ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

simplife

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

simplife

ジャンル 多様性 その他
時間 78分 製作年2017  監督 Ben Matsunaga

simplifeは、「身の丈の暮らし」をテーマにしたロードムービー。
様々な理由からタイニーハウスを選択した人たちの暮らしはとても個性的。モノを手放したことで、たくさんの自由を手に入れることに成功しています。そんな人たちの言葉や暮らしの景色から、自分らしく生きるためのヒントが見つけられるかもしれません。

Synopsis

手づくりの家でシンプルに暮らす人たちの物語。
このムービーはタイニーハウスの技術的なサンプル集ではなく、そこに暮らす人たちの想いにフォーカスして製作しています。出会った人たちは暮らしをより豊かに楽しくするアイデアを持っていて、自分らしくユニークな方法で人生の主人公になっていました。そこにはタイニーハウスという言葉では括れない、多様な生き様がありました。

Story

simplifeは、「身の丈の暮らし」をテーマにしたロードムービー。

手づくりの家でシンプルに暮らす人たちの物語。
このムービーはタイニーハウスの技術的なサンプル集ではなく、そこに暮らす人たちの想いにフォーカスして製作しています。出会った人たちは暮らしをより豊かに楽しくするアイデアを持っていて、自分らしくユニークな方法で人生の主人公になっていました。そこにはタイニーハウスという言葉では括れない、多様な生き様がありました。

文化的な広がりをみせる、タイニーハウスって?
タイニーハウスとは「小さな家」の総称で、ツリーハウスやハウスボート、もちろん地面に基礎のあるものやトレーラーの上に載っているものも全て含まれます。2000年にJayShaferがトレーラーの上に自作したタイニーハウスがメディアで注目され、その「量より質」の精神と共にタイニーハウス・ムーブメントとして広がり、自分とモノ・お金・環境とのつながりを見直す人たちのライフスタイルとして定着しつつあります。

Data

原題 simplife 製作年 2017
製作国 アメリカ 制作
配給 時間 78分

Cast & Staff

監督 Ben Matsunaga 製作総指揮
プロデューサー Yuichi Takeuchi 原作
脚本 音楽 Gen Tanabe, Junnosuke Okita
撮影 Ben Matsunaga 編集 Ben Matsunaga
キャスト

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
自由になること
毎回参加者の方から感想をお聞きしていますが、「自分ももっとシンプルになりたい」という感想が多い中、「みんな結構持物が多いな、と思った」という感想がありました。
『小さくシンプルに暮らしを変えることで「自由になれる」』、もしくは、誰かがデザインした既製品の暮らしではなく、「自分はどんな風に暮らしていきたいのか」ということを考えて、『自分でデザインした暮らしは、大きさに関わらず「自由」』ということなのだろうな、と思いました。

simplifeを観て
「本当に人生で必要なもの」を見極め、「質の高い人生」を生きることの大切さをみんなで改めて考えさせられる映画でした。ご参加者さまからは映画を観た後に感じたことを漢字一文字で表現していただきましたが「開」「作」「楽」「選」「形」「生」「豊」「観」とそれぞれ違いがあり面白かったです。

小さい暮らしを求める人は多い
日本の家から比べると、取材先のアメリカはいかにも大きな家に住み、消費を享受してきたといえるだろうが、参加者からは小さな手の行き届いた暮らしを望んでいるという声が多く聞かれた。また、家族とその点の折り合いがつかないという人、世代交代したら目指したいという人など、小さな家に対する好意的な意見が多かった。
移動する家に対する関心のある人もいて、これからの暮らし方の多様性を刺激する意味でもいい上映会になったと思う。

シネマペシカ「Simplife」開催レポート
CinemaPETHICA 2019年03月17日
https://www.pethicajewelry.com/single-post/2019/03/17/Cinema-PETHICA-simplife


ブログに書きました。
とても美しい音楽の作品でした。シンプルに暮らす、本当に大切なものは何か、見つめなおすキッカケとなりました。