ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

シード~生命の糧~

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

シード~生命の糧~

ジャンル 環境 多様性 伝統文化 問題解決
時間 94分 製作年2016年  監督 タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ

種は人類の命そのもの。
しかし種子の94%が20世紀に消滅。
種子の多様性を守るために私たちのすべき選択とは?

Screening Information

市民上映会 開催者募集

(c)Collective Eye Films

About the film

20世紀中に種子の94%が消滅 種子の多様性が失われている

私たちの命そのものというべき種は、1万2千年以上もの間、世界中の人々によって大切に受け継がれてきた。しかし、驚くべきことに20世紀中に野菜の種子の実に94%がすでに消滅。気候変動や、世界の種子市場を多国籍企業が独占するようになったことが大きな要因だ。市場には遺伝子組換え作物(GMO)が登場し、多くの国々で農家が種子を保存し翌年蒔くことが禁止されるようになった。結果、古くからの農業の伝統が途絶え、人類史上最も早いペースで種子の多様性が失われているのだ。

More info

種は未来に実りをもたらすタイムカプセル

在来種が失われ続けている今、人類の未来の糧を守るため、世界中の種の守り人、シードキーパーたちが挑戦を続けている。「種子は私たちの子孫」とトウモロコシの種を守り続けるアメリカの先住民たち。人類の終末に備え、最大300万種の種を貯蔵できる永久凍土にあるシードバンク、スヴァールバル世界種子貯蔵庫に種子を保存する人々。世界中を駆け巡りながら、種を南米やアフリカなど世界中で収集する植物探究者たち。ヴァンダナ・シヴァ、ジェーン・グドールやウィノナ・ラデュークなど著名な活動家と種子の多様性を守る方法を探る。

Data

原題 SEED: The Untold Story 製作年 2016年
製作国 アメリカ 制作 Collective Eye Films
配給 ユナイテッドピープル 時間 94分

Cast & Staff

監督 タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ 製作総指揮 マリサ・トメイ、マーク・タートルトーブ、フィル・フェアクロフ
プロデューサー タガート・シーゲル、ジョン・ベッツ 原作
脚本 音楽 ガース・スティーブンソン, ベンジー・ワースハイマー、ガイア
撮影 編集 ガート・シーゲル、ジョン・ベッツ
キャスト ヴァンダナ・シヴァ、ジェーン・グドール、ウィノナ・ラデューク、ラージ・パテル、ウィル・ボンソール、イグナシオ・チャペラ、ビル・マクドーマン、マリア・チャム

Review(1)

20/05/07 14:43

ユナイテッドピープル さんのレビュー
役立ち 学び
この日本でも「規制緩和」、「民営化」、「自由貿易」の名の下に、グローバル大企業によるタネの支配が進行中だ。命の源であるタネが危ない。ぼくたちもこの映画に登場するタネの守り人たちの輪に連なろう。

- 辻 信一(文化人類学者)

***

多国籍企業によるタネの支配が進むことについて、私が心配していた事をタネの歴史から詳しく紐解き、
現在の遺伝子組換え種子まで 丁寧に描いた良い映画です。
この映画を観ればタネは誰のものか考えさせられます。
私は等しく人類の遺産であって、それを金儲けの道具として囲い込みしてはならないと思います。
- 山田正彦(元農林水産大臣)

***

海の向こうの他人事が、
いつの間にか、
私達日本人の足元にも
火をつけているのが見えるだろうか?
国境を超えたマネーゲームが、
種子を農民から取りあげ、
多様性を壊し、
消費者から主権を奪い、
生命に値札をつけてゆく。
この映画は、私たちに気づかせ、呼びかける。
何を口にしているかを知ること
自然とのつながりを取り戻すこと。
「今だけカネだけ自分だけ」幻想から目を覚まし、
動き出した世界中の仲間とともに、
「おたがいさま」という名のタネを、
今すぐまき始めなさい、と。

- 堤 未果(国際ジャーナリスト)

その他レビュー
https://unitedpeople.jp/seed/rv

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

市民上映会主催者の声

市民上映会を主催された方の声を紹介します
「いのち」を守るために、種を健全に守らなくては
種苗法の改定案が話題になったり、遺伝子組み換え野菜の販売が決定したり、ネット上では話題がもりあがっているところへの上映で、関心を寄せてくれた人は参加者より多かった。
今回もパンデミックの影響で、申し込みが入ったりキャンセルがあったり当日まで頻繁に動きがあり、参加者のためらいを感じる。「コロナ感染ではないのですが頭痛がして、免疫が落ちてるかも」とのキャンセルもあった。
それでも5名の参加。
「いのち」「在来種」「モンサント」「資本主義」「グローバリゼーション」などのキーワードが飛び交う感想シェアタイムだった。食は「いのち」に直結するものでもあり、生物多様性の視点、健康と食という視点から、種を健全に守らなくてはいけないという参加者の声が印象に残った。

多様性について
ノドカフェ 2020年12月09日
お昼間は少人数でしたが、夜の部はイギリス人、ロシア人も加わり英語で会話する面白い時間となりました。ビーガンオードブルのお持込みなどもあり食について考える機会にもなりました。時間が足りないほどでしたのでまた次回の上映でも多様な方々と集まれたらと思います。ありがとうございました。

もっと多くの人に観てもらいたい!
日平 結 2020年11月24日
多くの人に観てもらいたい!すごくいい映画!との声がご覧になられた方々からよく聞きます。食の安全性や大切さを改めて、実感できる映画です。

市場deシネマ 2020年11月08日
なかなか参加申し込みが増えず心配しましたが、仲間の助けもあり何とか10名様に観ていただくことが出来ました。

私もそうでしたが、全く興味のなかった「タネ」の大きな問題に皆さん驚いていました。伝えられてよかったです。

以下参加者の感想より抜粋。
「タネの大切さを痛感」
「知識を持ち考えて食品を選びたい」
「多様性の大切さを知った」
「FI種と通じるものがある」
「遺伝子組み換えの安全性に疑問がある」
「自分でできることを実行したい」
「人類に必要不可欠な知識」
「もっと多くの人に伝えたい」
「他の参加者の意識の高さに驚いた」
「普段聞くことのない大人たちの感想が聞けて刺激になった」
「食べ物のありがたみや自給自足の価値を改めた再確認できた」
「種子バンクを知らなかった。自然の大切さを知ることがおろそかになっていた」
「有機野菜などを扱う場所が増えればいいと思う」
「企業・政治家・裁判所の関係がわかり疑問の一部が解けた気がする」

参加者からの感想
参加者からは以下のような感想をいただきました。

「カウアイ島の化学薬品会社の試験場周辺で、住民への健康被害が起きている件を始めて知りました。もっと詳しく調べたいと思いました。」
「種子バンクはとにかく片っ端から収集するという点では博物館と同じ機能を持っているといえると思います。ただ私には植物の品種をそこまで維持する必要があるのか正直疑問ですし、何かに熱中するという経験がないので映画に出てきた人々の熱意はその10分の1も理解できませんでした。モンサントという会社が徹底悪にされていましたが、モンサントが大企業なのはそれだけGMOの需要があるからです。GMOがなければ今の膨れ上がった人口を維持できるとは思えません。だから映画に出てきたような人達にもそういう視点で一度世界を見てほしいと思いました。」
農薬の必要の有無に関して感想を述べたが、遺伝子組み換え作物わF1品種などもどう扱うかが重要でそれがあることによるメリット・デメリットをハッキリとさせ
「デメリットは農法やほかの技術で防ぐことが出来るのか否か検討する必要がある」