ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

“敵”の子どもたち

Facebook
Twitter
上映会開催可能期限:2030-12-31

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ベン・ナイト&トラヴィス・ラメル
監督:リック・グレハン
監督:ジュリー・ベルトゥチェリ
監督:ティエリー・ミシェル
監督:ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ

“敵”の子どもたち

ジャンル 教育 平和 政治経済 人権 問題解決
時間 97分 製作年2021年  監督 ゴルキ・グラセル・ミューラー

《クラクフ国際映画祭2021》国際批評家連盟賞
《AJB DOC 2022》メイン賞
《チャグリンドキュメンタリー映画祭 2022》ベスト国際ドキュメンタリー賞
《CPH:DOX 2021》DOX賞ノミネート
《ベルリン・ヒューマンライツ映画祭》ベストドキュメンタリー賞ノミネート

子どもに罪はない。せめて孫だけでも救いたい。
娘がISIS(イスラム国)に参加し死亡。
遺された孫7人を救いたいと命がけの旅に出た男性の真実のヒューマンドラマ。

Screening Information

上映会 開催者募集

©Rena Effendi

About the film

世界を恐怖に陥れたISIS(イスラム国)は、とあるスウェーデンの家族を引き裂いていた。ミュージシャンのパトリシオ・ガルヴェスの娘、アマンダは元妻と共にイスラム教徒に改宗。スウェーデンで最も悪名高いISISメンバーと結婚し、2014年にシリアに密航してしまう。帰国の説得は上手くいかなかった。そして2019年、ISIS掃討作戦で夫婦共に殺され、1歳から8歳の7人の幼い子どもたちが遺された。「娘は救えなかったが、孫は救いたい」。決意を固めたパトリシオは、たった一人で危険を顧みずに孫の救出に乗り出していく。孫がシリア北東部のアルホル難民キャンプにいることを知り彼は、スーツケースにおもちゃや靴を詰め込みシリアとの国境近くのイラクの都市へと向かう。SNSでは「敵の子どもたちを連れて帰るな」など大量の批判があった。危険で衛生環境も悪い難民キャンプから、孫を救い出すために自らシリア入りすることにしたパトリシオ。果たして無事に孫を救い出すことは出来るのだろうか?

More info

娘がISISメンバーと結婚しシリアへ密航

世界を恐怖に陥れたISIS(イスラム国)は、とあるスウェーデンの家族を引き裂いていた。ミュージシャンのパトリシオ・ガルヴェスの娘、アマンダは元妻と共にイスラム教徒に改宗。スウェーデンで最も悪名高いISISメンバーと結婚し、2014年にカリフ国家建設に加わるため、シリアに密航してしまう。帰国の説得は上手くいかなかった。娘から支援を求められたが、ISISにお金が渡る恐れがあるため支援出来なかった。そして2019年、ISIS掃討作戦で夫婦共に殺され、1歳から8歳の7人の幼い子どもたちが遺された。「娘は救えなかったが、孫は救いたい」。決意を固めたパトリシオは、たった一人で危険を顧みずに孫の救出に乗り出していく。

難民キャンプに残された罪のない子どもたちを救いたい

毎晩、シリアから逃れてきた子どもたちの大量の写真を確認するのが日課となった。援助団体に連絡を続けていると、孫がシリア北東部のアルホル難民キャンプにいることが判明。パトリシオは、スーツケースにおもちゃや靴を詰め込みシリアとの国境近くのイラクの都市へと向かう。SNSでは「敵の子どもたちを連れて帰るな」「孫と一緒にシリアにいろ」など大量の批判があったが、「子どもたちには罪はない」と諦めなかった。スウェーデン当局も解放に前向きにならないなか、危険で衛生環境も悪い難民キャンプから、孫を救い出すために自らシリア入りすることにしたパトリシオ。果たして無事に孫を救い出すことは出来るのだろうか?

Data

原題 Children of the Enemy 製作年 2021年
製作国 スウェーデン・デンマーク・カタール 制作 シネニックフィルム
配給 ユナイテッドピープル 時間 97分

Cast & Staff

監督 ゴルキ・グラセル・ミューラー 製作総指揮 ジョン・バトセック、アニカ・ヘルストロム
プロデューサー クリストフ・ヘネル、エリカ・マルムグレン 原作
脚本 ゴルキ・グラセル・ミューラー 音楽 リサ・ノードストロム
撮影 編集 オーサ・モスバリ、カスパー・レイク、ソーレン・B・エッべ、エリカ・ゴンザレス
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
岡山ユニセフ協会 2024年02月17日
子どもがもう少し大きかったら叶わなかったのではないか。
娘が幸せならどんな宗教でも構わないという言葉が印象に残った。

感動しました。
みどりアートパーク 2024年02月07日
人間の愛と尊厳、宗教観など、さまざまなことを考えさせる映画でした。主人公の人間的な思いやりと母性の深さに感じ入りました。彼の行動力に心打たれたとの感想を書いた方もいらっしゃいました。特に日本人の宗教観と反戦観に思いを馳せる高齢者の方々が多かったと実感します。中には、リアルすぎるとおっしゃる高齢女性もいらっしゃいましたが、平和で暖かいところから、上から目線で鑑賞するのではなく、自分事ととして映画を観て社会情勢を知ろうとする真摯な気持ちの表れであると思い、逆に、その誠実さに胸を打たれました。



ほかの子どもたちも気にかかる
宗教上の対立から終わりのない紛争の起きているさなかでもあり、今だからと関心を持ってきてくれた方もありました。過激派テロ組織の子どもたちへの対応が浮き彫りとなる本作品のアフターシェアでは、主人公の気持ちを追って鑑賞するだけでなく、国家間の許認可やさまざまな思惑、家庭内の宗教対立、国民感情その他いろいろなことが話題になりましたが、共通して、この7人以外の子どもたち、難民として収容された人々が今後どうなっていくのか気にかかるとの声がありました。また、7人がフィンランド人としてパスポートを受けられたことで困難の中に一縷の「救い」を感じた人が多かったようです。

「世界が平和でありますように」そう祈らずにはいられません。この時期に上映できてよかったと感じています。

第172回銀座ソーシャル映画祭 x 第11回プロギング部ラン&ピース
銀座ソーシャル映画祭 2023年11月25日
11/25(土)昼、第172回銀座ソーシャル映画祭 x 第11回プロギング部ラン&ピースを開催しました。
参加者が少ないながら、よく来られる方、とっても久しぶりの方が混ざり、過去でなく今や未来の話が多くて、素敵なコミュニティだと感じます。
上映は、秋に劇場公開されていた新しい作品です。ちょっと答えが難しいテーマなだけに、観賞後の感想共有がモヤモヤを少し解消します。
上映後は、11回目のブロギングも実施しました。いつのも銀座界隈ではなく、芝公園、東京タワーを目指し、前日オープンしたばかりの麻布台ヒルズを立ち寄り、六本木に足を延ばし、霞ヶ関を突き抜け、日比谷公園でゴミ拾いという、都会的ループの面白いコースでした。

正義とは??
株式会社Innovation Design 2023年11月06日
参加者同士の感想シェアでは『正義"や、"良い、悪い"の定義は人それぞれ違うことが当たり前で、それを責めるのではなく対話を通してお互いに理解を深めることが、相手との関係性、また自分の中の平和にもつながる』というお話がとても心に刺さりました。「多様性」という言葉がありますが、多様性を持つ社会にはまずこのような対話をする姿勢が大事だと思いましたし、日常のなかでもそのような対話ができたらいいなと思いました!