ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

シャドー・ディール 武器ビジネスの闇

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:アヴィダ・リヴニー
監督:アレクサンドリア・ボンバッハ
監督:リック・グレハン
監督:ダーヴィド・グロス
監督:吉村瞳

シャドー・ディール 武器ビジネスの闇

ジャンル 平和 政治経済
時間 90分 製作年2016年  監督 ヨハン・グリモンプレ

知的で辛辣!世界中で公開されるべき作品。 ─ Variety誌

《エディンバラ国際映画祭2016 ドキュメンタリー最優秀作品賞》
《グアナファト国際映画祭2016 長編特別賞》
《バリャドリッド国際映画祭2016 ドキュメンタリー最優秀作品賞》

無数の命を奪った人間が私腹を肥し、突如日常を粉々に砕かれた人々は置き去りのまま。生々しい現実が、映画から浮かび上がる。この現状を少しでも変えたいのならまず、恐怖を煽る言葉の前で一度立ち止まり考えたい。権力者が恣意的に口にする「テロ」とは何を指し、誰を攻撃するものなのか、と。
ー 安田菜津紀(フォトジャーナリスト)

「戦争は政治の継続」(クラウゼヴィッツ)ではなかった。逆に、政治のほうが戦争の継続だった!
兵器産業の使い走りと化した現代政治の真実の一端がここにある。
ー 山形浩生(翻訳家、評論家)

その他コメント https://unitedpeople.jp/shadow/rv

Screening Information

上映会 開催者募集

©Shadow World Productions, LLC

About the film

“人を殺すための道具”である武器。戦争が続く限り需要が無限に生まれる──。
莫大な利益を生む国際武器取引を暴く、衝撃のドキュメンタリー!

More info

世界は武器であふれているのに、この実態は詳しく知られていない。映画『シャドー・ディール 武器ビジネスの闇』は、金と権力と個人の野望が、国家の安全保障や世界平和、人権や開発よりも優先される国際武器取引の実態を描く衝撃のドキュメンタリーである。監督は、アーティストでもある映画監督ヨハン・グリモンプレ(『ダイアル ヒ・ス・ト・リー』(1997))、原作は世界的に高い評価を受けているアンドルー・ファインスタイン著 『武器ビジネス:マネーと戦争の「最前線」』 である。映画には、著名なジャーナリストであるエドゥアルド・ガレアーノの作品もいくつか取り入れられている。

この映画は、告発者、検察官、軍事産業関係者などの証言を通じ、武器の国際取引を取り巻く政府や軍隊、情報機関や軍事会社、武器商人や代理人の複雑な関係を浮き彫りにするだけでなく、武器ビジネスがどのように腐敗を助長し、外交や経済政策を決定づけ、民主主義をないがしろにし、果てしない苦悩をもたらすのかを明らかにする。最終的に、戦争の真の代償、武器取引の仕組み、いかに戦争兵器が市民の安全を確保するのではなく市民に向けて使われるようになるのかを暴いていく。この映画は、現実の闇に光を当てることで戦慄の実態を赤裸々に晒しているが、それはよりよい未来の構築を切望してのことである。

Data

原題 Shadow World 製作年 2016年
製作国 アメリカ,ベルギー,デンマーク 制作
配給 ユナイテッドピープル 時間 90分

Cast & Staff

監督 ヨハン・グリモンプレ 製作総指揮
プロデューサー ジョスリン・バーンズ、アナディル・ホサイン 原作 アンドルー・ファインスタイン著 『武器ビジネス:マネーと戦争の「最前線」』
脚本 ヨハン・グリモンプレ、アンドルー・ファインスタイン 音楽 カルステン・ファンダル
撮影 ニコール・マッキンレー・ハーン 編集
キャスト エドゥアルド・ガレアーノ(声)、アンドルー・ファインスタイン、デイヴィッド・リー、ヘレン・ガーリック、リッカルド・プリヴィテラ、ピエール・スプレー、ヴィジャイ・プラシャド、マルタ・ベナヴィデス、ローレンス・ウィルカーソン、クリス・ヘッジズ、ジェレミー・スケイヒル 他

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します

衝撃の事実に一様に無言
社民フォーラム青森 2022年07月31日
猛暑の中、予想よりも多く参加してくださいました。
上映後、衝撃の事実に一様に無言になっているように思えました。武器の取引を通して利益をうむビジネスがあるから戦争は終わらない。そういう事実にウクライナも利用されていると感じ、絶望感を感じました。アメリカやイギリス、サウジアラビアの関係も良く分かりました。他国の人間の命より、武器ビジネスによる利益を優先するアメリカでオバマ大統領まで含まれていたのはショックでした。
参加者の意見・感想で、「誰がどういう人か、わからなかった。」「字幕が見えにくかった。」という意見もありました。
次回開催時には、会場選びや日本語吹き替え版など工夫が必要だと思いました。

自分たちの生きたい世界を考える
YoubeYou株式会社 2022年07月28日
世界のリーダーたち、権力を持つ人たち(大国の首脳たち)のパワーゲームとは、そのまま武器ビジネスのゲームであり、お金のゲームであることがわかる映画。

圧倒的な情報量、暴かれる裏側に、1度見ただけではついていけない感覚を覚えるだろう。また、彼らのゲームの結果止むことのない戦争では、社会の最も普通で脆弱な人々が容赦なく命を奪われることも、描かれる。

上映後はほぼみな、放心状態に。しかし、そこで力を失ってしまっては社会を変えていくことはできない。NVC(非暴力コミュニケーション)の手法を使い、映画を見て沸き起こってきた心の中のザワつく感情に名前をつけてみる。

「怒り」「憤り」「うんざり」「諦め」「麻痺した感覚」「悲しい」「力が抜ける」……

それを各自が発表し、聞いた側は、「そのような感情を持っているのは、本当は何を求めているからなのか」を、配布されたカードの中から選んで示していった。

すると、「怒り」や「諦め」を感じているのは、本当は「希望」や「共に生きること」「正直さ」「成長」が、どんな社会にもあってほしいからなのだ……ということがわかってくる。

重たいテーマの映画だが、私たちの望む未来は「これ」ではない。対話を経て、それぞれの参加者は自分が社会に何を望むのかが明確になったようだった。そのことを手放さないことが、自分が平和に向かってできること。最後に皆で確認し希望を持って上映会を終えることができた。

いろんな地域から平和を考える
10時の会は、会場が2名、オンライン1名、1330はオンライン1名、19時はオンライン5名と、長野や千葉、埼玉といろんな地域からの参加となりました。
ロシアのウクライナ侵攻から数ヶ月立ち、世界の現状はどうなっているか知りたかった、という感想や、選挙前のタイミングで、政治家の戦争に関する公約を改めて知るきっかけになったという感想があった。

Rolling20'sシネマ シャドー・ディール 武器ビジネスの闇
「武器取引は、表向きの世界のと影の世界、政府と商業と犯罪行為の錯綜するネットワークであり、われわれをもっと安全にするどころか、たいていは豊かではなく貧しくする。そして、われわれのためではなく、自己の利益に奉仕する少数のエリートの利得のために管理され、見たところ法律が及ばず、国家安全保障の秘密主義に守られ、誰に対しても説明責任を負うことはない。」本『武器ビジネス(上)』アンドルー・ファインスタイン、序文から。
この指摘は、身近にも感じていることを手短に、正確にして記していると思う。知らなかった自分、気づいていなかった自分、見て見ぬふりしていた自分が、この映画を観てそんな自分に気づいてしまった後にどうするのか。それを問われていると思う。

この序文の最後にこうある。
「旅の終わりに、筆者は読者がこう問うてくれることを願っている。みんなの生活に影響をおよぼすこの影の世界について、われわれ資金提供者はもっとはるかにたくさんのことを知るべきではないかと、政治家や軍部、情報機関、捜査官、検察官、製造会社、そしてディーラーにもっと高い透明性や説明責任を要求すべきではないかと。そして、われわれはこの世界を荒廃させる影から抜けだすべきではないかと。」
指摘に耳を傾けながら、この映画を鑑賞したい。