News パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~

2014/07/24
【予約販売開始!】ドキュメンタリー映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』

───────────────────────────────────
【予約販売開始!】ドキュメンタリー映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』
http://unitedpeople.jp/p2p/dvd/
───────────────────────────────────

2014年8月1日いよいよドキュメンタリー映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル -
グローバルからローカルへ -』のDVDが発売となります。先行予約販売受付を
開始しました。どうぞこの機会にお求めください。
※お届け日は、8月1日以後となります。

本作は、自然エネルギーのドキュメンタリー映画のバイブル的映画となっており
ISEP環境エネルギー政策研究所を含む多くの自然エネルギー団体が上映しています。
5月には、細川・小泉両元首相が立ち上げた団体、自然エネルギー推進会議の
設立イベントでも予告編が上映されました。

▼詳細・DVDのお求めはこちら▼
http://unitedpeople.jp/p2p/dvd

価格:4,000円(税別) 送料350円(日本国内に限る)

”人々にパワーを” これこそ究極の民主化といえるでしょう。

『パワー・トゥ・ザ・ピープル』には、オランダで再生可能エネルギー普及に
取り組む活動家や、10年かけてデンマークのサムソ島を100%クリーンエネルギー
化を実現し、2008年にTIME誌の「環境ヒーロー」に選出されたソーレン・
ハーマンセンの取り組みなどを紹介する、私たちに勇気や力を与えてくれる
明るいビジョンに満ち溢れたドキュメンタリーです。

人口4200人のサムソ島は、本土の電力会社を通さずに電力を確保するため、
海上風力発電と太陽光による自家発電を取り入れているほか、農業中心の土地柄
を利用してバイオマスやバイオ燃料を製造しています。その結果、余剰電力を
売って利益を得ることができることになっています。

オランダのテセル島でもサムソ島のような取り組みが始まっています。エネル
ギー協同組合を設立し、再生可能エネルギーの生産に島民を参加させ電力の自給
自足を目指しているのです。さらにオランダでは、顔の見える住民同士が大企業
に頼らず、自分たちで運営するグループ保険『ブラッド基金』が広がりを見せて
います。この基金は、地域住民がお金を出し合い、困ったときに資金を融通する
住民同士の信頼に基づいた保険です。

本作のナビゲーターは、第三次産業革命の提唱者のジェレミー・リフキン。彼は
欧州委員会、メルケル独首相をはじめ、世界各国の首脳・政府高官のアドバイザー
を努めているエネルギー革命のキーパーソンで、分散型の再生可能エネルギーと
ネットの融合で、資本主義と共産主義の良い点を取り入れた、持続可能な新たな
経済システム、分散型資本主義へと移行ができると訴えています。

「大きな社会」から、顔の見える「小さな社会」へ、グローバルからローカルへ。
大手電力会社に頼らず自らエネルギーを創出する住民グループたち、大手保険
会社ではなく、顔の見える者同士がお金を出しあって作った基金など、新しい
経済システムへ移行が始まっています。

地域でお金もエネルギーも循環し、人々が活き活きと自らのエネルギーを活かし
て働く様子が描かれています。まさに、パワー・トゥ・ザ・ピープル。人々に
電力を!人々に力を!市民が主導権を握る、新たな時代へようこそ!

作品名:パワー・トゥ・ザ・ピープル 〜グローバルからローカルへ〜
原題:Power to the People
制作:VPRO
監督:サビーヌ・ルッベ・バッカー
配給:ユナイテッドピープル
協力:WWFジャパン
オランダ/2012年/49分

2014/07/22
8月30日(土)13:30~練馬区立区民・産業プラザにて上映!

「練馬に市民発電所をつくる会設立準備会」は、「練馬グリーンエネルギー」として正式発足する運びとなり、8/30(土)に設立イベントを開催することになりました。

「パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~」の上映に加え、講演・ワークショップと、もりだくさんの内容です。
練馬にお住まいの皆さんはもちろん、区外の皆さんもぜひお気軽にご来場ください。

日時:8月30日(土)13:30~
場所:練馬区立区民・産業プラザ 研修室1(練馬区練馬1-17-1)
<プログラム>
13:30~ 映画『パワー・トゥ・ザ・ピープル』上映
14:30~ 講演「ひろがる市民発電事業 ―多摩電力の実践から」
       (山川勇一郎氏/一般社団法人多摩循環型エネルギー協会理事)
15:30~ ワークショップ「練馬でさがそう! 市民発電のできそうな場所!」
       (東京ソーラー屋根台帳を使って、実際に候補地をさがしてみます。)

☆「(仮)練馬に市民発電所をつくる会設立準備会」のFacebookにも、上映会情報、イベント情報を掲載しました。こちらもご覧ください!
https://www.facebook.com/nerima.power?fref=ts

2014/06/24
cinemoグランドオープンキャンペーン!【第2弾】上映費用半額!!

ユナイテッドピープル運営の市民上映会プラットフォーム「cinemo(シネモ)」。
6月13日のグランドオープンを記念したキャンペーン第2弾の発表です!

【【ユナイテッドピープル社員がこの夏に薦める3作品、上映費用半額!!】】

この夏にお薦めの3作品を期間限定で
上映保障料金半額(1万5千円/2万5千円(税別))でご提供いたします!

●上映費用1万5千円なら…
・身近なカフェにお友達を15人集めて、
  一人1,000円の参加費で上映。

・上映権を“大人買い”して、大切な人とじっくり鑑賞。

●2万5千円なら…
・ご自宅にお友達9人を招いて、みんなで鑑賞。
  軽い飲食代も含めて参加費3,000円で上映。

…といった形で、通常よりも手軽に上映会を開催していただけます。
これまで上映会を開催したことが無い方も、
この機会にぜひ一度チャレンジしてみてください!

▼お申込み受付期間:本日〜7/10
▼上映会開催期間:9月末まで

対象作品は以下の3つです。


1.『LIGHT UP NIPPON』(上映費用1万5千円)
夏と言えば花火!
手元でやる花火も、打ち上げ花火も、私たちの心をワクワクさせてくれますよね。
『LIGHT UP NIPPON』はそんな花火の人を元気にする力を信じて、
またお盆の時期に鎮魂の気持ちを込めて、
東日本大震災から5ヶ月後の2011年8月11日に、
東北地方一帯で花火大会を開催した感動のドキュメンタリーです。
ナレーションは女優の黒木瞳さんが担当。テーマ曲と音楽には坂本龍一さんが参加。
東北を、そして日本中を明るく照らした花火を、今映像で味わいませんか?
東北復興支援のイベント等でもよく上映されている作品です。

作品詳細→ https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=24

《通常上映料金》1日ライセンス:最低保障料金30,000円 又は 動員人数×500円

《キャンペーン料金》1日ライセンス:最低保障料金15,000円 又は 動員人数×500円


2.『パワー・トゥ・ザ・ピープル』(上映費用1万5千円)
クールビズの季節ですね。
エネルギーの大切に使っていくことはもちろんのこと、
持続可能なエネルギーに切り替えていくことも、
これからの日本の課題と言えるのでないでしょうか。
本作品は、ヨーロッパにおける再生可能エネルギーの広がりを
追ったドキュメンタリーです。
ただ、エネルギーの話だけに終わるのではなく、
グローバルからローカルへの転換の重要性も描いています。
エネルギーの自立を果たした人々が、
力強く、まさに心の”エネルギー”を得て、
活き活きと暮らし始める様子も見所です。

作品詳細→ https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=19

《通常上映料金》1日ライセンス:最低保障料金30,000円 又は 動員人数×500円

《キャンペーン料金》1日ライセンス:最低保障料金15,000円 又は 動員人数×500円


3.『台北カフェストーリー』(上映費用2万5千円)
大切な人とほっとする一時を過ごしたい、というあなたにぴったり。
ユナイテッドピープル配給作品のなかで唯一ドキュメンタリーではない本作。
とある姉妹がオープンした台北のカフェ。
ひょんなことから「物々交換」がはじまり、評判になっていく。
交換するモノの持ち主との交流を通じ、
姉妹は次第に自分の人生を見つめ直していく…。
キュートでおしゃれで心温まる本作品とともに、
冷たいカフェオレでも飲みながら、おだやかな時間を過ごしませんか?

作品詳細→ https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=25

《通常上映料金》1日ライセンス:最低保障料金50,000円 又は 動員人数×500円  ※税別

《キャンペーン料金》1日ライセンス:最低保障料金25,000円 又は 動員人数×500円  ※税別


※動員人数×500円が最低保障料金を超えた場合は超過分を加算して請求いたします。
※1日毎に料金が発生します。


第3弾は7/11頃発表予定です!