ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:堀 潤
監督:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ
監督:吉村瞳
監督:アンドリュー・ヒントン、 ジョニー・バーク
監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ

パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~

ジャンル 環境 政治経済 生活医療 科学技術 社会変革 問題解決
時間 49分 製作年2012年  監督 サビーヌ・ルッベ・バッカー

人々に力を!人々に電力を!
自然エネルギーにエネルギー転換を実現し、小規模分散型社会を実現しているデンマークなどの事例を紹介する自然エネルギー業界ではバイブル的なドキュメンタリーとして紹介され続けている作品!

「15年前にデンマークの小さな島で出会った一人の男が掲げた「未来への夢」が、今やかたちとなり、世界中の人々に光と力を与えている。

3.11後の日本に生きる私たちには、すでに技術も政策も資金も方法もある。今こそ、石油や核の独占と争いから、太陽による平和と自立へと、自分自身の手で未来を取り戻した彼の挑戦の後に続くべき時だ。

未来は予測するものではなく、選び取るものなのだから。」
- 飯田哲也 (ISEP環境エネルギー政策研究所所長)

Screening Information

上映会 開催者募集

About the film

 ”人々にパワーを” これこそ究極の民主化といえるでしょう。

『パワー・トゥ・ザ・ピープル』には、オランダで再生可能エネルギー普及に取り組む活動家や、10年かけてデンマークのサムソ島を100%クリーンエネルギー化を実現し、2008年にTIME誌の「環境ヒーロー」に選出されたソーレン・ハーマンセンの取り組みなどを紹介する、私たちに勇気や力を与えてくれる明るいビジョンに満ち溢れたドキュメンタリーです。

More info

人口4200人のサムソ島は、本土の電力会社を通さずに電力を確保するため、海上風力発電と太陽光による自家発電を取り入れているほか、農業中心の土地柄を利用してバイオマスやバイオ燃料を製造しています。その結果、余剰電力を売って利益を得ることができることになっています。

オランダのテセル島でもサムソ島のような取り組みが始まっています。エネルギー協同組合を設立し、再生可能エネルギーの生産に島民を参加させ電力の自給自足を目指しているのです。さらにオランダでは、顔の見える住民同士が大企業に頼らず、自分たちで運営するグループ保険『ブラッド基金』が広がりを見せています。この基金は、地域住民がお金を出し合い、困ったときに資金を融通する住民同士の信頼に基づいた保険です。

本作のナビゲーターは、第三次産業革命の提唱者のジェレミー・リフキン。彼は欧州委員会、メルケル独首相をはじめ、世界各国の首脳・政府高官のアドバイザーを努めているエネルギー革命のキーパーソンで、分散型の再生可能エネルギーとネットの融合で、資本主義と共産主義の良い点を取り入れた、持続可能な新たな経済システム、分散型資本主義へと移行ができると訴えています。

「大きな社会」から、顔の見える「小さな社会」へ、グローバルからローカルへ。大手電力会社に頼らず自らエネルギーを創出する住民グループたち、大手保険会社ではなく、顔の見える者同士がお金を出しあって作った基金など、新しい経済システムへ移行が始まっています。

地域でお金もエネルギーも循環し、人々が活き活きと自らのエネルギーを活かして働く様子が描かれています。まさに、パワー・トゥ・ザ・ピープル。人々に電力を!人々に力を!市民が主導権を握る、新たな時代へようこそ!

Data

原題 Power to the People 製作年 2012年
製作国 オランダ 制作 VPRO
配給 ユナイテッドピープル 時間 49分

Cast & Staff

監督 サビーヌ・ルッベ・バッカー 製作総指揮
プロデューサー 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト マーヤン・ミネスマ ソーレン・ハーマンセン ジェレミー・リフキン

Review(3)

14/04/30 14:56

関根健次 さんのレビュー
元気 役立ち 学び
小規模分散型社会の実現のために取り組んでいる先駆者達の姿に奮い立ちます!グローバルからローカルへ。この移行が22世紀の持続可能社会の実現のためのキーワードだと思いますが、本作品はその良い事例を観ることができます。
漫画で楽しむ『パワー・トゥ・ザ・ピープル ~グローバルからローカルへ~』もどうぞ!
http://unitedpeople.jp/p2p/mang

14/05/15 12:02

うっちー さんのレビュー
元気 役立ち 学び
ただたんにエネルギーを原発から再生可能エネルギーに変えればいいという内容ではありません。なんでもお任せ、お金をだせばなんでも手に入る世界から、電力や保険など自分たちの生活の必要な仕組みを、自分たちのつながりを生かして、自分たちで考えつくりだしていく・・・新しい世界の作り方です。村上春樹の「壁と卵」のスピーチを思い出します。私たち”卵”は”壁”(システム)に依存していますが、そのシステムも壊れかかっている。だったら私たちの顔の見える小さな規模で作り直していこうじゃないか。そんな風に思えました。非常に希望と勇気を与えられる内容でした。

17/09/27 20:07

kenshi さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
規模の小さい社会作りを心がけ、
電力、保険をも自給自足する地域の信頼やパワーにとても感心した。

「顔の見える」というワードが、とても人間味があってとても素敵だなと思った。

分散型資本主義という考え方はこれからの世界にとても必要なものだと感じた。

簡単ではないけれど、税金を使って、全ての家庭に太陽光発電を取り入れるくらいの動きがあってもいいのではないだろうか。

とてつもないスピードで機械化が進んでいる。
これからは確実に自分たちで生き抜く力が求められる。

今からの生き方にとって強く参考になる作品だった。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
市民に力を!!
地域おこし舎 2021年10月02日
福岡県柳川市で活動している柳川SDGsブースタークラブが、柳川市市民協働事業の一環として、上映会を開催しました。

再生可能エネルギーの話が中心でしたが、後半ではそれに止まらずに、市民が自発的に地域限定で保険システムを立ち上げる様子も紹介されていました。

自分たちの住みたい街は自分たちでつくる
自分たちの欲しい未来は自分たちでつくる

そんな勇気をもらうことができた映画でした。

終了後に、観た人同士で感想を話し合う交流会を設けましたが、映画の内容はもちろんですが、そこからどんどん話が広がって、とても充実した時間となりました。

またこのような上映会を企画していきたいと思っています。

パワー・トゥ・ザ・ピープルを上映して
約10年前のデンマークを中心に地域が主導して自然エネルギーの事業を立ち上げる人々の姿を描いていますが、その姿は今でもとても新鮮で、感動することができました。これらのコミュニティエネルギーへの取組みは、日本国内でも3.11以降、全国でご当地エネルギーや市民電力として動き始めましたが、その先駆けになるものです。2050年カーボンニュートラル、自然エネルギー100%に向かおうとしている今だからこそ、観たい映画です。


CBCTV 2021年06月19日

協力と信頼と行動
GRiD CINEMA 2021年06月13日
『パワー・トゥ・ザ・ピープル』上映会をオンラインで開催しました。オランダやデンマークの市民電力や協同組合を描いた本作は、50分に満たない短い作品ですが、豊富なヒントが詰まった素敵な作品でした。

上映後には、日本で市民電力を実際に行なっている長野県上田市の藤川まゆみさん、グリーンピース・ジャパンの鈴木かずえさんによるゲストトークを行いました。お二人とも、ヨーロッパの市民の行動から触発されるものがあったそうで、とても良い感想を伝えてくださいました。

参加者によるダイアログも盛り上がりました。エネルギーの自治は、地域社会のさまざまな協力に及びます。映画に出てくる言葉「協力と信頼、そして行動」の大切さを皆さんで共有することができました。