News

2019/04/10
大阪・シアターセブンにて映画『コスタリカの奇跡』アンコール上映

大阪・シアターセブンにて、
映画『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』
(2016年/アメリカ・コスタリカ/90分)

憲法記念日に合わせたアンコール上映が5/4(土)~10(金)の間決定!
ぜひご覧ください。

劇場HP
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html

映画『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』
https://www.cinemo.info/48m

2019/04/04
映画『アレッポ 最後の男たち』4月13日(土)劇場公開!公開記念トークショーのご案内(シアター・イメージフォーラム)

第90回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作品で世界中で23の映画賞受賞!

映画『アレッポ 最後の男たち』4月13日(土)シアター・イメージフォーラムほかで劇場公開となります。イメージフォーラムにて公開記念トークショーを企画しました。公開初日・2日目の一部の上映後、シリアやアレッポに関わりを持つ3名(株)アレッポの石鹸 共同代表取締役の太田 昌興さん 、朝日新聞国際報道部次長春日 芳晃さん、ジャーナリスト安田 純平さんが登壇されます。ぜひご来場ください。

※シアター・イメージフォーラムでの上映は、初週1日4回上映、2週目1日3回上映となります。

【上映スケジュール】

4月13日(土)~4月19日(金)11:00/13:20/15:45/18:50
4月20日(土)~4月26日(金)13:20/15:45/18:50

【トークイベント】

4月13日(土)11:00~上映後 太田 昌興さん / (株)アレッポの石鹸 共同代表取締役
4月13日(土)15:45~上映後 春日 芳晃さん / 朝日新聞国際報道部次長
4月14日(日)13:20~上映後 安田 純平さん / ジャーナリスト

▼詳細はこちら▼
http://unitedpeople.jp/aleppo/talkimfo

2019/03/27
アカデミー賞ノミネート作品 映画『アレッポ 最後の男たち』4/13劇場公開&cinemo登場!

そこに救える命がある限りーー

<第90回アカデミー賞ノミネート作品>長編ドキュメンタリー部門 ほか世界中の映画祭で合計23賞受賞!
瓦礫と化す街で一人でも多くの命を救うため、決死の救助活動を行うホワイト・ヘルメット(民間防衛隊)に迫る衝撃のドキュメンタリー映画『アレッポ 最後の男たち』が4月13日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー!
▼公式サイト
http://unitedpeople.jp/aleppo/

2019年6月1日より、cinemoにて市民上映も可能です!
https://www.cinemo.info/71j
※年間ライセンス対象作品
※なお、劇場公開予定のある都道府県では劇場上映終了まで、上映制限がございます。
【東京都】【神奈川県】【愛知県】【大阪府】 は、現在のところ上映お申し込みが頂けません。
開催できるまでお待ちください。
▼全国の上映スケジュール
http://unitedpeople.jp/aleppo/scr

最低保障料金50,000円(税別)

※ただし動員人数×500円(税別)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×500円(税別)。
※1日毎に料金が発生します 。
※同日、同会場(同敷地内)であれば、1日の間で何度でも上映可能です。
※入場料(参加費)の有無に関わらず、動員人数で上映料金を精算します。

▼上映会開催についての詳細&お申込みはこちら
https://www.cinemo.info/71j

5年以上も内戦が続くシリアの都市アレッポは崩壊の危機に瀕している。取り残された市民35万人は築かれつつある包囲網に逃げ場を失い、間近に迫る死に恐怖を懐きながらも何とか命をつないでいる。前触れなく轟音と共に飛来するジェット戦闘機は、わずかな希望すら打ち砕くごとく昼夜問わず爆撃を続け、市民もろとも市街地を瓦礫へと変えていく。ここでは生よりも先に死が存在する。爆撃に次ぐ爆撃で、次から次へと命が失われていく極限の世界で、悲劇が延々と続いていく。
現場には自らの命を顧みず、生き埋めとなった生存者を救おうと駆けつける男たち「ホワイト・ヘルメット」の姿がある。家族と逃げ、異国で難民として生き延びるべきか、それとも仲間や家族のいる故郷に留まり、変わり果てたが心安らぐ場所で死を迎えるべきか。「ホワイト・ヘルメット」のメンバーの一人、ハレドは葛藤を抱えながらも救助活動を続けていく。絶望の淵で彼らが見せる勇敢さ、そして眼の前で進行する信じがたい不条理な紛争の現実に、私たちは何を見出すことができるのだろうか。

監督: フェラス・ファヤード 共同監督:スティン・ヨハネセン
プロデューサー:ソーレン・スティーン・イェスパーソン、カリーム・アビード、ステファン・クロース
制作:アレッポ・メディア・センター、ラーム・フィルム
制作協力:DR TV、SWR/ARTE、SVT、RTS、NRK、YLE
撮影監督:ファディ・アル・アラビ 撮影:ティーア・モハメッド、モジャヘッド・アボ・アルジュード
編集:スティン・ヨハネセン、マイケル・バウアー 音楽:カルステン・フンダル
配給:ユナイテッドピープル  原題:LAST MEN IN ALEPPO
104分/ドキュメンタリー/2017年/デンマーク・シリア

▼上映会開催についての詳細&お申込みはこちら
https://www.cinemo.info/71j

2019/03/26
監督来日!映画『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』上映トーク(5/11東京)

1948年に軍隊を廃止。軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。

5月11日(土)JICA地球ひろば(東京)で話題のドキュメンタリー映画『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』の上映と、米国から来日するマシュー・エディー監督トークイベントを開催します。

中米コスタリカは1948年に常備軍を解体し、軍事予算をゼロにしたことで、無料の教育、無料の医療を実現しました。社会福祉や環境のために国家予算を振り分けてきた結果、地球の健全性や人々の幸福度、そして健康を図る指標「地球幸福度指数(HPI)」2016の世界ランキングにおいて140ヶ国中で世界一に輝いています。またラテンアメリカで最も安全とされている国でもあります。

私たちがコスタリカから学べることとは?アメリカから来日するマシュー・エディー監督からたっぷり聞ける貴重な機会となります(Q&A時間を長く設定します)。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

【イベント概要】

開催日時: 2019年5月11日(土)18時30分から21時 ( 開場 18時15分)
会場:JICA地球ひろば 国際会議場(2F)東京都新宿区市谷本村町10-5
参加費:一般2,000円 学生1,000円

▼詳細はこちら▼
https://peatix.com/event/625422/view

2019/03/22
2019年夏 映画『おクジラさま』 世界一斉上映キャンペーン

2019年夏 映画『おクジラさま』 世界一斉上映キャンペーン
http://unitedpeople.jp/201907cp

2019年7月、日本は商業捕鯨を再会。この歴史的なターニングポイントに、 映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』 を上映しませんか?

日本政府は、昨年12月に国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を正式表明しました。2019年7月より31年ぶりに、日本は近海での商業捕鯨を再開する見込みです。これに対して国内外で批判の声が高まり、海外では抗議活動も起きています。これから日本の捕鯨はどうあるべきなのでしょうか?捕鯨を巡る論争は、クジラを獲るか獲らないかだけの問題ではありません。捕鯨は、今世界で起きている多くの問題を象徴しています。それは、グローバルな価値観(動物福祉)とローカルの価値観(地域の伝統保護)の衝突であり、価値観が違う者同士が、どうすれば歩み寄れるのか。一方が絶対の善で、他方が悪と決めつけるのではなく、ふたつの正義は共存できないのか?この歴史的なターニングポイントに、 映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』 の世界一斉上映を行います。ぜひ、あなたもこの機会に市民上映会を開催しませんか?

※日本語字幕版 または 英語字幕版が選択できます。

【実施期間】
2019/7/1 - 2019/8/31

【上映料金】
日本国内上映: 25,000円(税別)/回 ※100人までの上映
海外上映   : 25,000円 /回  ※100人までの上映

※本キャンペーンは、インターネット回線を利用したオンライン配信限定での上映企画です。

詳細はこちら!
http://unitedpeople.jp/201907cp

2019/03/04
捕鯨論争について描いた映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』DVD3月15日先行発売決定!

クジラとイルカ問題をテーマにした長編ドキュメンタリー。
小さな町に押し寄せた、クジラを巡る大きな衝突。

捕鯨論争について描いた映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』のDVD発売が決定!4月1日発売となります。予約購入受付中!cinemo限定で3月15日に先行発売します。

映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』個人観賞用DVD
価格:4,000円(税別) 送料360円(日本国内に限る)
https://www.cinemo.info/67d1i


映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』教育機関用DVD
価格:30,000円(税別) 送料360円(日本国内発送に限る)
https://www.cinemo.info/67d1e

市民上映会主催者募集中!
https://www.cinemo.info/67j

2019/02/06
映画『ワンダーランド北朝鮮』3月1日DVD発売決定!予約受付中!

北朝鮮の”普通”の暮らしとその人々。これはプロパガンダか?それとも現実か?
人々の幸せそうな表情に、自然エネルギーを活用した循環型な暮らし。
北朝鮮の予想外のリアルを発見するドキュメンタリー。
https://www.cinemo.info/61m

昨年6月に公開し、多くのメディアに取り上げられ話題となった映画『ワンダーランド北朝鮮』
今月2月末には2回目の米朝首脳会談が予定され、注目を集める北朝鮮。そこに住む人々の素顔とは?
3月1日よりDVD発売を決定!ご予約受付中です! ※3月1日以降順次発送

【予約(ご購入)はこちらから】

●ワンダーランド北朝鮮 DVD購入(個人鑑賞用)
https://www.cinemo.info/61d1i
価格:4,000円(税別) 送料360円(日本国内に限る)

※本DVDで市民上映会の開催は出来ません。 上映会開催には別途お申し込みが必要です
▼上映会開催についてはこちら
https://www.cinemo.info/61j

●ワンダーランド北朝鮮 DVD購入(教育機関用)
https://www.cinemo.info/61d1e
価格:30,000円(税別) 送料360円(日本国内発送に限る)

※このDVDは、小中高校大学専門学校等の教育機関向けDVDです。教育目的の授業内の無料上映会に限り、同一学内の上映会開催や、学校図書館での貸し出しをして頂けます。一般図書館もご購入頂けます。

2019/02/03
【緊急開催!】映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』上映会と監督&国際捕鯨委員会(IWC)前議長講演 (2/21東京)

[2月21日 東京]映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』上映会と監督&国際捕鯨委員会(IWC)前議長講演

★下記Peatixより事前にチケットを購入ください★
https://peatix.com/event/600181

日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退することを決定。今年7月から商業捕鯨が再開される見込みとなりました。いくつもの疑問が浮かびます。

これから日本の捕鯨はどうなる?
「国際社会」の反応は?
IWC脱退の是非は?

この歴史的に重要な時期に、また、映画『おクジラさま ふたつの正義の物語』のDVDが3月1日に発売されることを記念して、来日中の佐々木 芽生監督をお招きした特別上映会を、2月21日(木)東京で開催します。更には、去年9月ブラジルで開かれた国際捕鯨委員会(IWC)で半世紀ぶりに日本人として議長を努めた森下 丈二教授(東京海洋大学)をお招きして、捕鯨問題についてディスカッションします。多くの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

【イベント概要】
■日時
2月21日(木)18:45-21:00 (18:20 開場)

■会場
きゅりあん 小ホール
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm
東京都品川区東大井5-18-1
大井町駅徒歩1分


参加費:一般2,000円 学生1,500円
募集人数:300人
主催:ユナイテッドピープル
問い合わせ:ユナイテッドピープル

■プログラム
18:45-20:25 映画上映(96分)
20:25-21:00 講演とQ&A

▼お申込みはこちら
https://peatix.com/event/600181

【映画概要】

<NY在住女性監督が見つめる、世界の分断とその先の未来>

紀伊半島南端に近い和歌山県太地町は、人口約3000の小さな漁師町。2010年、この町が一躍世界の注目を浴びた。町で行われているイルカの追い込み漁を批判的に描いたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞したのだ。以来、「クジラの町」として400年の捕鯨の歴史を「誇り」にもつ太地町は、イルカやクジラを保護したい海外の活動家たちからの集中非難の的となる。2010年秋、過激な抗議活動で知られるシーシェパードのメンバーが太地町に降り立ち、小さな漁師町が国際紛争の舞台となった時から、物語はスタートする。

マスメディアが報じてきた二項対立 ―捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人― という単純な図式ではなく、賛否にとらわれない多種多様な意見をカメラは捉えていく。歴史・宗教・イデオロギーの違いや、自分と相容れない意見や価値観を持つ他者との共存は果たして可能なのか?日本の小さな漁村で起きている衝突を通して、世界が今直面しているグローバリズムとローカリズムの対立、そして「ダイバーシティ~多様性の危機」を描き出す。
2010年大ヒットした映画「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生監督が6年がかりで制作した本作品は、2018年夏、アメリカでも劇場公開されて大きな話題を呼んだ。

時間:96分 製作年:2017年  監督:佐々木芽生
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=67

▼お申込みはこちら
https://peatix.com/event/600181

2019/01/29
【4月 ファッションレボリューション】映画『ザ・トゥルー・コスト』上映キャンペーン

4月24日はファッションレボリューションデー。

【2019年4月15日~4月30日 映画『ザ・トゥルー・コスト』上映最低保障料金が半額!】

ファッションレボリューション特別ライセンス
2019年4月15日から30日の上映なら、映画上映の最低保障料金を半額にします。
https://www.cinemo.info/38j

最低保障料金25,000円(税別)

※ただし動員人数×500円(税別)が最低保障料金を上回る場合は、動員人数×500円(税別)。
※1日毎に料金が発生します 。
※同日、同会場(同敷地内)であれば、1日の間で何度でも上映可能です。
※入場料(参加費)の有無に関わらず、動員人数で上映料金を精算します。

▼上映会開催についての詳細&お申込みはこちら
https://www.cinemo.info/38j

▼ファッションレボリューションデーについて
http://archive.fashionrevolution.contradigital.co.uk/country/japan/

映画『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。

この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。

監督:アンドリュー・モーガン プロデューサー:マイケル・ロス 製作総指揮:リヴィア・ファース、ルーシー・シーゲル
出演:サフィア・ミニー、ヴァンダナ・シヴァ、ステラ・マッカートニー、ティム・キャッサー、リック・リッジウェイ ほか
配給:ユナイテッドピープル 特別協力:ピープル・ツリー 協力:Dr.Franken
2015年/アメリカ/93分/カラー

▼上映会開催についての詳細&お申込みはこちら
https://www.cinemo.info/38j

2019/01/21
アンコール上映中!映画『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』

アンコール上映中!映画『コスタリカの奇跡 ~積極的平和国家のつくり方~』

只今、横浜シネマリン、シアターセブン(大阪)で上映中!

横浜シネマリン(1/25まで)
https://cinemarine.co.jp/costarica/

シアターセブン(1/25まで)
http://www.theater-seven.com/2017/movie_costarica.html

ぜひご覧ください。