ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ジャレッド・P・スコット
監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー
監督:チョ・ソンヒョン
監督:吉村瞳

ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~

ジャンル 平和 人権 問題解決
時間 90分 製作年2021年  監督 ルイ・シホヨス、ペギー・キャラハン(共同監督)

ダライ・ラマ法王とデズモンド・ツツ大主教の世紀のハピネス対談
2人のノーベル平和賞受賞者の歴史的対談映画を完成させるためにアカデミー賞受賞歴のある4人が集結。
喜びをテーマにした一世一代の渾身ドキュメンタリー。

Screening Information

2024/07/23
[ 東京都 ] 「ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~」上映会
2024/07/28 ~ 2024/07/28
[ 東京都 ] 武蔵野大学ウェルビーイング学部・一般社団法人ウェルビーイングデザイン共催 映画『ミッション・ジョイ ~困難な時に幸せを見出す方法~』 自主上映会・対話会のお知らせ
2024/08/09
[ 福島県 ] 第16回かわうちCINEMO「ミッション・ジョイ 〜困難な時に幸せを見出す方法〜」

上映会 開催者募集

©Miranda Penn Turin

About the film

困難に直面した時、私たちはどのように幸せを見出すことができるのか?本作はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と、南アフリカのアパルトヘイト撤廃運動の指導者の一人、デズモンド・ツツ大主教という2人のノーベル平和賞受賞者が、宗教の違いを超えてその答えを導き出す深い知恵と喜びに満ちた世紀の対談を元にしたドキュメンタリーである。深い友情で結ばれた2人は、ユーモアを交えながら、幸せや死生観などについて壮大な問いに迫り、私たちにどんな状況でも喜びと共に生きる知恵を授けてくれる。世界的ベストセラー『よろこびの書』に触発されて制作された本作はダラムサラのダライ・ラマ法王邸で撮影された未公開映像を中心に構成されている。信じがたいほどの困難や苦難を経験してもなお、なぜ2人は喜びと共に生き続けてこられたのか?幸福研究で著名なソニア・リュボミアスキー博士とリチャード・デビッドソン博士を交え、科学的にも喜びを持ち生きる方法を読み解いていく。本作は困難な時代を幸せに生きるための処方箋となるだろう。

More info

深い感動と大爆笑の連続!
2人の宗教指導者による喜びをテーマにした“お茶目な”歴史的対談

どうしたら困難な時にも幸せを見出だせるのか?

困難に直面した時、私たちはどのように幸せを見出すことができるのか?『ミッション・ジョイ』はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と、南アフリカのアパルトヘイト(人種隔離政策)撤廃運動の指導者の一人、デズモンド・ツツ大主教という2人のノーベル平和賞受賞者が、宗教の違いを超えてその答えを導き出す深い知恵と喜びに満ちた世紀の対談を元にしたドキュメンタリーである。“お茶目な魂の兄弟”と認め合う深い友情で結ばれた2人は、ユーモアを交えながら、幸せや死生観などについて壮大な問いに迫り、私たちにどんな状況でも喜びと共に生きる知恵を授けてくれる。

何時でも喜びを持ち生きる方法を科学的にも検証

世界的ベストセラー『よろこびの書』に触発されて制作された本作はインド北部ダラムサラのダライ・ラマ法王邸で撮影された未公開映像を中心に構成されている。中国のチベット侵攻によりインドに亡命したダライ・ラマと、アパルトヘイト撤廃運動の中心にいたデズモンド・ツツ。信じがたいほどの困難や苦難を経験してもなお、なぜ2人は喜びと共に生き続けてこられたのか?幸福研究で著名なソニア・リュボミアスキー博士とリチャード・デビッドソン博士を交え、科学的にも喜びを持ち生きる方法を読み解いていく。本作は困難な時代を幸せに生きるための処方箋となるだろう。

Data

原題 Mission: Joy – Finding Happiness in Troubled Times 製作年 2021年
製作国 アメリカ 制作
配給 ユナイテッドピープル 時間 90分

Cast & Staff

監督 ルイ・シホヨス、ペギー・キャラハン(共同監督) 製作総指揮 ジェレリン・ドレイフェス、レジーナ・K・スカリー、オーリー・ラヴィード、スーザン・バウアー・ウー、リップ・ゲレイン、パウロ・リマ、コニー・ケメラー、ゲール財団、ジョニ・ウィストン、トミー・メイ、ジェシー・クリール、ルイ・シホヨス、ダーラ・K・アンダーソン、ダミアン・デ・フロベルヴィル、ペギー・キャラハン、マリ・スナイダー・ジョンソン、シャノン・オレアリー・ジョイ、ジェーン・カッチマー、ジェイミー・ドラモンド、ブリジット・ロンバード、ライアン・ガル、パム・オミディアー、シャノン・セジウィック・デイヴィス、マ
プロデューサー ペギー・キャラハン、マーク・モンロー、ジョン・ネグロポンテス(共同プロデューサー) 原作
脚本 音楽 ドミニック・メッシンガー
撮影 編集 アンドリュー・バックランド、マット・シュタム、ジョシュア・アルトマン、バリー・オドネル
キャスト ダライ・ラマ14世、デズモンド・ツツ、トゥプテン・ジンパ、ムポ・ツツ、ダグ・エイブラムス、ソニア・リュボミアスキー博士、リチャード・デビッドソン 他

Review(1)

23/12/13 09:15

ユナイテッドピープル さんのレビュー
【ユナイテッドピープル代理投稿】

『ミッション・ジョイ』の映画化、おめでとうございます。日本では『よろこびの書』として2018年に書籍化された、ダライ・ラマ法王とデズモンド・ツツ名誉大司教という2人のノーベル平和賞受賞者の対談映画です。さっそく視聴させていただきました。若きダライ・ラマ法王がチベットに亡命する場面や、デズモンド・ツツ名誉大司教が南アフリカのアパルトヘイトに対して闘う姿は、涙なしでは見られませんでした。

しかし、ふたりが何度も笑ったり手をつないだりする姿は、人類の希望を象徴しています。どんなに苦しくても、心にジョイ(喜び・幸せ)とコンパッション(慈悲)があれば乗り越えられる。大きな試練を乗り越えてきた2人の共通のメッセージでした。

デズモンド・ツツ氏は2021年に逝去されましたので、生前の彼の笑顔と情熱を見ることのできる貴重な映像でもあります。今もまだ戦争・紛争の絶えない現代にあって、許すこと、つながること、楽しむこと、希望を持つこと、という2人のメッセージは、これからの人類の希望です。チベットと南アフリカに起きたことを、許すけれども忘れないために、貴重な映像でもあります。みんなで力を合わせ、できることから、世界の平和を創りましょう!

―― 前野 隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 兼 慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長

***

老害予備軍は必見。究極のカリスマは最高にチャーミングなのだ。

―― 清水 ハン 栄治
映画監督・プロデューサー

***

その瞳はまるでいたずら好きな少年たち。どれだけ過酷な状況を生き抜いてきたかなど微塵も感じさせず、喜びを分かち合う姿に励まされずにはおれません。
世界のあちらこちらで起きている、戦争による惨劇や、巨大化している災害。
私たちが直面している問題は容易に解決できそうになく、無力に苛まれそうにもなりますが、困難な時代だからこそ、人に喜びを与えよう、あなたの喜びを与えることがどれだけ大きな贈り物であることか、と語りかけてきます。
仏教の指導者として、そしてキリスト教の指導者として、それぞれの立場を越えて魂でつながり合う人がここにいる、ということを目の当たりにするだけでも、この映画を見る価値があります!

―― 龍村ゆかり
「地球交響曲」プロデューサー 非暴力コミュニケーション(NVC)トレーナー

***

僕が普段信じていることが全てこの映画で語られていた。
どんなに困難な時でも心のあり方で幸福と光は感じられる。
感動の涙と同時につい笑いが込み上げてしまう。
あまりに愛おしい、世界のすべての人が観るべき目下最重要映画。

―― SUGIZO
ミュージシャン

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
上映会を主催しての感想
シネマ四国 2024年07月17日
「よろこび」をテーマにした対談は、私たちに生きる希望を与えてくれるものでした。チベット弾圧と南アフリカのアパルトヘイトの残忍なこと理不尽なことをあらためて知る機会にもなりました。
上映会ではチベットに関連した書籍やグッズ、Tシャツの販売を行い現在のチベットの状況を伝える活動も同時に行いました。映画と合わせて、チベットを知っていただく場になりました。
このような上映会を開催させていただき、ありがとうございました。

何度も観たい
わかちあい劇場 2024年07月11日
鑑賞後に不思議と満たされた気持が会場に広がった気がします。
「苦しみは喜びの深さを知るためにある」というチベットのことわざとの出会いが有難かったです。ダライ・ラマの通訳の方の表情、穏やかな微笑みも印象的でした。そして、「他者に提供することで得る喜びの大きさ」の実証実験には驚いた。そっと差し出すような提供の仕方を身につけたいものだと思いました。
「言葉のひとつひとつが響いた」との感想がありました。何度も観て、言葉を味わいたい映画です。

能登半島地震から半年経ちました。
目の前のことに対処するだけで時間が過ぎ去っていった感じがあります。前とは違うかもしれないけれど、新しい日常が出来つつあります。日々様々な感情が蠕く中で、感じる喜びもある。やっぱり、細々とでもこの活動を続けていきたいと改めて思いました。


しまのぱんsouda! 2024年06月30日
チャーミングなおふたりに、皆さん魅了されました。
魂の言葉を受け取り、涙される方も。

許すこと、喜びはご褒美、
マイナスなことは見方を変えて見る、
喜びをシェアする、
思いやりの心を鍛える…などなど
多くの金言が、皆さんそれぞれに響いたようでした。

何度でも観たいとの声もあり、
これからの生き方の指針にもなる作品でした。

多くの方にご覧いただきたいので、
また改めてリクエスト上映したいと思います。

ステキな作品をありがとうございました!

苦難を乗り越えたもの同士の教えと癒し
iroiroシネマ 2024年06月22日
ダライ・ラマ法王とデズモンド・ツツ大主教というツートップの対談、こんなにもユーモアのある方たちとは!

それぞれのジョークに大声で笑い、手を握り、時に真摯に耳を傾け、、境遇も宗派も違う2人がこんなに仲良く笑い合う姿にとても癒されました。

幸せを見出す方法についてのお二人の考え方は
とても興味深いもので、心得ておきたい言葉ばかりでした。

決して恵まれた環境で育ったとは言い難い生い立ちに涙する参加者もおられました。

見る価値あり!な素晴らしい作品です。

喜びを見出す方法について
ダライ・ラマ法王のファンの方、お二人のことを全く知らないという方、様々な方が集まりました。上映終了後の感想は、ダライ・ラマ法王デズモンド・ツツ大主教お二人を見ているだけで幸せな気持ちになった、など会場内がほっこりした雰囲気に包まれました。特にゆるしのテーマについて、心に残ったという方が多く、参加者同士の対話がはずみました。