都市を耕す エディブルシティ

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら


【オンライン】第19回 haishop×KITCHEN MANE ソーシャル映画祭

開催日
12/22
AREA
神奈川

映画を通して見えない景色を学び、
多くの方の行動を変えるきっかけになることを願い、
毎月haishop ソーシャル映画祭を実施します。
※映画の権利の関係から、参加できるのは日本国内在住の方のみですので、ご了承ください※

今回は「都市を耕す エディブルシティー」を上映いたします。

新鮮で安全なお野菜。
普段お店で買うことが多いですが、本当の意味で新鮮なお野菜を食べていますか?
畑を耕すということは新鮮で安全な野菜を手に入れること以外にも
人と繋がることのできるきっかけになるそうです。
今一度、お野菜を作るということに目を向けてみましょう。

[イベント概要(19:00開演)]
19:00 イベントスタート・主催者挨拶
19:10 上映スタート
20:10 上映終了・グループディスカッション
20:40 イベント本編終了・おしゃべり会スタート(有志の方のみ)
21:00 有志によるおしゃべり会終了

[会場] オンライン
後日zoomリンクをpeatix経由でお送りいたします。

[料金] 一般1,000円 大学生以下800円
[お申込方法]
PEATIXから申込(定員:オンライン100名 定員になり次第締切)
https://haishop-mane-filmsforsocialchange-ediblecity.peatix.com
[問い合わせ]
TEL:045-323-9863 / MAIL:hello@haishopjapan.com

[上映作品]
「都市を耕す エディブルシティー」
舞台はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。
「空き地で、食べ物を作れるんじゃない?」

経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市を舞台に一部の市民が始めたアスファルトやコンクリートをガーデンに変えて行く活動。
それが共感を呼び、世界に大きなうねりを生んでいます。

「食が重要視されないなら 市民がその重要性を訴えるだけ」

「(社会の中で)問題は山積みだけど 食なら人々の力で変えられる」

そんな思いから、健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。
そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。
卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリー。

原題:Edible City
製作年:2014年
製作国:アメリカ
制作:イーストベイピクチャーズ
配給:エディブルメディア
時間:56分

-haishop-
haishopは、おみやげを通して、今地球上で起きている食料廃棄問題、 気候危機、ジェンダー問題、地方衰退など、 様々な課題を知ってもらい、共感してもらい、” ライフスタイルを少しだけ変えてみよう” と思う人を増やすことで、地球を守りたいという想いで活動しています。
HP:http://haishopjapan.com
Instagram:https://www.instagram.com/haishop_japan/
Facebook:https://www.facebook.com/haishopjapan

-KITCHEN MANE-
KITCHEN MANEは、"飲食店の新しい価値の創造する” という考えのもと、行動を起こし続けています。
「価格を決めないレストラン』とすることで、 新しい飲食店の価値を創造します。
“社会的課題に纏わる背景を知るきっかけ”にしてほしい。
そして、社会課題を知った人たちが『行動を起こす』 ことを目標とし、料理の提供だけではなく「 学生達が描いたメニューを実際にリアルな社会に提供する」など、
様々な角度から社会問題を発信しています。
HP:https://kitchen-mane.therestaurant.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/kitchen_mane_/

Data

上映日 2021/12/22 登録者 haishopソーシャル映画祭
会場 オンライン
神奈川県
募集人数 20名
料金 大人:1000円 大学生以下:500円 問合せ先 TEL:045-323-9863 / MAIL:hello@haishopjapan.com

Member(0)