ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:クレイグ・リーソン
監督:リック・グレハン
監督:シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全 )
監督:アンドリュー・ヒントン、 ジョニー・バーク
監督:ベルクロウ・リッパー

気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~

ジャンル 環境 社会変革 問題解決
時間 86分 製作年2018年  監督 カール-A・フェヒナー

地球が危ない 人類が危ない
気候変動を止める 私たちは挑む

気候変動を止める気候活動家(気候戦士)たちの挑戦に密着したドキュメンタリー

この映画は「未来へのデジャブ」だ。
前作で描かれた自然エネルギー革命のように、
気候革命も草の根で克服される未来への希望
が描かれている。

- 飯田哲也(いいだてつなり)/環境エネルギー政策研究所 所長

Screening Information

市民上映会 開催者募集

About the film

気候変動は人類への脅威であり緊急な対策が求められている。しかしドナルド・トランプ大統領は、気候変動抑制に関する国際協定パリ協定から脱退を宣言し、石炭復活策を進めるなど時代と逆行した行動を重ねている。他方、アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴。17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネスは、人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう若手の気候活動リーダーだ。彼も若者達と気候変動に消極的な米国政府を提訴している。太陽光、揚水、水素やバイオガス発電など再生可能エネルギー100%転換のための技術は揃っている。映画『第4の革命』の成功から7年。カール-A・フェヒナー監督が気候変動を阻止するために制作した渾身のドキュメンタリー。

More info

産業革命以後、温暖化効果ガスの増大で気温上昇が続き人類の未来は暗い。人々は移民を余儀なくされ、地球環境の汚染が続いている。気候変動は人類への脅威であり緊急な対策が求められている。しかし世界第2位の二酸化炭素排出国米国のドナルド・トランプ大統領は、気候変動抑制に関する国際協定パリ協定から脱退を宣言し、石炭復活策を進めるなど時代と逆行した行動を重ねている。他方、アーノルド・シュワルツェネッガー元カリフォルニア州知事は、州知事時代に温暖化効果ガスは汚染物質だと認めさせるために米国政府機関を提訴。脱炭素と草の根運動の重要性を訴えている。

17歳の先住民でヒップホップ・アーティストのシューテスカット・マルティネスは、人類の生存を揺るがす喫緊の課題に立ち向かう気候戦士で、若手の気候活動グローバルリーダーだ。彼もまた、若者達と気候変動に消極的な米国政府を提訴している。発明家エディ・クラウスは孫の世代のために藁を活用したバイオマス発電を実用化した。その他、太陽光、揚水、水素やバイオガス発電など再生可能エネルギー100%転換のための技術は揃っている。映画『第4の革命』の成功から7年。カール-A・フェヒナー監督はこう呼びかける。「立ち上がろう!そして100%再生可能エネルギー実現のために今こそ行動しよう!」と。

Data

原題 Climate Warriors 製作年 2018年
製作国 ドイツ 制作 フェヒナー・メディア
配給 ユナイテッドピープル 時間 86分

Cast & Staff

監督 カール-A・フェヒナー 製作総指揮
プロデューサー カール-A・フェヒナー 原作
脚本 音楽 ゲルハルト・ダウム、ラルフ・ヴィーンリッヒ、エカート・ガドウ
撮影 フィリップ・バベン・デア・エルデ 編集 バンハート・レディッヒ、デイヴィッド・グロシュカ
キャスト アーノルド・シュワルツェネッガー、カール-A・フェヒナー、ハンス・ヨーゼフ・フェル、ガナ・グラッドキーク、フランク・ギュンテル、クラウディア・ケンファート、エディ・クラウス、ライナー・マンゴールド、シューテスカット・マルティネス、カイラ・ペック、ジョイレット・ポートロック、シュテファン・ラムラー、マーティン・ランデルホフ、アミール・ロガニ、ニッキー・シルヴェストリ

Review(1)

20/05/08 14:19

ユナイテッドピープル さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び
この映画は「未来へのデジャブ」だ。

前作で描かれた自然エネルギー革命のように、
気候革命も草の根で克服される未来への希望
が描かれている。

- 飯田哲也(いいだてつなり)/環境エネルギー政策研究所 所長

***

変化は確実に始まっている。

従来の石油、石炭、天然ガスから自然エネルギーへの転換だ。世界各地で地道な努力を続ける気候戦士たちの行動の結果が、確実に身を結び始めている。「党派は関係ない、これは人類の問題だ!」政治家目線からのアーノルド・シュワルツェネッガーの言葉には力がある。また、福島の事故をきっかけに考えを新たにした人たちが全世界にいる。そして彼らは、日本がいつ本腰を入れて動き出すのか?心の底から待ち望んでいるに違いない。

- 正木 明(気象予報士・防災士)

***


この映画は、古い世界と新しい世界がぶつかりあう、ちょうどそのときに私たちは生きていることを痛感させる。

古い世界が去り、新しい時代が来ることは間違いないが、そのスピードが問われている。そして、そのスピードを加速するための答えも映画には描かれている。この時代に生きるひとりの人間として、何をすべきかーー希望とともに決意を新たにする思いだ。

- 枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)

レビュー一覧
https://unitedpeople.jp/climate/rv

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
気候変動に関心
みどりアートパーク 2020年09月27日
ユニセフとのSDGs共同事業として、気候変動などに翻弄される途上国の子どもたちの写真展を同時開催しました。朝日、毎日、読売、東京、神奈川の新聞5紙に掲載されたこともあってか、気候戦士上映会にはいつもより多くの人が来場しました。

オンライン上映開始
オンライン環境が弱く、長くオンライン上映を試行錯誤していましたが、上映仲間の日光ソーシャル映画祭の協力により、初の本格的オンライン上映を開催しました。問題はあるものの、参加者の温かい理解に助けられています。今後もオンライン上映を続けます。
https://www.facebook.com/ginzasocialfilmfestival/posts/2927078917392008

初めてのオンライン上映会
株式会社ココウェル 2020年09月08日
告知が少し遅れたせいか集客に少し戸惑いましたが、最終的に17名の方に見ていただくことができました。作品自体が注目されていることもあり、申込みの時に「見たかった作品!」とメッセージをいただいたりもしました。

いままでオフラインでの行っていたのでオンラインでの開催は、戸惑いがありました。大画面で映画を楽しむということはできないことや、チケットを購入した人とのやりとりがうまくいくのかなど。それでもオフラインでは、近隣の方にしか見てもらえないところ、日本全国から見に来てもらえるのはとてもよかったです。

そして、何よりも社会性の高い作品を同じ時間に見た人たちと思いを共有するという時間はとても重要ということがわかりました。

今回の映画は気候変動という大きなテーマだしたが、それぞれに感じていることがあってもなかなか声に出して話をする機会がないとう感じでした。それでも、ひとりにお話いただくと、次々と話しくださり30分の予定がオーバーする意見交換の場となりました。多少はこちらで資料を作って紹介する場面もありましたが、社会性のある作品に関心がある方は、普段声に出さなくても、何かしらそれぞれに思いがあるということを改めて知りました。

上映会を開催するにあたって、#映画で未来を考える というキーワードを作ったのですが、意見交換の時間を作ってこそ、このキーワードがいきてくるように思いました。

環境活動家のポジティブな姿
GRiD CINEMA 2020年08月16日
『気候戦士~クライメート・ウォーリアーズ~』のオンライン上映会を開催しました。グリーンピース・ジャパンの林恵美さんと同インターンでFridays For Futureの西村健汰さんにお話を伺いました。映画に登場する活動家たちと同じく、林さん、西村さんも希望や理想の未来像をしっかり抱いて活動をしている、ポジティブな面をみせてくれました。参加者ダイアログも盛り上がり、気候変動に関心のある方が、全国各地からつながることができました。

リネットちば オンライン・トークセッション&上映会「気候戦士」
自然エネルギーを広めるネットワークちば(リネットちば)としてオンラインでトークセッションおよび気候戦士の上映会を開催しました。当初はリアルな会場とオンラインを組み合わせて開催する予定でしたが、完全なオンラインで昼の部と夜の部の2回の上映を行い170名もの参加者がありました。トークセッションでは日本の気候戦士ともいえる3名のスピーカーによる日本国内の気候危機に対する取り組みの紹介で最新動向を知り、上映会では海外(主にドイツとアメリカ)での気候戦士の戦いぶりを知ることで多くの参加者がそれぞれの気づきを得られたと思います。上映会後のオンライン投票では参加者の7割の方が気候戦士になりたいという前向きな回答でした。日本国内での気候危機への取り組みを進めるためにも多くの方に観て頂きたい映画です。