中!

映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』横浜「シネマ・ジャック&ベティ」で公開中!

上映時間が9/30(土)~10/6(金)連日15:45~となります。

沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。
このジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。

詳細は劇場HPでご確認ください。
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1407/

また、映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』の上映者を募集中!
「ユナイテッドピープル・シネマ」では12/1から上映が可能となります。

▼市民上映会主催者募集!▼
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50

2017/09/20
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』横浜「シネマ・ジャック&ベティ」公開&トークショー

沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。
このジュゴンが棲む海で、いま何が起きているのか。

いよいよ9/30(土)横浜の映画館・ミニシアター
「シネマ・ジャック&ベティ」で公開!http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1407/
公開初日・2日目は、連日、リック・グレハン(監督)と、
木佐美有(プロデューサー)の舞台挨拶がございます。

10/1(日)は日本自然保護協会 安部真理子さんもトークに加わることになりました。

★お得な前売り券を1,300円にて劇場窓口やネットショップで販売中!

【上映期間】
・9/30(土)より10/6(金)連日15:45~ 予定

詳細は劇場HPでご確認ください。
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1407/

■映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』概要

沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人びとの声。ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にはどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。沖縄の豊かな自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海と共に生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。
ドキュメンタリー(73分)/2017年/日本
監督:リック・グレハン  プロデューサー:木佐美有
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50
http://zanthemovie.com/ja/home-japanese/

<リック・グレハン(監督)>
受賞歴のあるクリエイティブディレクターとして20年以上、広告制作業務に携わってきたリック・グレハン。2012年、日本初となるエシカル、サステイナブルというコンセプトを掲げたクリエイティブエージェンシー、イメージミルを設立し、ドキュメンタリー番組制作、企業、NGOのショートフィルム制作やブランディング業務を行ってきた。北アイルランド・ベルファストにて、政治活動に参加する家族の下で育ったリックはアクティビストとしての顔も持つ。自分の故郷で直面してきた問題と沖縄が抱える問題の間に共通点を感じながら、ジュゴンと辺野古を題材にした本作品の制作を決めた。

<木佐美有(プロデューサー)>
ニューヨークでの滞在を通して、日本、国際社会の問題への関心を深める。
帰国後、ライター、翻訳者、コーディネーターとして、企業の広告活動に携わる。2011年に発生した東日本大震災を機に、報道番組制作を通して、福島第一原発事故後の日本社会の様々な問題に取り組む。官僚、ジャーナリスト、デザイナー、エンジニアと関わる中で、分野を超えた表現や問題へのアプローチを追求する。現在、ライター、プロデューサーとしてイメージ
ミルに所属。

<安部真理子 (あべ まりこ)>
公益財団法人日本自然保護協会
自然保護部主任。社会人を経験後に琉球大学博士課程にてアザミサンゴの多様性に関する研究で博士号(理学)を取得。1997年に日本国内でのリーフチェック立ち上げに関わる。沖縄リーフチェック研究会会長、日本サンゴ礁学会評議員、沖縄県サンゴ礁保全推進協議会理事。現職である、日本自然保護協会では2010年4月より沖縄のサンゴ礁や日本の沿岸の保護問題を担当している。

2017/08/31
横浜シネマ・ジャック&ベティ前売券 映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』

ドキュメンタリー映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』横浜シネマ・ジャック&ベティの前売券は下記リンクから購入いただけます!

http://www.jackandbetty.net/shop/products/detail.php?product_id=1856

期間:9/30(土)~10/6(金)
劇場:横浜シネマ・ジャック&ベティ http://www.jackandbetty.net/
〒231-0056 横浜市中区若葉町3-51
アクセス:http://www.jackandbetty.net/access.html
販売価格(税込):
1,300 円

■ドキュメンタリー映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』横浜シネマ・ジャック&ベティで9/30(土)~劇場公開!
オフィシャルサイト:http://zanthemovie.com/
市民上映会申し込みサイト:https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50

横浜シネマ・ジャック&ベティにて9/30(土)~10/6(金)劇場公開となります!公開初日、2日目は監督及びプロデューサーによるトークショーを予定しております。ぜひ劇場で映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』をご覧ください。

トークショー:
9/30(土)、10/1(日)※時間調整中
http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/1407/

2017/08/17
映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』沖縄シアタードーナツで公開&トークショー

沖縄シアタードーナツにて映画『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』が9/1-27の間上映されます。初日の9/1(金)は、監督/プロデューサーのトークショー有り!ユナイテッドピープル代表関根も配給としてトークに参加します。
ぜひお近くの方はご来場ください。(要予約)
https://www.facebook.com/theater.donut/posts/1500056573389849

【緊急告知!】
映画「ZAN ジュゴンが姿を見せるとき」
上映&シネマトーク開催!
ゲストは3名!!!
監督:リック・グレハン
プロデューサー:木佐美有
そして、
配給:ユナイテッドピープルの代表:関根健次

日時:9/1(金)※電話予約20名先着
上映開始時刻:19:00~(73分)
MCは宮島真一(シアタードーナツ)で
映画上映後に30分程度のユンタクします。

【電話予約】20名限定!!
予約はシアタードーナツまで↓
070-5401-1072
【料金】1,300円(小学生は650円)
【場所】シアタードーナツ・オキナワ
沖縄市中央1-3-17-2F(胡屋バス停まえ2F)
近隣の駐車場情報等はHPをご覧下さい☆
http://theater-donut.okinawa/access.html

【上映期間】
・9/1(金)〜9/13(水)①13:00 ②19:00
・9/14(木)〜9/27(水)の上映時間は調整中
【予告編】
https://vimeo.com/221839070

【内容】
沖縄でジュゴンを探す旅に出た木佐美有が見た辺野古・大浦湾の自然の豊かさと米軍基地建設に向けた様々な立場の人々の声。ジュゴンとはどのような生き物なのか。辺野古・大浦湾にどのような生物が暮らしているのか。基地建設について、自然保護団体、研究者、抗議活動に参加する市民、地元地区の住民は何を思っているのか。そして、私たちは何を守らなくてはいけないのか。沖縄の自然の中での様々な発見、体験を通してジュゴンが暮らすこの海とともに生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー。
ドキュメンタリー(73分)/2017年/日本
監督:リック・グレハン
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=50

<リック・グレハン(監督)>
受賞歴のあるクリエイティブディレクターとして20年以上、広告制作業務に携わってきたリック・グレハン。2012年、日本初となるエシカル、サステイナブルというコンセプトを掲げたクリエイティブエージェンシー、イメージミルを設立し、ドキュメンタリー番組制作、企業、NGOのショートフィルム制作やブランディング業務を行ってきた。北アイルランド・ベルファストにて、政治活動に参加する家族の下で育ったリックはアクティビストとしての顔も持つ。自分の故郷で直面してきた問題と沖縄が抱える問題の間に共通点を感じながら、ジュゴンと辺野古を題材にした本作品の制作を決めた。

<木佐美有(プロデューサー)>
ニューヨークでの滞在を通して、日本、国際社会の問題への関心を深める。
帰国後、ライター、翻訳者、コーディネーターとして、企業の広告活動に携わる。2011年に発生した東日本大震災を機に、報道番組制作を通して、福島第一原発事故後の日本社会の様々な問題に取り組む。官僚、ジャーナリスト、デザイナー、エンジニアと関わる中で、分野を超えた表現や問題へのアプローチを追求する。現在、ライター、プロデューサーとしてイメージ
ミルに所属。

<関根健次 >
ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役
一般社団法人 国際平和映像祭 代表理事
1976年生まれ。ベロイト大学経済学部卒(アメリカ)。大学の卒業旅行で世界半周の旅へ出る。途中偶然訪れた紛争地で世界の現実と出会い、後に平和実現が人生のミッションとなる。2002年に世界の課題解決を事業目的とする非営利会社、ユナイテッドピープル株式会社を創業。2009年から映画事業を開始。2011年から国連が定めたピースデー、9月21日を広める活動を開始。同年、一般社団法人国際平和映像祭を設立しピースデーに毎年国際平和映像祭(UFPFF)を開催している。2016年4月から世界一周の旅へ出て7月から4月までの9ヶ月間は21世紀の理想的国家として注目されるコスタリカに暮らした。著書に「ユナイテッドピープル」がある。

https://www.facebook.com/theater.donut/posts/1500056573389849