ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ビューティフル アイランズ

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ルーシー・クラフト、ケレン・カズマウスキー、キャサリン・トールバート
監督:堀 潤
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ

ビューティフル アイランズ

ジャンル 環境 人権 伝統文化 問題解決
時間 106分 製作年2009年  監督 海南友子

もう二度と見ることができない…切なく美しい島の物語

これは、気候変動に揺れる3つの島を見つめたドキュメンタリー作品だ。

Screening Information

2022/06/26
[ 愛知県 ] エコットシアター ビューティフルアイランズ
2022/06/26
[ 大阪府 ] ZENIYA CINEMA『ビューティフル アイランズ』

上映会 開催者募集

News

About the film

南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島。
主人公は、気候も文化も異なる島で、それぞれ故郷を愛して生きる人々の“普通の暮らし”だ。絆を育む祭りや、代々受け継がれてきた伝統工芸、食文化、水辺のゆったりとした生活。そのどれもが、今、気候変動によって失われる危機にある。

ナレーションやBGMをあえて入れない構成を選んだのは、彼らのありのままの暮らしのずばらしさを見てもらうため。
波や風の音に耳を澄ませ、子供たちの輝く笑顔とともに、近い未来に消えてしまうかもしれない文化を味わう。気候変動がさらに深刻化になったとき、私たちはそれを失うかもしれない――
私たちにできる第一歩はまずは知ることだ。

More info

舞台は、南太平洋のツバル、イタリアのベニス、アラスカのシ シマレフ島。気候も文化も異なる島で生きる人々の普通の"暮らし"に焦点を当て3年がかりで撮影。絆を育む祭りや、長年受け継がれる伝統工芸、水辺の暮らし。そのすべてが気候変動で失われゆくものです。
海南は「気候変動で、私たちが一体何を失うのか?を"感じる"作品を作りたい」と、ナレーションやBGMを排して、波や風の音、島の人々の美しい歌声や子供の笑顔と旅する作品に仕上げました。撮影には詩的な映像で知られる南幸男を迎え、現場で1カットずつ話し合いながら作った渾身作。
エグゼクティブプロデューサーには、海南の20年来の友人で恩師でもある是枝裕和が、企画に参加しています。日米韓でロードショー公開された。 デジタルな世界で生きる私たちの本質的な感性がよみがえる1時間46分です。

●海南友子 (かなともこ)監督・プロデューサー・編集
1971年 東京都生まれ。日本女子大学在籍中に、是枝裕和のテレビドキュメンタリーに出演したことがきっかけで映像の世界へ。卒業後、NHKに入局。報道ディレクターとしてNHKスペシャルなどで環境問題の番組を制作。2000年に独立。初監督作品は01年『マルディエム彼女の人生に起きたこと』。続く『にがい涙の大地から』(04)で黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞、台湾国際ドキュメンタリー映画祭などに出品。07年劇映画のシナリオ『川べりのふたり(仮)』がサンダンス国際映画祭でサンダンスNHK国際映像作家賞を受賞。環境問題はライフワークで、学生時代には植林などの活動や地球サミット(92年)のプロセスに参加。ごみゼロナビゲーションで知られるASEEDJAPANの立ち上げメンバーでもある。
海南友子公式サイト:http://kanatomoko.jp/

●是枝裕和 (これえだひろかず)エグゼクティブプロデューサー
1962年、東京都生まれ。テレビ・ドキュメンタリーの演出を経て、95年、初監督した映画『幻の光』がベネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞等を受賞。以後、『ワンダフルライフ』(98年)、『ディスタンス』(01年)、『誰も知らない』(04年)、『花よりもなほ』(06年)、『歩いても 歩いても』(08年)、『空気人形』(09年)を監督、海外でも絶大な評価を得ている。09年には初のドキュメンタリー映画『大丈夫であるように―Cocco 終わらない旅―』が公開された。
是枝裕和公式サイト:http://www.kore-eda.com/

●海南友子監督メッセージ

私には忘れられない光景があります。
テレビ番組の撮影で訪れた南極に程近いパタゴニアで、
氷河の取材をしていた時のことです。何万年もの時を重ねた氷河が、眼下に果てしなく美しく輝いていました。
しかし、突然の轟音とともに、あっという間に消えたのです。後には、氷河の崩れた音だけがいつまでもこだましていました。
自分の踏みしめていた大地が、跡形もなく消える。
その恐怖の生々しさに私は震え上がり、『いつか私の住む町にも、同じようなことが起こるかもしれない』と、強く感じました。
その恐怖は、氷原の美しさとはあまりに対照的で、強く心に刻まれました。

私は今回、この作品で“失われゆくもの”を描きたいと思いました。
足元の氷河が消えてしまったように、気候変動の影響を受ける島で は、長年築いてきた生活文化や伝統など、
さまざまなものが消えゆく運命をたどろうとしています。
それらをよりリアルに感じてもらうために、なるべくそのままに近い形で記録しました。
余計な演出やナレーションはありません。
風の音や人々の笑い声に耳を澄まし、ゆったりと作品と対峙してもらいたいのです。
そして、“情報”ではなく、“心”で受け止めてほしいのです。私たちの何が失われようとしているのか、を。

Data

原題 製作年 2009年
製作国 日本 制作 ホライズン・フィーチャーズ
配給 時間 106分

Cast & Staff

監督 海南友子 製作総指揮 南 幸男
プロデューサー 海南友子, アソシエイトプロデューサー・編集: 向山 正利 原作
脚本 音楽 整音: 森 英司
撮影 南 幸男 編集 海南友子
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
自分達の知らない所で
循環ワークス 2022年04月21日
様々なことが起きている現状を知りました。
環境問題は世界の人達の全ての課題であり解決していかなければならないと実感させられました。

美しく切ない映像からのメッセージ
ツバル、ベネチア、シシマレフにあるそれぞれ特有の文化や人々の営みが、地球温暖化などの影響で絶滅の危機にあることを身をもって知ることができる映画でした。参加者ひとり一人が「なんとかしなきゃ」と痛感し、その危機感を共有しました。                   それから、日本に住む私たちは、自分たちの伝統や大切にしていることを、自分のことばで伝えられるようにしたいね、という意見もでました。

素のまま
みどりアートパーク 2022年02月20日
ナレーションやBGMがない106分はすこし長く感じた。ただ、画面に展開する自然の美しさを際立たせたようにも思う。ビジュアルの記憶がこれまでの作品以上に鮮明に残る。ナレーションのインパクトがなくなった分、風景や音や人の言葉が心に浸透したのだろう。今回初めて訪れた視覚障害者は、ストーリーを記した点字ブックを頼りに観賞した。「ツバルとアラスカの波の音が違っていた」と語った。人の感性はすごい。

KAGAWA SDGs映画祭2022 第2回目の開催が終了しました!
レクザムホール/香川県民ホールでは、初開催。

来場者は、33名(招待含)でした。「KAGAWA SDGs映画祭、よい企画ですね」とお問い合わせいただくことも増えてきました。オミクロンなどで、思うようには集客できませんが、年間で展開し、少しずつ興味をもっていただけるよう推進活動していきます。

Be the Change!~気候危機のいま、私たちにできること~ 映画「ビューティフルアイランズ」上映会 二日目
創価学会平和委員会 2021年12月18日
先日に引き続き上映会を開催いたしました。多くの若者にも参加いただき、気候変動による被害の深刻さを学ぶ良い機会となりました。参加者からは「環境破壊が、身近なところで起こっていると初めて実感しました。」や「地球温暖化の影響が、思っていたより早い速度で全世界に広がっていることを実感し危機感を覚えました。」との声が寄せられました。

そうした中、映画を通して「現状を嘆いたり傍観視しているのではなく身近なことからアクションを起こしていきたい。」とのご意見をいただき、行動変革へとつながる上映会となりました。