ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

都市を耕す エディブルシティ

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ
監督:オースティン・アンドリュース
監督:アンドリュー・ハッセ
監督:西倉めぐみ、高木ララ

都市を耕す エディブルシティ

ジャンル 環境 教育 平和 政治経済 人権 生活医療 社会変革
時間 56分 製作年2014年  監督 アンドリュー・ハッセ

畑で街を占拠しよう!

舞台はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。

経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市で、市民自らが健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。

Screening Information

上映会 開催者募集

About the film

舞台はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。

「空き地で、食べ物を作れるんじゃない?」

経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市を舞台に一部の市民が始めたアスファルトやコンクリートをガーデンに変えて行く活動。それが共感を呼び、世界に大きなうねりを生んでいます。

「食が重要視されないなら 市民がその重要性を訴えるだけ」

「(社会の中で)問題は山積みだけど 食なら人々の力で変えられる」

そんな思いから、健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリー。

More info

映画の舞台はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市で、市民自らが健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。

そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリーフィルム。日本人にはまだ馴染みの薄い「食の砂漠」「食の正義」「食料主権」といった概念だが、日本でも子どもの貧困、孤食など少しずつ社会問題として滲み出ている。アメリカで広がりを見せている都市農園、コミュニティーガーデン、エディブル・エデュケーション(栽培から食卓まで全体をいのちの教育として位置づける食育)は、都会生活に食と農のつながりを取り戻す可能性を感じさせてくれる。

Data

原題 Edible City 製作年 2014年
製作国 アメリカ 制作 イーストベイピクチャーズ
配給 エディブルメディア 時間 56分

Cast & Staff

監督 アンドリュー・ハッセ 製作総指揮
プロデューサー 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
観た人が実践したくなる
上映後に毎回開催している参加者同士の感想共有で、
今回は実際に家庭菜園や市民農園を借りている方が多かったので、どのように活動を広めていくか、「農業」や「食料生産」に止まらない「市民活動」として観た方々にとって大いに刺激になったようでした。

心に響くポイントが多様に散りばめられた作品
上映後に開催している参加者同士の感想共有会でのコメント
・「肉を食べるのにプロセスを知らない」という部分にはっとさせられた。
・一般の方、特に若者を巻き込むプロジェクトの進め方がすごいと思った。
・食べ物は様々な面から環境に影響を与えているのだと感じた。
・「食が変わると行動が変わる」という言葉に共感した。
・「私たちは石油を食べて生きてきた」という言葉がとても印象深く心に残った。
主催者の想定以上に人によって心に響く部分が異なることに驚かされた作品でした。「食」というテーマがそれぞれの人にとって密接なものだからなのかもしれません。

参加者の感想より
・戦争の技術が農業に使われているのは意外だった。今までになかった食に対する考え方を知った。自分のできることから食生活を変えていきたい。

・私の友人も自給自足して生活している家族がたくさんいます。なかなか足を踏み入れられてないけれど、夢のひとつでもあります。

第19回 haishop×KITCHEN MANE ソーシャル映画祭
株式会社Innovation Design 2021年12月22日
食とその周りにあるコミュニティー形成ということで、
私たちに身近な問題として捉えやすく、
ディスカッションがとても盛り上がりました。

土や畑を通じて地域の人とつながることで、
もしもの時のセーフティーネットになったり、
なぜ私たちが食べることにこれほど情熱を注げるのか、
その根源を映画から学ぶことが出来ました。

空き地などが問題になっている日本でも
何か良い取り組みができそうなヒントを得ることもできた
参加者の方もいらっしゃいました。

都市は食べられるか?
10月の0円キッチン、11月のハッピーリトルアイランドに続いて、「まちと暮らしと食」をテーマに開催してきて12月は、エディブルシティ、でした。
ムメイジュクシアターが位置する福岡市東区箱崎エリアは、「都会に残る小さな村」と題されたドキュメンタリーが制作されるような、都心から10分の場所にありながら、昔ながらの文化風習が残り、筥崎宮を中心とする下町要素が満載のまち。
漁業や農業もいまだに続いていて、近年移転した九州大学箱崎キャンパスが設置されるさらに前の時代は、キャンパス敷地は有名な農地でした。
そのような土地柄で、これから再開発される50haの広大な跡地について考えるとき、都市における食をテーマにした本作はぴったりでした。
さらにコロナ禍にあって、さまざまな移動が制限される中、都市における自給自足の問題は、これからの都市開発においてメインテーマとなる事柄です。
単なる消費する場から、生産も含めた循環する場へ。
一住民や商店街の店主、そして開発関係事業者まで、さまざまなステークホルダーの方々と、持続可能(食べていける)なまちのあり方について、観て考えて、語り合う夜となりました。

なお、今回の売上金についても、武雄豪雨災害支援金として、おもやいボランティアセンターに寄付いたします。