Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/cinemo/cinemo.info/public_html/movie_detail.html:164) in /home/cinemo/cinemo.info/public_html/head.php on line 23

ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:チョ・ソンヒョン
監督:オースティン・アンドリュース
監督:マーク・ジョンストン、マーク・ライアン
監督:リック・グレハン
監督:ハッサン・ファジリ

ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―

ジャンル 環境 政治経済 伝統文化 生活医療
時間 52分 製作年2013年  監督 ニコス・ダヤンダス

お金も物も僅かなこの島には 老いることを忘れた老人たちが 活き活きと暮らしているらしい。

長寿で有名なギリシャの離島、イカリア島へ経済危機で希望を失った若者たちが移住した。 大都会から離島に移住し、人生を再出発した若者たちのドキュメンタリー。

「新しい時代の懐かしいキーワードを発見できる映画だ。」
枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長、環境ジャーナリスト)

「島の人々の一言一言には計り知れない学びと発見がある。」
食環境ジャーナリスト 金丸弘美

Screening Information

上映会 開催者募集

(c)ANEMON

About the film

ギリシャの離島、イカリア島。この島の住人は世界のどこよりも長生きで幸せと言われている。
都会から移住した若者たちが島の老人たちから人生を楽しむコツを学んでいく。

ギリシャは2010年頃からの経済危機で3人に1人は貧しく、若者の半分は無職となった。職を失い、希望を失った「ロストジェネレーション」と呼ばれる若者たちの多くはギリシャを離れ、海外に逃れたいと思うようになる。そして一部は僅かな希望を抱き、田舎を目指して移住した。

IT関連の仕事をしていた35歳のトドリスも彼女のアナとギリシャの離島でどこかミステリアスな島、イカリア島に移住した。自給自足的で経済危機とは無縁なイカリア島で彼らは飛び切り元気で長寿な老人たちと出会い、人生を楽しむコツを学んでいくが・・・

More info

ギリシャは2010年頃からの経済危機で3人に1人は貧しく、若者の半分は無職となった。職を失い、希望を失った「ロストジェネレーション」と呼ばれる若者たちの多くはギリシャを離れ、海外に逃れたいと思うようになる。そして一部は僅かな希望を抱き、田舎を目指して移住。人生を再出発させようと行動を始めていた。

IT関連の仕事をしていた35歳のトドリスも、不況で治安も悪化した大都市アテネが故郷とは思えなくなり彼女のアナと、どこかミステリアスなギリシャの離島、イカリア島に移住することになる。イカリア島は長寿で有名な島で、人々は幸せに暮らしているという。イカリア島の暮らしは都市生活とは全くことなり自給自足的。トドリスは畑付きの家を買い、畑を始め、島の生活に馴染もうとするが…

監督のニコス・ダヤンダスも自らイカリア島に暮らしながら、新たな生活を始めたばかりのトドリスやアナの悩みや学びを追いかけ、どんな社会状況であろうと長寿で幸せに生きるイカリア島の老人たちの幸せの秘密迫っていく。

Data

原題 LITTLE LAND 製作年 2013年
製作国 ギリシャ 制作 ANEMON
配給 ユナイテッドピープル 時間 52分

Cast & Staff

監督 ニコス・ダヤンダス 製作総指揮
プロデューサー レア・アポストリデス、ユーリ・アヴェロフ 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト

Review(6)

17/09/21 03:00

Rebornリバーベース さんのレビュー
元気 役立ち 学び 人生変わる
上映会アンケートで参加者の声です。
〇足るを知る人達の目がキラキラしていてよかったです。若者が結果を早く求めすぎるというのはそうだなと思いました。
〇"貧しさ”と“豊かさ”って何だろうと改めて考えさせられる映画でした。
〇自分の生活に重ねた時に見つめ直さなければいけない所があると気付かされました。(主に考え方)
〇時給自足をしたいなと思いました!人生を自分らしく過ごすために自分に必要なものは自分で作ることが出来るようになりたいと思いました。また、自分の住んでいる地域と似ているところもあり、住んでいる地域の良さを感じました。
〇“足るを知る”ということで幸せを感じられるかどうかが変わるなーと思った。頼ること、助け合うことは生きる上で大事なことだけど、みんなすぐ忘れちゃうな。

Rebornレビュー
参加者で持ち寄ったお菓子や秋の果物を頂きながらの上映会でした。お裾分けの果物や野菜がふんだんに手に入るこの地域では、映画の中の素敵なやり取りがまさに日常的に行われる土地でもあります。
国は違えど、都会から、破綻している経済社会から避難し、新天地で改めて、よく生きるということに真摯に向き合う姿に、大きな共感を覚えながら鑑賞しました。
上映会後のフリートークでは、受け入れ側の地域の方々の言葉や表現、やさしさにも目が向けられていたのが印象的でした。移住者目線だけではなく、受け入れ先目線でこの映画をみると、また違った魅力が出てくるのかもしれません。
日々暮らしている中で喜びを分かち合うこと、楽しみながら行うことが描かれており、移住者の苦悩もちらほらかいま見えました。
移住先で新たな取り組みを始めたい人だけでなく、移住者の受け皿を作りたいと思う田舎暮らしの方にもお勧めしたい映画です。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
232 CINEMA 2022年12月20日
生き方を考える、深いテーマを楽しく身近に、自分とも重ね合わせて考えることのできる映画でした。今回は年末に近い開催だったので少人数での鑑賞会になりましたが、年代男女問わずたのしめる内容だと思います。

11/6「ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―」上映&感想会
新しく島にやって来た若者が、今までの暮らしを捨てて0から生活を立てていく様子を見て、現代のあたりまえとされてきた価値観が本当に「幸せ」なのだろうか、ということが浮き彫りになる内容だった。
島の人たちが、持っているものは分け隔てなく与えようとする姿勢が印象的だった。
よく言えばフレンドリー、悪く言えば過干渉と思ってしまうような出来事もあるかもしれないが、自由は確保されているが誰にも助けを求められない、誰を助けることのもない生活もそれはそれで窮屈なのかもしれないと考えた。

感想会では、実際にこの島を訪れたことがある方の体験談を聞くことが出来た。
作品内では語られなかったが、この島は北と南を山で区切られており、山を通って行き来をする方法がなく、分断されている、といったお話を聞けた。

また、一から生活を起こすといった内容から、戦後、懸命に働いた自身の家族の歴史に思いを馳せたり、現在の自分の仕事を振りかえったりと、様々な想いを共有することができた。

本当の幸せ、豊かさとは何かを考えさせられた映画でした!
参加人数は、大人12名、乳幼児4名、中高生1名、実行委員7名
の計24名でした。
上映終了後の感想交流の時間には、映画を観て、自分にとっての本当の幸せ、豊かさとは何かを考えさせられたという意見が出ていました。
参加者の中には、実際に都市部を離れて自然の中で暮らすことを選んだ方もいて、様々な視点からお話しを聞くことができ、貴重な交流の場となりました。

CATFLIX  2022年08月26日
島だから幸せになれるという訳でもない。
どこにいようが自分次第ではないかと思った。
幸せなんて平均で測れるものではないし、それぞれの幸せの形も違う。この幸せは良くてこの幸せは良くないなんて他人が決める事でもない。
今いる場所で小さな幸せをたくさん感じる事の大切さをこの映画に出て来る老人達に教えてもらいました。

考えるきっかけに
海辺の会 2022年06月11日
6月11日、海辺の会のメンバーでもある「せとうちつなぐキッチン」さんの
お店で、映画の上映会を共催させていただきました。


映画のストーリーもさることながら、同じ「島」「過疎高齢地域」という環境に住んでいる立場から、
内容には関係ないけど気づきの多い映画でした。

まず、気候風土が周防大島よりもかなり過酷!ということ。

購入した空き家を訪れるシーンで、草むらをかき分けていましたが、
うちの島だったとしたら、多分もう近づけないくらいもっと雑木や大きな草本が生えている気がします。
それだけ周防大島の環境は、植物の力が最大限に発揮される気候風土なのだろうと思いました。

半袖、短パン、帽子なしで農作業をする様子から、
刺したり噛んだりする虫も、こっちほどいないんだろうなと思いました。
紫外線には、西洋の方の方がもともと強いのかも?

19時から上映の会の後は、お茶を飲みながら、感想や思ったこと、
周防大島との比較など、話に花が咲きました。



ご参加くださった方は合計21名。ご一緒できて嬉しかったです。
ありがとうございました!

イカリア等についてネットで検索していたら、面白い記事を見つけました。
いつか行ってみたい!