ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

バレンタイン一揆

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:西倉めぐみ、高木ララ
監督:マシュー・エディー、マイケル・ドレリング
監督:シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全 )
監督:アンドリュー・ヒントン、 ジョニー・バーク
監督:キム・サンマン

バレンタイン一揆

ジャンル 平和 政治経済 人権 問題解決 その他
時間 64分 製作年2012年  監督 吉村瞳

チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか? ガーナで児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語。

Screening Information

市民上映会 開催者募集

Synopsis

児童労働って?フェアトレードって?
小さな一歩をふみだした、日本の女の子たちの奮闘記。

“チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?”日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、学校に通うこともできない「児童労働」という現実でした。バレンタインデーに、フェアトレードでつくられた、ほんとうに愛のあるチョコレートを、日本のみんなに選んでほしい。彼女たちは動き出しました。イベントの名は、「バレンタイン一揆」。果たして、彼女たちの想いはみんなに届くのか??これは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。

Story

ガーナで児童労働の問題を知った、日本の普通の女の子3人は、動き出す。バレンタインに、チョコレートを通して、世界の問題について考えること。フェアトレードでつくられ­たチョコレートをちゃんと買うこと。それこそが、バレンタインにすべき、大切なことなんだ、と。そして、みんなでフェアトレードのチョコレートを買う「バレンタイン一揆」­というイベントを企画。2月11日、「バレンタイン一揆」当日、彼女たちの想いはみんなに届いたのか・・・。

※ACE設立15周年記念として制作。

Data

原題 バレンタイン一揆 製作年 2012年
製作国 日本 制作 博宣インターナショナル
配給 配給協力:ユナイテッドピープル 時間 64分

Cast & Staff

監督 吉村瞳 製作総指揮 小林聡
プロデューサー 並河進(企画) 斎藤雅隆(統括)森元直枝 富岡洋一(企画協力) 原作
脚本 音楽 中村公輔(音楽監督) 主題歌「僕なんて」音楽協力:Q.,Ltd 株式会社キュー
撮影 小林聡 編集 吉田博 
キャスト 梅田麻穂 藤田琴子 志賀アリカ

Review(4)

14/05/26 21:08

abx155 さんのレビュー
カカオ豆がどうやって作られてるか恥ずかしながら今まで知りませんでした。この映画を見て児童労働の問題に気付かされました。きっとこれは氷山の一角なのでしょう。でもその一角を知れてよかったです。
自分の知らない社会問題と向き合いたい、そんな方におすすめの映画です。

14/05/13 11:35

うっちー さんのレビュー
感動 元気 学び
本当に普通の女の子たちが、ガーナの児童労働の現状を実際に見て体験して、心を動かされ、日本に帰ってきて、自分たちのアイデアや力で、何かを変えていこうとする姿勢に心打たれました。大きな経済の流れの中から言ったら、すごく些細な運動かもしれないけれど、学生時代に、涙を流し、汗を流して、地球の裏側の子供たちのために本気になって動いたことは、彼女たちの人生を変えていくのだろうなと思いました。児童労働やフェアトレードのことについても、とてもわかりやすく学べる内容となっています。

14/12/12 10:57

とん星 さんのレビュー
学び
カカオ豆生産の現場と児童労働の関わりを知るための入門編としても分かりやすい。その現実を見た普通(の中でもちょっと社会問題に関心が高いほう)の女の子たちの心の軌跡がこの映画のストーリーです。彼女たちが帰国後直面する、「直に触れた者」と「そうでない人たち」の温度差は、児童労働だけじゃなくどんなことにも普遍的に存在する課題なんじゃないかと思います。

16/01/15 21:58

渡部建具店 さんのレビュー
学び
私はチョコレートが大好きです。
一時期、毎日のようにチョコクロを食べていて、もう若くもないのにこれはイカン!と
一念発起してスイーツ断ちしたことを遠い目で思い出します。(チョコクロは今も食べてません)
フェアトレードに関する映画、ということで上映することにした「バレンタイン一揆」の再生確認をおこなったのですが、
昔からバレンタインに限らずイベント事に全く興味がない私は、冒頭の
「バレンタインは世界中が愛に包まれる日」
というナレーションを聞いてブルーレイディスクを畑の彼方へと鹿煎餅のように投げようかと思いました。
しかし、そんなことしなくてよかった。
映画は、チョコレートの原料であるカカオの主要生産国ガーナへのスタディツアーに参加した18,19歳の女性3人を中心に描かれています。
児童労働の現実と、その状況を改善しようとする大人たちの動き、教育への真摯な姿勢等、
映し出される映像はツアーを疑似体験させてくれます。
現地の人たちの暮らしを目の当たりにした三人の反応も、
同じく不平等なシステムの上に無自覚に乗っている日本人だからか共感することが多く、
それも映画にのめり込めた一因だと思います。
この映画は、
オーガニックかそうでないか、原材料はピュアか、環境配慮はしてあるか、だけでなく、
児童労働といった生産現場への思いを馳せることが大事であると再認識させてくれました。

チョコ好きのあなた、ぜひ一見を〜

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
新たな発見がありました。
リタワークス株式会社 2020年02月18日
ガーナにおける児童労働と、ACEの活動について新たな発見がありました。
CARADAのナナさんが言っていた「ガーナ人こそもっと村へ」という言葉が、日本人と日本の農村との関係にも言えるのではないかと思い印象に残りました。

みんな繋がっている
今回の開催にあたっては、来場者にパンフレットとチロルチョコレートをお渡ししました。さらに、鑑賞後には2030SDGsカードゲームを実施し、映画で大学生たちが体験したことを自分ごとにする振り返りの機会を設けました。フェアトレード商品を積極的に購入することも大事ですが、私たちがそもそもどのような意識で商品購入していたのかに気づいてもらい、持続可能な社会づくりにつながる消費行動が増えることを願っています。来年もまた同じ時期に同じ内容の上映会ができればと今から考えています。

黒松内町らしい上映会でした
今回は、自然学校のスタッフである私と町にある環境・フェアトレード雑貨屋である「リトルトリー」さんが共催するかたちで、映画の上映会とフェアトレードチョコレートの試食会を行いました。

人口2600人程度の小さな田舎町に都会から移住し、コツコツと真面目にお店を取り組まれてきたお二人を応援したいという目的もありました。

一日3回の上映を行い、全部で24名の方が来てくださいました。これは、この町のイベントとしては大盛況だったといえると思います。

特に、小中学校の先生や子ども達が数人来てくれたことは、今後の影響を考えると非常に嬉しかったです。

皆さんは映画もチョコレートの試食会も非常に楽しんでくださり、フェアトレードという商品、選択肢があることを、楽しくお伝えできたのではないかと思います。

この映画を昨年京都のシサム工房さんで上映していたのを拝見して以来、より多くの方に見て頂きたい!!と思い続けての念願の実施でしたので、非常に嬉しかったです。

映画、映像の力を今回すごく感じたので、今後も世界をより少しでも心地良いものにしていくためのお手伝いとして、自分なりに行動していけたらと思っています。

ただし、送って頂いたDVDに傷があったせいなのか、上映中何度か止まってしまったことは残念でした。(一度DVDを交換して頂いたにも関わらず)
今後は、このようなことが起きないことを祈っています。

フェアトレードの重要性
宮崎県JICA関連団体のイベントとして映画上映会を開催しました。若い目線でガーナのカカオ産地で見て体験して感じたことを語ってくれています。現在、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を色々なところで目にして耳にするようになりました。SDGsのために一体何ができるのやら、、、、と思いがちですが、この映画は正にその目標を達成するために、先進国と呼ばれる日本に暮らす私達に何ができるのかを考える切っ掛けを与えてくれます。主人公の女の子がイベントで思ったように出来なくて悔いが残る様なことをコメントしていましたが、この映画を残したことこそ大きな成果だと思います。

日光ソーシャル映画祭『バレンタイン一揆』
日光ソーシャル映画祭 2020年02月05日
フェアトレードショップのオーナーに来ていただき、フェアトレードについての説明を受けてから上映会を開始。
今回もフェアトレードに関心の高いお客様にお集まりいただき、上映会後の感想の共有会でも、様々な意見が出ました。
フェアトレード自体がの貿易の仕組みのひとつのため、なかなか共感を持つことが難しく、教育や貧困など共感できることに紐づけることでより理解が進むのではないかという話になりました。
とても充実した上映会となりました。