バベルの学校

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら


<オンライン開催>超多国籍学校の感動ドキュメンタリー "バベルの学校"上映会&ダイアローグ

開催日
08/17
AREA
東京都

Peatixからチケット購入をお願いします。
http://ptix.at/OpNNmC

前回開催時に反響大! 追加開催決定!
前回(4/26)開催時のアンケートにて、映画およびダイアローグに対して100%のポジティブ回答。
 「日本の学校にも様々な国籍の子供たちがいますが、今回見た適応クラスのようなしっかりとサポートできるような体制はなく、最初は衝撃を受け、口があきっぱなしでした。しかし映画が進むにつれて、先生の忍耐強い指導や最後の子どもたち様子を見て、日本の学校の様子とも共通していることもあるなと思いました。色々な方の経験や考えも聞けて、また見聞が深まりました。」
 「あっという間の3時間でした。いまの気分と関心にとてもタイムリーなテーマで、深く考えさせられました。多くの人に観ていただきたいですし、感想シェアしたいです。」
他、多数のポジティブ意見あり!

24人の生徒、20の国籍、24のストーリー。 フランス中を感動に包んだドキュメンタリー。
舞台はパリの中学校。世界の縮図のようなクラスが1年後にたどりつく先は…?

▼予告編をチェック!
https://www.youtube.com/watch?v=yLiEpcnydBs

アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。世界中から11歳から15歳の子どもたちがフランスにやって来た。これから1年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。 24名の生徒、20の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。そんな先入観をいい意味で裏切り、私たちに未来への希望を見せてくれる作品。

▼メディア参考情報
教育現場はグローバル化に対応できるか:映画『バベルの学校』に学ぶ多文化共生の実践
https://wired.jp/2015/02/01/school-of-babel/
その後、子どもたちは?映画『バベルの学校』 監督&教師ティーチイン フランス映画祭2014
https://www.youtube.com/watch?v=1Byu7DAAmSk

映画「バベルの学校」は2013年にフランスで公開。日本では2015年から公開開始、200回以上の自主上映会が開催されてきました。日本でもグローバル化など様々な多様化が加速している今、異なる言語、異なる文化を持つ子供たちが共に共感し、学び合う姿から、多様化した社会で求められる「学び」について考えていきます。
映画視聴後は、参加者の皆さんとのグループダイアローグを行います。

▼日時 2020年8月17日(月) 19:30~22:00
▼会場 ZOOMオンラインのみです
 ※当日は、Peatixから届いている「チケットお申し込み詳細」メールにある「イベント視聴ページ」からアクセスするか、チケットページから「イベントに参加」をクリックしてください。
 ※ZOOM利用が初めての方は事前にアクセスしてください。PC、モバイル端末にアプリがダウンロードされます。
 ※イヤホン、スマートフォンスタンド、Webカメラがあると便利です。
▼定員 50名
▼参加費
  早割&SNSシェア割(数量限定)  1200円
  前売チケット(前日深夜まで)   1500円
  ブログ,noteレポート割(数量限定) 800円
  通常チケット           2000円
  紹介参加割チケット        1200円(前回参加者からの紹介が必要)
   ※紹介参加割の方は、申込フォームの最後の備考欄に「紹介者名」を必ず記入してください。

※映画の権利の関係上、参加出来るのは日本国内在住者のみです。

▼タイムスケジュール
19:30 イントロダクション&チェックイン(ブレイクアウトセッション)
19:40 「バベルの学校」オンライン上映
21:15 グループダイアローグ
22:00 終了
    終了後22:30まではZOOM会場は開けておきます。

※ 領収書はPeaitxでの申込後の「お申込み詳細」のメールの本文中の「領収データ」をクリックすると領収書が表示されます。
※ コンビニATM支払いは受け付けておりません。
※ お客様都合による当日キャンセルは受付ておりません。
※ 写真および動画撮影が入ります。SNS等でシェアされることもあるかと思いますので、予め御了承の上、ご参加ください。

▼ファシリテーター
小林 誠司(ミライプラス 代表)
ソニー株式会社に新卒入社。画像処理などの技術開発に従事。100以上の特許出願、社内MVP受賞。 世界初4K外科内視鏡などの製品化に技術開発シニアマネジャーとして貢献。その後、人事にて人材開発、キャリア支援を通じ社員の学びに携わる。2019年末に退職して独立。子どもたちが好奇心を持ち、自ら学び、考え、チャレンジする世界を作ることを目指し、ミライプラスを設立。ビガーゲーム認定トレーナー。
Re・Rise News 「すべての子どもたちがキラキラと輝いている世界を創りたい」
https://note.com/rei_sakura_326/n/n617a81020aa3

木村 智浩(株式会社ガイアックス ブランドマネージャー)
早稲田大学卒業後、ガイアックスにて、営業、新卒採用、広報IR、経営企画、事業立ち上げ(国内トップシェア獲得)等、幅広く経験。MVPを最多受賞。現在は、人事労務・広報IRを担当しつつ、コミュニティを中心としした新しい組織づくりを推進。
4児のパパで、モンテッソーリ教育を学ぶ。子どもたちはモンテッソーリスクール、また、山梨県南アルプス市の体験型学習中心の自由学校に通う。国家資格キャリアコンサルタント。お茶の水教育カレッジEDUPLAでは、ロジカル育児ゼミを担当。元ソニー上席常務の天外伺朗の天外塾で、「ティール時代の教育と子育て」( http://www.officejk.jp/#001 )が開講。

▼主催 GRID CINEMA/ミライプラス
ミライプラス
https://www.facebook.com/groups/444233106405141/
ミライはどんな世界でしょうか?
AIやロボットによって本当に仕事が奪われてしまうのでしょうか?
アトムやドラえもんで見たミライはワクワクしませんでしたか?
そんな楽しい未来、明るい未来を創るのは子どもたち。子どもたちが好奇心を持ち、自ら学び、考え、そしてチャレンジする世界を作る、それが私の願いです。ミライに輝きをプラス!

GRID CINEMA
<カジュアルスタイルの映画イベント>
NagatachoGRIDでは映画イベントを自主開催、サポート開催します。
せっかく映画を観るのであれば今までとは違う視点で鑑賞するというのはどうでしょうか?
テーマを深掘りするゲストをお呼びしてトークを交えた交流会も同時開催。ちょっと新鮮な価値観に触れ、その場で語り合う仲間に出逢う場。

【個人情報の取り扱いについて】
ご入力いただいた個人情報は、イベント主催者および株式会社ガイアックス、NagatachoGRiDのイベントの連絡および告知の目的にのみ利用させていただきます。ご記入いただいた情報を適切に管理し、特段の事情がない限り本人に承認なく第三者に開示、提供することはありません。

Data

上映日 2020/08/17 登録者 GRiD CINEMA
会場 オンライン
東京都
募集人数 50名
料金 2000 問合せ先 http://ptix.at/OpNNmC
https://www.facebook.com/events/276783493588168/

Member(1)