News

2022/05/13
『戦火のランナー』教育機関用DVD 6月1日発売!予約受け付け開始

8歳の頃、グオル・マリアルはスーダン内戦を生き延びるために走って逃げた。
走り続け、一時は“国のない男”と呼ばれた彼には栄光の舞台が待っていた─ ─

映画『戦火のランナー』、学校の授業などでご使用頂ける教育機関用DVDの発売が決定しました!

映画『戦火のランナー』教育機関用DVD
6月1日(水)発売! 現在予約受付中です。
https://www.cinemo.info/94d1e

ーーーーーーーーー

映画『戦火のランナー』教育機関用DVD
価格:33,000円(税込) 送料370円(税込)*日本国内発送に限る
https://www.cinemo.info/94d1e

【教育機関用DVD著作権許諾条件】
個人館内視聴:可
個人館外貸出:可
団体貸出:不可
館内無料上映:不可
学校授業での利用:可

ーーーーーーーーー

教育機関用DVDは、小中高校大学専門学校等の教育機関でご使用頂けるDVDです。
教育目的の授業内の無料上映会に限り、同一学内での上映会開催や、
学校図書館での個人貸し出しが可能です。一般図書館もご購入頂けます。

なお、学外での上映や、一般・外部の方を招いての上映は、
上映会開催のお申し込み並びに上映料のお支払いが必要です。
『戦火のランナー』上映会開催についてはこちら
https://www.cinemo.info/94j

【映画概要】

●戦争の続くスーダンはどこもが戦場で、子どもはさらわれ、家は燃やされていた。

8歳のグオル・マリアルの命を守るために、両親は苦悩の末、彼を村からたった一人で逃がすことにした。戦場をさまよい歩くグオルはやがて武装勢力に捕まってしまう。“逃げよう”。彼は夜明け前、走って逃げることに成功する。幸運にも難民キャンプで保護された彼は、アメリカへ移民するチケットを手にする。“もう逃げなくていい”。高校に入学した彼は、走ると他を圧倒。初めて走ったマラソンで2012年ロンドン五輪出場資格を得る。まるで走ることが彼の運命だったかのように──。しかし、南スーダンが建国されたのはロンドン五輪開催の一年前。国内オリンピック委員会がなく、代表する国がなかった。出場が危ぶまれたが奇跡が起こる。国際オリンピック委員会(IOC)が“国のない男”といわれた彼の個人参加選手としての出場を認めたのだ。そして彼は、祖国南スーダンの人々の期待を背負い走り、完走する。不屈の精神で走り続けるグオルの人生に感動せずにはいられない感涙のドキュメンタリー。

監督:ビル・ギャラガー 
プロデューサー:ビル・ギャラガー
配給:ユナイテッドピープル
88分/アメリカ/2020年

2022/05/13
『レフュジー 家族の絆』教育機関用DVD 6月20日発売!予約受け付け開始

母に会うために、僕たちはずっと歩き続けた。

シリア紛争で離れ離れになった一家。
先に逃れた母と再会するため、いくつもの国境や困難を乗り越えていく難民の父子たちの旅路を追ったドキュメンタリー。

映画『レフュジー 家族の絆』、学校の授業などでご使用頂ける教育機関用DVDの発売が決定しました!

映画『レフュジー 家族の絆』教育機関用DVD
6月20日(月)発売! 現在予約受付中です。
https://www.cinemo.info/96d1e

ーーーーーーーーー

映画『レフュジー 家族の絆』教育機関用DVD
価格:33,000円(税込) 送料370円(税込)*日本国内発送に限る
https://www.cinemo.info/96d1e

【教育機関用DVD著作権許諾条件】
個人館内視聴:可
個人館外貸出:可
団体貸出:不可
館内無料上映:不可
学校授業での利用:可

ーーーーーーーーー

教育機関用DVDは、小中高校大学専門学校等の教育機関でご使用頂けるDVDです。
教育目的の授業内の無料上映会に限り、同一学内での上映会開催や、
学校図書館での個人貸し出しが可能です。一般図書館もご購入頂けます。

なお、学外での上映や、一般・外部の方を招いての上映は、
上映会開催のお申し込み並びに上映料のお支払いが必要です。
『レフュジー 家族の絆ー』上映会開催についてはこちら
https://www.cinemo.info/96j

【映画概要】
2011年から続くシリア紛争は数百万人もの難民を生み出していた。2015年、紛争が悪化するなか、シリアで暮らすアラリ一家はヨーロッパへの亡命を計画していた。まず、母のラフアーがシリアを脱出し、あとから父ナゼムと二人の息子をドイツに呼び寄せる計画だった。母は無事ドイツに到着。しかし、父子がギリシャに到着した頃には国境は封鎖されていた。身動きが取れなくなった一家は果たしてドイツで到着を待つ母と再会できるのだろうか?『レフュジー 家族の絆』は、子どもたちの未来のために安住の地を求めて旅したあるシリア難民家族に密着したドキュメンタリー映画である。

監督:アレクサンダー・J・ファレル 
プロデューサー:フランチェスコ・ロスキアヴォ
配給:ユナイテッドピープル
87分/イギリス/2018年

2022/04/22
法人向けSDGs映画オンライン配信サービス cinemo.biz(シネモ・ドット・ビズ) を開始!

SDGsの理解を映画で深める!人材育成に!事業のヒントに!
44映画から選択可!オンラインでいつでも試聴!
※1チケット1,000円。ボリュームディスカウント有り。

SDGsに関連する世界の課題をテーマにした主にドキュメンタリー映画の配給・制作を行う、cinemoを運営する映画会社ユナイテッドピープル。これまで話題作『もったいないキッチン』『ザ・トゥルー・コスト』『プラスチックの海』『0円キッチン』といった映画を届けてきました。この度、ユナイテッドピープルが配給するこれらの話題作を含む44作品をオンラインで観る事のできる法人向けサービスを2022年5月1日より開始致します。映画でSDGsを学べる他に類を見ないサービスです。
https://unitedpeople.jp/cinemobiz

cinemo.bizはSDGsテーマの映画の法人向けオンライン配信プラットフォームです。映画を通じて世界の現実を深く知り、なぜ課題解決が必要なのかという理解を促進出来ます。また、SDGsの先にある世界を考え、プロジェクト立案のツールとなります。

今ならサービス開始記念キャンペーンとして先着10社は初期費用無料(通常5.5万円)で開始頂けます。ぜひこの機会をお見逃しなく!
https://unitedpeople.jp/cinemobiz

2022/04/01
cinemoに新作『大海原のソングライン』を追加!

美しい地球を謳歌する、島々のミュージシャン達が集結!音楽プロジェクトから生まれた映像叙事詩、this is 『大海原のソングライン』ーー。

東は太平洋のイースター島、西はインド洋のマダガスカルに至るまで
16の島国に残る伝統的なパフォーマンスを記録した前例のない音楽ドキュメンタリー

監督:ティム・コール
配給:株式会社ムーリンプロダクション
82分/2019年/オーストラリア、台湾
https://www.cinemo.info/105m

ぜひ、上映会開催をご検討ください。
4月1日以後上映会開催が可能です。

《上映料金》
◎1日ライセンス・・・最低保障料金55,000円(税込)
※ただし動員人数×550円(税込)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×550円(税込)

■映画概要
5000年前、太平洋には海を渡る人々がいた。
彼らは数千年に渡って大海原を攻略し、地球の半分を覆う島々にたどり着いた。
文字が普及する前の時代、彼らは音楽で交流していった――。
監督とプロデューサーの2人は3年間に渡りその航路をたどった。
台湾から出発してオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、さらに太平洋の向こう側に位置するマダカスカル、そしてイースター島に至るまで16の島国に残る伝統的な音楽やパフォーマンスを記録していった。
 本作はオーストラリアの先住民に受け継がれる“ソングライン”という思想/信仰に基づいて、100名を越える各島々の音楽家たちと共同で、かつて同じ言葉や音楽で繋がっていた島々の歌を もう一度集結させる壮大な音楽プロジェクト!
「Small Island Big Song」と名付けられたこの試みは、単なる伝統音楽の記録に留まらず、それぞれの島で生きる人々が伝承の音楽を伝統の楽器で演奏し、やがて一つの壮大なアンサンブルを奏でる...!

▼映画『大海原のソングライン』上映詳細&上映申込みページ
https://www.cinemo.info/105j

2022/03/16
『プラスチックの海』教育向けディスカッションガイド完成!

映画『プラスチックの海』教育向けのディスカッションガイドが完成しました!

上映後のディスカッションや、資料としてご活用ください。
https://www.cinemo.info/data/plasticocean/eduguide.pdf

『プラスチックの海』ページ「紹介資料」からもダウンロードいただけます。

上映者募集!
https://www.cinemo.info/86j

教育機関用DVD発売中!
https://www.cinemo.info/86d1e

2022/03/14
4月24日はファッションレボリューションデー。『ザ・トゥルー・コスト』を上映しませんか?上映料半額!

4月24日はファッションレボリューションデー!

2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊で1,100名以上もの衣料労働者が亡くなった、「ラナ・プラザ」ビルの崩落事故から9年。毎年4月24日を含むファッションレボリューションウィークには世界各地でファッションを変革するためのイベントや、働きかけが行われています。

4月は映画『ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション 真の代償~』を上映し、
ファッション業界の裏側にある現実を知るとともに、よりよい未来、持続可能な社会をつくるためのアクションとしませんか?

●ファッションレボリューション特別ライセンス
2022年4月中の上映なら、映画上映の最低保障料金が半額になります!
https://www.cinemo.info/38j

最低保障料金27,500円(税込)

※ただし動員人数×550円(税込)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×550円(税込)。
※1日毎に料金が発生します 。
※同日、同会場(同敷地内)であれば、1日の間で何度でも上映可能です。
※入場料(参加費)の有無に関わらず、動員人数で上映料金を精算します。

▼上映会開催についての詳細&お申込みはこちら
https://www.cinemo.info/38j

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。

監督:アンドリュー・モーガン プロデューサー:マイケル・ロス 
製作総指揮:リヴィア・ファース、ルーシー・シーゲル
出演:サフィア・ミニー、ヴァンダナ・シヴァ、ステラ・マッカートニー、ティム・キャッサー、リック・リッジウェイ ほか
配給:ユナイテッドピープル 
特別協力:ピープル・ツリー  協力:Dr.Franken
2015年/アメリカ/93分/カラー

▼上映会開催についての詳細&お申込みはこちら
https://www.cinemo.info/38j
※年間ライセンス対象作品です

▼ファッションレボリューションデーについて
https://www.fashionrevolution.org/asia/japan/

2022/03/09
シネマハウス大塚 にて『バベルの学校』上映決定!Mシネマ第22弾 “学校” 映画特集上映

3月12日(土)~3月18日(金) Mシネマ第22弾 “学校” 映画特集上映
シネマハウス大塚 にて『バベルの学校』上映決定!
https://mikata-ent.com/m-cinema/1042/
*15日休映予定

お近くの方是非ご覧ください。
●シネマハウス大塚
〒170-0002 東京都豊島区巣鴨4-7-4-101
(折戸通り 都立文京高校正門前)

---

映画『バベルの学校』
https://www.cinemo.info/34m

24人の生徒、20の国籍、24のストーリー。
フランス中を感動に包んだドキュメンタリー。

DVD発売中&上映者募集中!

2022/03/09
『ザ・トゥルー・コスト』予告編が使われましたーSDG’sを主軸としたオンラインの学習プラットフォーム STEAM Library

経済産業省が主導で進めているSDG’sを主軸としたオンラインの学習プラットフォーム
STEAM Library
https://steam-library.go.jp/content/144

久留米絣という伝統工芸にフォーカスを当てたコンテンツ内で、普段着ている服はどのようにできているかなどを知ってもらうため『ザ・トゥルー・コスト』予告編の一部が使用されました。

ファッション業界でも大量生産・大量消費が問題化
誰かの犠牲の上に成り立つファッションに変化が起き始めた!
トレンドはエシカル&フェアトレード・ファッション
ファッション産業の今と、向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー

映画『ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償~』はDVD発売中&上映者募集中!
https://www.cinemo.info/38m

2022/02/25
映画を食べよう わたしたちの台所から 3/4(金)~4/14(木)で『もったいないキッチン』上映!

3/4(金)~3/10(木)「映画を食べよう わたしたちの台所から 」で映画『もったいないキッチン』がフォーラム山形で上映されます。ぜひご覧ください。
https://www.mottainai-kitchen.net/news/10420/

住所
〒990-0039
山形県山形市香澄町2-8-1

電話番号
023-632-3220

2022/02/16
上映者募集!映画『ミッドナイト・トラベラー』3月1日からcinemo年間ライセンス&オンライン上映解禁!

3月1月より、映画『ミッドナイト・トラベラー』cinemo年間ライセンス契約での上映ならびにオンライン上映も解禁となります。
是非上映ご企画ください。
※オンライン上映の解禁は2022年6月末までです

アフガニスタンからヨーロッパまで5600km。
安住の地を求めて旅する難民家族が3台のスマホで自らの旅を撮影した前代未聞のセルフドキュメンタリー!
2019年 サンダンス映画祭 ワールドシネマドキュメンタリー審査員特別賞他 合計23賞受賞 18 ノミネート作品。

2015年、映像作家のハッサン・ファジリはタリバンから死刑宣告を受ける。制作したドキュメンタリーが放送されると、タリバンはその内容に憤慨し、出演した男性を殺害。監督したハッサンにも危険が迫っていた。彼は、家族を守るため、アフガニスタンからヨーロッパまで5600kmの旅に、妻と2人の娘たちと出発することを決意する。そしてその旅を夫婦と娘の3台のスマートフォンで記録した。砂漠や平野、山を越え、荒野をさまよい辿りついた先で、難民保護を受けられずに苦労することも。ヨーロッパへの脱出は、想像以上に困難を極めていた。人としての尊厳を傷つけられるような境遇を経験しながらも、一家は旅の記録を続けていく。撮影することが、まだ生きているということを確認することであるかのように…。本作は、故郷を追われて難民となるとはどういうことか、その現実が観る者に容赦なく迫ってくるドキュメンタリーだ。

監督:ハッサン・ファジリ プロデューサー:エムリー・マフダヴィアン、スー・キム
配給:ユナイテッドピープル
87分/アメリカ・カタール・カナダ・イギリス/2019年/ドキュメンタリー

▼映画『ミッドナイト・トラベラー』上映詳細&上映申込みページ
https://www.cinemo.info/84j

《上映料金》
◎1日ライセンス・・・最低保障料金55,000円(税込)
※ただし動員人数×550円(税込)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×550円(税込)
※1日毎に料金が発生します。
※同日、同会場(同敷地内)であれば、1日の間で何度でも上映可能です。
※入場料(参加費)の有無に関わらず、動員人数で上映料金を精算します。

《宣伝材料》
ちらし料金1セット(B5 100枚) 880円 (税込)
ポスター料金1セット (B2 3枚)1,100円 (税込)
※ちらし、ポスターとも買取り

《上映素材》
DVD / ブルーレイ/オンライン
※オンラインの場合送料はかかりません

《送料》
全国一律520円(税込)

▼オンライン上映について
https://www.cinemo.info/zoomscreening.html