ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

0円キッチン

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ルーシー・ウォーカー   共同監督: ジョアン・ジャルディン、カレン・ハーレイ
監督:ベン・コトナー、ライアン・ホワイト

0円キッチン

ジャンル 環境 教育 政治経済 生活医療 社会変革 問題解決
時間 81 製作年2015  監督 ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ

使った廃油 684.5リットル。
走行距離 5079km。
救出した食材690kg。
「食糧危機」を吹き飛ばすエンターテイメント・ロードムービー

Screening Information

2020/05/29
[ 東京都 ] フェルマータ・シネマ vol.1 「0円キッチン」
2020/06/06
[ 福岡県 ] ウナギネマvol.5『0円キッチン』
2020/06/13
[ 高知県 ] 「0円キッチン」ゴトゴトシネマ上映会
2020/06/27
[ 京都府 ] mumokuteki〈online〉cinema-“いきるをつくる”連続上映会「0円キッチン」
2020/08/22
[ 京都府 ] 『0円キッチン』(8/22・オンラインzoom)/ひととひとシネマダイアローグ

市民上映会 開催者募集

監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ
脚本:ダーヴィド・グロス
制作:ミスチフ・フィルムズ
原題:WASTECOOKING
配給:ユナイテッドピープル
2015年/オーストリア/81分

Synopsis

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。

Story

『0円キッチン』はジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチン・カーでヨーロッパ5ヶ国を巡り、廃棄食材クッキングの旅に出るエンターテイメント・ロードムービーだ。消費社会に生きる私たちは、まだ食べられるのに大量の食料を毎日捨ててしまっている。世界食糧計画によると、世界で生産される3分の1の食料は廃棄されており、その重さはヨーロッパ全体で8900万トン、世界全体では毎年13億トンにもなる。各地で食に関するユニークな取り組みを行う人々と出会いながら廃棄食材料理を振舞い意識変革にチャレンジするダーヴィドの『0円キッチン』の旅から食の現在と未来が見えてくる。

ダーヴィドは「どうやったら捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変えることができるのだろう?」と問いかけ、廃棄される予定だった食材を救出し、廃棄食材料理を作って出会った人々に届けていく。旅に使うのは植物油で走れるように改造した自らの車で、ゴミ箱で作ったキッチンを取り付けオーストリア、ドイツ、オランダ、ベルギー、そしてフランスへと旅していく。使った廃油は684.5リットル、走行距離は5079km、救出した食材は690kg。彼は食材を救い出しつつ、それぞれの国で食の問題に取り組む活動家たちと出会いアイデアを学んでいく。

Data

原題 wastecooking 製作年 2015
製作国 オーストリア 制作 ミスチフ・フィルムズ
配給 ユナイテッドピープル 時間 81

Cast & Staff

監督 ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ 製作総指揮
プロデューサー ラルフ・ヴィザー 原作
脚本 ダーヴィド・グロス 音楽 ジム・ハワード
撮影 編集 マレク・クラロフスキー
キャスト

Review(18)

17/01/15 19:18

この手の映画にありがちな堅苦しさが皆無で超面白かった。街に生えてる草や昆虫食、冷蔵庫の奥の残り物まで何でも調理。 -佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

17/01/26 09:26

感動
仕事帰りに映画鑑賞【0円キッチン】。ポップな表現の打ち出しだけど、実は重いテーマ。世界で生産される1/3は食べられる事なく破棄される。販売サイズより大きいだけで。賞味期限が切れただけで。食料難民もいるのに。監督自身が出演しているエンタメロードムービー。心に沁みた作品。ありがとう。
( @11miyo11 さん twitterより)

17/01/26 09:30

学び
この映画、食品ロスの問題を多くの人が関心を持てるように非常に楽しくかつ本質だけをシンプルに伝えていて超オススメです!(岩崎 亘さん facebookより)

17/01/26 09:33

「食」っていうのは僕らにとって本当に身近な問題だから、こういうドキュメンタリー映画を観ながらいろいろ考えてみるってのは良いことだと思うんですよ。( 日曜アーティストの工房 by t0makiさん ブログより ) http://tomaki.exblog.jp/26343190/

17/02/03 12:52

まさまさ さんのレビュー
今まで色々な食のドキュメントは観てきました。食がテーマですと衣類や住み家と一緒で身近なテーマで感覚的に来ます。今フードバンクや0円食堂流行っていますがブームで終わらせたくはないです。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
bocci4chan@yahoo.co.jp 2020年03月12日
映画と同時開催で家に眠る不要食材をみんなで持ち寄りランチを作る「リアル0円キッチン」も開催しました。不要食材と言いつつ、畑で大きくなり過ぎた野菜や、買ったまま冷凍庫に眠っていた食材、春の野草など、素敵な食材がたくさん集まり、おいしい総菜が何品も出来て、お腹いっぱいになりました。
今回は映画参加者のみの小規模な「0円キッチン」でしたが、映画に出てくるような大掛かりなイベントもやってみたいね、という声が上がっていました。

日本も負けないよ~!
参加者の方からは
「私は男一人生活ですが冷蔵庫の中を確認メモしてからスーパーに行き残さない様にしたい」など、心強いご意見を頂戴しました。
また、「日本はどうなんだろうかーと思いました。是非、知りたい。」「魅力的な講座 着実な生き方が出来ます。」と次の行動につながる思いも聞けました。
次回作「もったいないキッチン」が楽しみです。