プラスチックの海

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら


プラスチックの海

開催日
07/28
AREA
宮城

『海がプラスチックで溢れている―。わたしたちには何ができるのだろうか。 』

世界70カ国以上、1200回以上の上映。17カ国語に翻訳され、短縮版が国連本部でプレミア上映された話題作。

シロナガスクジラに魅せられ、幼い頃から追い続けていたクレイグ・リーソン。しかし、世界中の 海を訪れる中、プランクトンよりも多く見つけたのはプラスチックゴミだった。美しい海に、毎年 800 万トンものプラスチックゴミが捨てられている事実を知り、海洋学者、環境活動家やジャーナリ スト達と共に、自身が監督となり世界の海で何が起きているのかを調査し撮影することを決意する。 21 世紀に入り、生産量が激増しているプラスチック。便利さの一方で、大量のプラスチックが海に 流出し続け、近年は 5mm 以下の「マイクロプラスチック」による海洋汚染にも大きな注目が集まっ ている。調査の中で明らかになるのは、ほんの少しのプラスチックしかリサイクルされていないこ と。海鳥の体内から、234 個のプラスチックの破片が発見されるなど、海に捨てられたプラスチック で海洋生物が犠牲になっていること。そして、プラスチックの毒素は人間にも害を及ぼすかもしれ ないこと。撮影クルーは世界中を訪れ、人類がこの数十年でプラスチック製品の使い捨てを続けて きた結果、危機的なレベルで海洋汚染が続いていることを明らかにしていく。

「地球に心から謝りたくなりました。そして同時に、地球と一心同体の僕ら自身も蝕まれ始めていることも、あらためて実感しました。誰もがすぐできること、それは「プラスチックの海」でまず現状を知ることです。」
高砂淳二(自然写真家)

「全人類に見てもらいたい映画です。現実から目を逸らさないで。私達は大自然によって生かされている事を知って今すぐに行動しよう!」
土屋アンナ(モデル、女優、歌手)
他多数! https://unitedpeople.jp/plasticocean/rv

Data

上映日 2021/07/28 登録者 ancient beat club
会場 DIY STUDIO
宮城県〒984-0032 仙台市若林区荒井4-26-9(地下鉄荒井駅より徒歩5分)
募集人数 20名
料金 2000 問合せ先 ancientbeatclub@gmail.com

Member(0)