ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~

ジャンル 環境 社会変革 問題解決
時間 86分 製作年2018年  監督 カール-A・フェヒナー

地球が危ない 人類が危ない
気候変動を止める 私たちは挑む

気候変動を止める気候活動家(気候戦士)たちの挑戦に密着したドキュメンタリー

この映画は「未来へのデジャブ」だ。
前作で描かれた自然エネルギー革命のように、
気候革命も草の根で克服される未来への希望
が描かれている。

- 飯田哲也(いいだてつなり)/環境エネルギー政策研究所 所長

Screening Information

2020/04/11
[ 福岡県 ] ウナギネマvol.1『気候戦士 〜クライメート・ウォーリアーズ〜』
2020/04/21
[ 大阪府 ] 第12回肥後橋rita-cinema
2020/05/20
[ 京都府 ] 『気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~』(5/20・京都)/ひととひとシネマダイアローグ
2020/05/23
[ 京都府 ] 『気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~』(5/23・京都)/ひととひとシネマダイアローグ

市民上映会 開催者募集

Synopsis

気候変動は人類への脅威であり緊急な対策が求められている。しかしドナルド・トランプ大統領は、気候変動抑制に関する国際協定パリ協定から脱退を宣言し、石炭復活策を進めるなど時代と逆行した行動を重ねている。他方、アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴。17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネスは、人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう若手の気候活動リーダーだ。彼も若者達と気候変動に消極的な米国政府を提訴している。太陽光、揚水、水素やバイオガス発電など再生可能エネルギー100%転換のための技術は揃っている。映画『第4の革命』の成功から7年。カール-A・フェヒナー監督が気候変動を阻止するために制作した渾身のドキュメンタリー。

Story

産業革命以後、温暖化効果ガスの増大で気温上昇が続き人類の未来は暗い。人々は移民を余儀なくされ、地球環境の汚染が続いている。気候変動は人類への脅威であり緊急な対策が求められている。しかし世界第2位の二酸化炭素排出国米国のドナルド・トランプ大統領は、気候変動抑制に関する国際協定パリ協定から脱退を宣言し、石炭復活策を進めるなど時代と逆行した行動を重ねている。他方、アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴。脱炭素と草の根運動の重要性を訴えている。

17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネスは、人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう気候戦士で、若手の気候活動グローバルリーダーだ。彼もまた、若者達と気候変動に消極的な米国政府を提訴している。発明家エディ・クラウスは孫の世代のために藁を活用したバイオマス発電を実用化した。その他、太陽光、揚水、水素やバイオガス発電など再生可能エネルギー100%転換のための技術は揃っている。映画『第4の革命』の成功から7年。カール-A・フェヒナー監督はこう呼びかける。「立ち上がろう!そして100%再生可能エネルギー実現のために今こそ行動しよう!」と。

Data

原題 Climate Warriors 製作年 2018年
製作国 ドイツ 制作 フェヒナー・メディア
配給 ユナイテッドピープル 時間 86分

Cast & Staff

監督 カール-A・フェヒナー 製作総指揮
プロデューサー カール-A・フェヒナー 原作
脚本 音楽 ゲルハルト・ダウム、ラルフ・ヴィーンリッヒ、エカート・ガドウ
撮影 フィリップ・バベン・デア・エルデ 編集 バンハート・レディッヒ、デイヴィッド・グロシュカ
キャスト アーノルド・シュワルツェネッガー、カール-A・フェヒナー、ハンス・ヨーゼフ・フェル、ガナ・グラッドキーク、フランク・ギュンテル、クラウディア・ケンファート、エディ・クラウス、ライナー・マンゴールド、シューテスカット・マルティネス、カイラ・ペック、ジョイレット・ポートロック、シュテファン・ラムラー、マーティン・ランデルホフ、アミール・ロガニ、ニッキー・シルヴェストリ

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
人としてできることを
キネマ ケノービー 2020年02月23日
世界の環境を変えることを、一人ではできないことがわかっているので、一人一人が、現状をしっかりみつめ、声を上げることが大切である。

それぞれに役割がある。
NGO Tier Pflanze 2020年02月23日
「左派も右派も関係なく、人類として共通の脅威なんだということがよくわかりました。そして、この問題の解決にはたくさんの関わり方があることも。わたしたちにできることはなんなのかな。と深く考えさせられる映画でした。」

「私は今日この映画を見るまでは気候変動についてなにも知りませんでした。今日来たのもただの好奇心でした。でも、来てよかったです。自分の無知さを恥じました。これから一生懸命勉強したいと思います。」


こんな感想が交わされる、そんな上映会でした。

それぞれがこの気候危機という事実を当事者意識をもって受け止め、いかに改善していけるのか。
それぞれの役割はなにか。

わたしにできることは。


そんな視座が高まっていく。

素敵な映画の配給をありがとうございました

気候戦士、気候正義
2021年まで待てない!2020年末までに変化を起こす!気候戦士として動き出そう!と呼び掛けました。上映後のシェアタイムでは「戦士」「正義」に対立の構造を見た方もおりました。「兵士であれば大きな力に雇われた奴隷として行動させられるが、戦士は大きな力・大きな課題に直接ぶつかっていく」「洗脳された正義をかざす人と、真実を見ている人との間を分断してはならない(理解し合わないと”大きな力”の思うつぼだ)」「気候戦士の戦いを間違いだという人はいないだろう」
Rolling20'sシネマ・第1回は、一関市内3ヶ所を上映機材を抱えて午前・午後・夕方と走り回りました。主にFacebookでの呼びかけとチラシで短い準備期間で多くの方には見ていただけなかったのでまたやりたいです

utako 2020年02月09日
14回目は『Climate Warriors』気候戦士たちのドキュメンタリー、7人の方に来ていただきました。
日本ではあまり深刻さが知られてない気候変動ですが、世界には気候変動から地球を守るために活動している10-20才前後の若者がたくさんいます。気候変動の主な原因はこの200年、特に近年排出量が激増しているCO2で、CO2排出源は発電、工場などの産業、飛行機や自動車などの運輸で大部分を占めます。映画に登場する6歳の男の子のスピーチで、気候変動を阻止するために弟とふたりで工場を閉めに行こうと計画したけれど、工場が過剰に物を作る原因は自分にあるのだと気が付いたというのがあり、目がさめる気持ちでした。私たちひとりひとり、とくに大人が、自分に責任があるということに気が付いて、関心をもって行動を変えていくことが求められると思います。来てくれた方たちも、気候変動の事実に驚いていました。