ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

アレッポ 最後の男たち

上映会開催可能期限:2026-02-28

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

アレッポ 最後の男たち

ジャンル 平和 人権 その他
時間 104分 製作年2017年  監督 フェラス・ファヤード

<第90回アカデミー賞ノミネート作品>長編ドキュメンタリー部門 ほか世界中の映画祭で合計23賞受賞!

UNHCR難民映画祭2018 満足度No.1映画!待望の日本劇場公開。
シリア、瓦礫と化す街で一人でも多くの命を救うため、決死の救助活動を行うホワイト・ヘルメット(民間防衛隊)に迫る衝撃のドキュメンタリー。

「空爆」という漂白された言葉の向こうに広がる、あまりにも過酷、だが同時に、あまりにも人間的な真実。この映画を観るまで、僕はその想像力をまったく欠いていた。
ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティ)

Screening Information

2019/08/21
[ 神奈川県 ] 『8/21(水)アレッポ 最後の男たち』@ナマケモノ倶楽部(カフェゆっくり堂in戸塚)
2019/09/03
[ 福岡県 ] SDGsシネマ市民上映会in北九州
2019/09/14
[ 福岡県 ] SDGsシネマ市民上映会in北九州
2019/09/20
[ 福岡県 ] SDGsシネマ市民上映会in北九州
2019/09/22
[ 山口県 ] 9月のキネマケノービー

市民上映会 開催者募集

(c)Larm Film

Synopsis

そこに救える命がある限り――

瓦礫と化す街で一人でも多くの命を救うため、決死の救助活動を行うホワイト・ヘルメット(民間防衛隊)に迫る衝撃のドキュメンタリー。

Story

5年以上も内戦が続くシリアの都市アレッポは崩壊の危機に瀕している。取り残された市民35万人は築かれつつある包囲網に逃げ場を失い、間近に迫る死に恐怖を懐きながらも何とか命をつないでいる。前触れなく轟音と共に飛来するジェット戦闘機は、わずかな希望すら打ち砕くごとく昼夜問わず爆撃を続け、市民もろとも市街地を瓦礫へと変えていく。ここでは生よりも先に死が存在する。爆撃に次ぐ爆撃で、次から次へと命が失われていく極限の世界で、悲劇が延々と続いていく。
現場には自らの命を顧みず、生き埋めとなった生存者を救おうと駆けつける男たち「ホワイト・ヘルメット」の姿がある。家族と逃げ、異国で難民として生き延びるべきか、それとも仲間や家族のいる故郷に留まり、変わり果てたが心安らぐ場所で死を迎えるべきか。「ホワイト・ヘルメット」のメンバーの一人、ハレドは葛藤を抱えながらも救助活動を続けていく。絶望の淵で彼らが見せる勇敢さ、そして眼の前で進行する信じがたい不条理な紛争の現実に、私たちは何を見出すことができるのだろうか。

Data

原題 LAST MEN IN ALEPPO 製作年 2017年
製作国 デンマーク・シリア 制作 アレッポ・メディア・センター、ラーム・フィルム
配給 ユナイテッドピープル 時間 104分

Cast & Staff

監督 フェラス・ファヤード 製作総指揮
プロデューサー ソーレン・スティーン・イェスパーソン、カリーム・アビード、ステファン・クロース 原作
脚本 音楽 カルステン・フンダル
撮影 アレッポ・メディア・センター、ラーム・フィルム 編集 スティン・ヨハネセン、マイケル・バウアー
キャスト

Review(2)

19/04/14 20:14

Yaya さんのレビュー
学び 人生変わる 泣ける
 終始、胸にナイフを突き刺されているようであった。映し出される光景や彼らの表情と言葉は、問答無用に心に入りこみ、気づくと下腹部に力が入り呼吸が止まっている自分が何度もいた。
 ハレドの子供との会話や向ける眼差しは、どこにでもある平和な風景であるが、そこは空爆が行われている最中の瓦礫と化した町であった。文字通り常に死が隣り合わせの中で、瓦礫に埋もれた生存者を救出しながら、自分の家族の命の安全について同様に考える。残るか、この地を離れるか。離れたところで安全は保障されていない。生きることが命がけになることにはかわりはない。しかし、家族を守りたい。苦悩、葛藤、救助、死体と向き合い、死者の数を報告する。ある日、彼らが公園の遊具で楽しむも束の間、戦闘機の飛来で避難する。標的とされないために集団で一箇所にいてはならない。そう、もはや戦闘機は、人を殺すことだけが目的で、戦闘員であるか、非戦闘員であるかは関係ないのだ。そのような戦時に彼らの日常があり、家族と過ごしている生活がある。子供や家族、兄弟を思う気持ち、同僚と冗談を言い合う普通の場がある。希望や未来はどこにあるのだろうか。果たしてそれを日常と言ってよいのだろうか。
 何度も空爆を繰返し、ボタンひとつで爆弾を落とす行為に、「人殺し」という重みを麻痺させていると怖く感じた。どのようにこの行為を肯定することができるのだろうか。正義は勝者にあるのだろうか。これが同じ地球上で、同じ人間という生物がおこしているのである。映画は説明が多くないだけに、当事者達の会話から直面している悲しみや苦しみが、そのまま心に突き刺ささる。トークショーにおいて、安田純平氏の「無関心、無責任」という言葉が重かった。何が正しく、何を問題にすべきかを自分の頭で考えることだけが、過ちを踏みとどまらせてくれるブレーキとなるのだと感じた。

19/05/11 11:34

Yamato さんのレビュー
人生変わる
見終わって渋谷駅に向かいながら、自分の周りの景色や人々に違和感を感じました。このまま日常に戻ってしまっていいのかと考えさせられました。それくらい作品の中に入り込めました。
爆音や戦闘機などの音もあるのですが、そういうものからくるのではない静かな衝撃がありました。
作中の「アサドのせいで俺たちは空を見上げるようになった」というセリフが1番印象に残っています。私たちが空を見上げる時なんて、天気を気にする時か清々しい気分である時で、しかも飛行機を命の危険をもたらすものとして捉えたこともない。なんというか決定的な違いを感じました。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します



久保山 武 2019年07月26日
シビアな映画だったが、現実を知る良い機会になった。子供にはまだ見せていないが、どのように伝えていくのが適切なのか、迷っている。

日本の社会の現状とはかけ離れている世界なので、一人でも多くの人がこの作品を見て、移民、難民問題等にも関心を持ち、何らかの行動の機会に繋がればと思います。

ツォモリリ文庫 2019年08月10日
ツォモリリ文庫でのツォモリリシネマ第一回に選んだのは、その予告編を見たときに、シリアで何が起きているのか、全然知らないぞ・・・という無知への焦りだった。SNSで目に止まる、シリアが大変な状況にあるという情報。けれど、そこで何が起きているのか、一歩踏み込んでこなかった。日々の、目の前の、出来事に相対するだけで毎日が過ぎていくから。けれど、この東京での暮らしの同軸上で、シリアという国では空爆による虐殺が行われている。対岸の火事か。いや、アサド政権を後押しし、シリア上空に戦闘機を飛ばすロシア軍。イラクにアメリカ軍が侵攻したときと状況は違っているのかもしれないが・・・どこか構造が似ているのでは、と思えて仕方がない。そのイラクには日本も足跡を残している。自分の足元へも、その影は届いている。
「Humanityはどこへ」と映画に出てくる救命隊員は嘆く。そう、これは国境や、国籍で隔てられるような出来事なのではない。Humanityの問題なのだ。僕は本編が終わり、照明をつけ、DVDの再生を止めた時、参加者のみなさんを前にしてなんと口にすれば良いか分からなかった。何も考えられなくなり、「お疲れ様でした」と言った。全く、場違いだな、他に何か言葉はないか、と思いつつも、それ以上、口にできなかった。あまりにも悲惨な場面の数々、それらすら映画にするために選択され、選ばれたシーン。映画に出てこない残りの、想像もできない現実があることを思うと、屋根があり、電気を使い、水分を口にし、命の危険性を感じることなく映像を見ている自分の今がどうにかなりそうに感じていた。
これは1日経った今、書けることで、昨日同じようには書けていないだろう。
せめて、この映像を撮影し、映画にした監督のメッセージであろう「少しでも多くの人々にシリアで今何が起きているのかを知らせたい」ということを受け取り、他へバトンを渡したい。