ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

1日1ドルで生活

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ロクサレ・ガエム・マガミ
監督:ピート・ウィリアムズ
監督:マシュー・エディー、マイケル・ドレリング
監督:ティエリー・ミシェル
監督:ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ

1日1ドルで生活

ジャンル 社会変革 問題解決 その他
時間 56分 製作年2013年  監督 クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド

56日間 56ドルの所持金で貧困をサバイバル体験
グアテマラの貧困地域で2ヶ月間たった1日1ドルで生活した若者たちの実践ドキュメンタリー

「極度の貧困の中で人生の困難と希望を見出せる必見の映画」
-ムハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞者)

Screening Information

2022/07/23
[ 兵庫県 ] かわのまち映画館「1日1ドルで生活」
2022/07/24
[ 東京都 ] キネカマこの1本!第4弾 『1日1ドルで生活』~Living on One Dollar~

上映会 開催者募集

About the film

若者4人の友達がグアテマラの田舎へ約2ヶ月間の旅に出る。1日に使えるお金はたった1ドル。ビデオカメラを手にして、空腹、寄生虫、生活難による極度のストレスに耐えながら、なんとか生き残ろうとする。通常のアメリカの若者にとって、この直面する現実は想像を絶することだが、世界中に貧困で苦悩する人々が存在するのだ。仲間たちは、そう簡単に解決策が見つかるわけがないと理解するが、寛容で忍耐強い20歳の女性ローサと12歳の少年チコが、くじけない希望を与える…少しでも世界を変えていく効果的な方法があるんだと。

More info

もしあなたが極度の貧困地域に生まれ育ったとしたら、あなたはどのように闘うだろうか?映画『1日1ドルで生活』は、この問いへの答えを探すべく、アメリカから4人の若者たちが中米グアテマラの田舎の貧困地域に赴き、実際に1日1ドルで生活し、貧困から抜け出す方法を探る実践ドキュメンタリーだ。グアテマラの田舎に到着した4人は、56日間を所持金56ドルでどう生き抜き、貧困状態から抜け出だせるのか、その方法を探っていく。

予測不能な世界に生きていることを想定し、毎日均等に1ドルが使えるのではなく、くじ引きでその日使える金額が決まる仕掛けを作り、実践の日々が始まっていく。彼らは、節約の他、現金を生み出すためのビジネスアイデアも実践する。しかし現実は厳しく、空腹や腹痛に苦しみながら、厳しい現実に直面することになる。それでも、20歳の女性ローサや12歳の男の子チノの優しさと強さに触れ、効果的な方法を粘り強く探していく。ザックやクリス達は、果たして「世界は変えられる」と思わせるような結果を出せるのだろうか。

Data

原題 Living on One Dollar 製作年 2013年
製作国 アメリカ 制作
配給 ユナイテッドピープル  協力:国際NGOプラン・インターナショナル 時間 56分

Cast & Staff

監督 クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド 製作総指揮 デイビット・ドス、マイケル・ラング、ジェフ・クライン
プロデューサー クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド、ライアン・クリストファーソン 原作
脚本 音楽
撮影 ライアン・クリストファーソン、シーン・レオナルド 編集 シーン・レオナルド
キャスト アンソニー・ソラリス、ローサ・ソラリス、ローサ・コーフ・ボセル 他

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
凄いドキュメンタリー。
ancient beat club 2022年05月29日
アメリカから4人の若者が実際に体験する貧困生活。
子どもたちが本当は学びたいのに、貧困のために学べない現実。
急に医療にかかる際に医療費を払えない現実。
お金を使う額を厳密に決めて(面白いシステムでした)、それに忠実に生活すること、急な出費がいかに生活に変化をもたらすのかをあらわにしていました。
グラミン銀行は有名ですが、実際にグラミン銀行で数万円の融資を受けて、手に仕事を作ることで、看護師としての夢を叶える場面など、少しのきっかけが未来を切り開くという現実。
素晴らしいドキュメントであり、ドキュメントの醍醐味を感じる映画でした。

第28回 haishopソーシャル映画祭 × 第135回 銀座ソーシャル映画祭
株式会社Innovation Design 2022年05月04日
フェアトレードミリオンアクションキャンペーンの
関連イベントとして開催いたしました。

1日1ドルで生活するって幸せなのか。
日本だと大体どれくらいになるのか。
そこで生活している人々は幸せなのか。

「生活する」ということを通してのみ学べることがある
ということを映画で感じることができました。

つながりの中で誰かが悲しい思いをすることがあってはならない。
頭ではわかっていながらも、その負の連鎖を止められていない現状で改めて「発展途上」は本当に「発展途上」なのか
そのような立場にそもそももうおかれてしまっているのではないか。
システムのあり方を考えさせられる映画の上映会でした。

「1日1ドルで生活」「タシちゃんと僧侶」2本立て上映会
下川りくらしネット 2022年04月30日
「1日1ドルで生活」と「タシちゃんと僧侶」の2本立てで開催したところとても好評で、短編ドキュメンタリーの2本立てをまたやってほしいと、リクエストをいただきました。

また、休憩時間には、以前に「トゥルーコスト」を上映した時に、服を長く大切に着るために自分たちのできることとして参加者から提案のあった「ダーニング」の体験スペースを設けたところ、こちらも好評で毎回恒例の企画になりそうです。

----「1日1ドルで生活」参加者アンケートより-----

「貧困という一言の言葉が、正しいのか?と感じた。どこをどう変えたら、貧困から脱する事が出来るのか?教育がどんなに大事か…安易に貧困って言葉で片付けられるものでも無く、必要な教育と環境整備が大切で、日本の貧困とは意味が全く違う。どんな環境でも、みんな笑顔で、おもてなしの気持ちがあって、私ってちっぽけな人間だなって思った。1日1ドルじゃないけど、どんな状況でも、生活出来ている事にもっと感謝していこうと思った。」

「自分は何ができるか、なにをすべきかを改めて考えるきっかけになりました。物資やお金ではない「愛」や「思いやり」のパワーって一番大きな変化をもたらすよな。」

「内容も上映時間も集中して見られて良かったです。今後も、すまっこシネマさんセレクトの映画を楽しみにしています。
自分に何が出来るのか?と考えさせられる作品でした。」



つながりの和が広がり観覧者がきてくださっていて喜ばしいです。貧困問題は社会のさまざまな問題とリンクしている
社会への映画というツールで発信は素晴らしいと感想頂いた‼️