ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

幸せの経済学

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:Ben Matsunaga
監督:ルーシー・クラフト、ケレン・カズマウスキー、キャサリン・トールバート
監督:ヨハン・グリモンプレ

幸せの経済学

ジャンル 環境 教育 政治経済 多様性 伝統文化 生活医療 科学技術 社会変革 問題解決
時間 68分 製作年2010年  監督 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ

今、問われる幸せとは?真の豊かさとは?

人や自然とのつながりを取り戻す暮らし方を探るドキュメンタリー。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。GDPからGNHへ。グローバリゼーションから、ローカリゼーションへ。世界中に広がるローカリゼーション運動のパイオニア、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジが、人と自然とのつながりを取り戻す、「ローカリゼーション」を提唱します。

Screening Information

上映会 開催者募集

About the film

あなたは、「豊かさ」をどんなものさしではかりますか?
お金を持っていることでしょうか。便利で、快適な暮らしを送ることでしょうか。

 今まで世界では国の豊かさを測る指標として「GNP(国民総生産)」や「GDP(国内総生産)」などが使用され、どれだけ経済成長したかということが「豊かな国」と定義だと信じられてきました。この考え方はグローバリゼーションの波に乗って世界中に広がり、世界の様々な地域に「開発」という名の「消費社会」が流れ込みました。結果、便利で快適に生活できるなどの正の側面がある反面、負の側面ではコミュニティの伝統的な暮らしが崩壊し、かつてはそこにはなかったはずの「新たな貧困」が生まれるようになったことも事実です。本当の豊かさとはなにか?それを、今こそ考える時ではないでしょうか。

More info

-ラダックに迫る近代化の波 -

 急速なスピードで世界的に広がった近代化の波は、30年前まで外国人立入禁止地域だったヒマラヤの辺境ラダックにも押し寄せていました。西欧の消費文化はあっという間に彼らの伝統的な生活スタイルを一変させ、自然との関わりを切り離し、人との繋がりを希薄化させることにより、彼らのアイデンティティーや伝統文化の誇りまでも奪っていきました。その証拠に、昔はいきいきと目を輝かせて暮らしていたラダックの人びとが、10年後には「(欧米文化に比べ)私たちは何も持っていない、貧しいんだ。支援が必要だ」と訴えるようになったのです。
この映画では、消費文化に翻弄されるラダックの人びとの姿をもとに、世界中の環境活動家たちがグローバリゼーションの負の側面を指摘し、本当の豊かさとは何か、を説いていきます。

-答えはローカリゼーションにある-

 監督のヘレナ・ノーバーグ・ホッジは、その解決の糸口として「グローバリゼーション」と対極にある「ローカリゼーション」を提案していきます。地域の力を取り戻すローカリゼーションの促進が、切り離されてしまった人と人、人と自然とのつながりを取り戻し、地域社会の絆を強めていく、と語ります。実際に世界では、「本当の豊かさ」を求め、持続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティの構築が世界的に広がりつつあります。この映画の中では、日本の小川町での取り組みやキューバで起こったオイル・ピークについてのサステナブルソリューションについても取り上げています。

 行き過ぎたグローバル経済から脱却し、持続可能で幸せな暮らしをどう作っていくべきなのか。そのヒントは日本の伝統文化の中にもあるのではないでしょうか。彼女はその気づきを我々に与えてくれるでしょう。

Data

原題 The Economics of Happiness 製作年 2010年
製作国 アメリカ、ニカラグア、フランス、ドイツ、イギリス、オーストラリア、インド、タイ、日本、中国 制作 The International Society for Ecology and Culture (ISEC)
配給 ユナイテッドピープル 時間 68分

Cast & Staff

監督 ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ、スティーブン・ゴーリック、ジョン・ページ 製作総指揮
プロデューサー ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ(ISECの代表者) 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ 辻信一 ロブ・ホプキンス ヴァンダナ・シヴァ サムドン・リンポチェ ロナルド・コールマン

Review(6)

14/05/16 17:13

関根健次 さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
地球規模の問題は、どれも複雑で解決の糸口が見えにくい・・・。『幸せの経済学』のヘレナさんはそんな難解なグローバルな問題解決の方法を明確に伝えてくれます。「ローカリゼーション」。人と自然との距離を縮めていくというシンプルなところに答えがあったとは!今とても必要とされている考えだと思います。これを観て、田舎暮らしというか、農業というか、大地に根ざした暮らしがしたくなりました。

14/05/19 10:55

とん星 さんのレビュー
元気 役立ち 学び
グローバリゼーションなんてどでかいものに抗うなんて無理!と思っているそこのあなた、ぜひこの映画を見てみてください。「ローカリゼーション」侮るなかれ。ちっぽけな個人の持つ力に希望が持てる作品です。

14/05/13 12:09

うっちー さんのレビュー
元気 役立ち 学び
資本主義・グローバリゼーションの負の側面を描くだけでなく、世界中のクリエイティブな「新しい世界」の創造の芽吹きを感じることができる内容でした。
やはりキーワードは、「ローカリゼーション」。この世界もまだまだ捨てたものじゃない、私たちにできることはまだまだたくさんあるんだ!という希望と勇気を与えてくれる素晴らしい作品です。必見です!!

16/04/16 13:00

きりん さんのレビュー
感動 役立ち 学び 人生変わる
初めて聞いた『ローカリゼーション』という言葉。急速なグローバリゼーションの中で物質的に豊かになったはずなのに、なぜかどこか心が満たされない。そんな長ーいモヤモヤ感に解決の糸口を示してくれる作品でした。どれもメモを取って残したくなるような貴重なお話ばかりでした。まずは、今自分の住んでいる町から見直す事を始めていきたいと思いました。

17/08/16 15:27

kenshi さんのレビュー
感動 元気 役立ち 学び 人生変わる
「ローカリゼーション」。
個人的に、今の日本にとても必要なんじゃないかと思った。

グローバリゼーションはもちろんITの進化により、
人は直接的ではなくても、ネットなどを介して、
どこにいても、誰とでも交流が可能になった。
電車やバスではほとんどの人が下を向いてスマートフォンを眺める。
交流はほとんどないだろう。

しかし、やはり、人と自然、人と人、の直接的な繋がりが大事だと思う。
ローカリゼーションが行われている地域の人はとても生き生きしている!!

グローバリゼーションというもののマイナス面の現実を知れてよかった。
大きなものを優先するのではなく、地域という小さなコミュニティがひとつひとつ成り立ってこそ、
本当のしあわせが訪れるのではないかと感じさせれる作品だった。

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
人のつながりが拡がる上映会
前回『幸せの経済学』を観た参加者が声をかけてきてくれて実現です上映会でした。
この映画を一緒に活動している仲間に観て欲しいから、ということなのです。
今回の上映会をきっかけに活動がより良いものになっていくと良いなと思います。

境港ピース・リビング・シアター 第2回上映会
先月の第1回に続き
12/9(土)〜12/11(月)の日程で
境港ピース・リビング・シアター
第2回目の上映会を開催しました。

上映作品は『幸せの経済学』
今回は土曜日と月曜日3回の上映
としてやってみました。

前回と比較すると
今回くらいの上映回数が適当なのかな
という印象でした。

参加者ということでは
今回また地元の新しいメンバーが
やって来て下さいました。

少しずつ「映画つながり」の輪が
拡がり、深まっていくことを
願っています。

そういう観点からも
今回の上映会は
とても嬉しい展開でした。

エアコン取り替えたり
ひざ掛け毛布を新調したり
トイレの照明明るくしたり
境港ピース・リビング・シアター
も少しは前進出来たかな
と自負しています。

「もっとこういうところを何とかして欲しい」
と改善提案は遠慮なく言ってきて下さい。
もちろん全てのご要望に応えることは
出来ないかもしれませんが
みなさんと一緒に映画を楽しめる空間を
つくっていきたいと思っています。

今回の上映作品
『幸せの経済学』
はなかなか好評でした。

僕自身もこの映画が自分の生き方の道標
みたいになっていたのかな?
と改めて気付かされた感じです。

映画上映後に会場で感想など
出してもらえる時間を取ってあります。
参加者としてやって来て下さったみなさんと
映画を観てどんなことを感じたか
これからやってみたくなったことなど
語り合っていきたいと考えています。
境港ピース・リビング・シアターでの
上映会に参加の際は
出来るだけお時間にゆとりを持って
参加して頂けると嬉しいです。

少し長くなりましたが
今回の上映会報告でした。

また、みなさんとお会い出来る日を
楽しみにしています☺

@cinemo
https://www.facebook.com/cinemoinfo

#境港ピースリビングシアター #第2回上映会の報告
#境港ピースシネマクラブ #幸せの経済学
#鳥取の端っこですが遠方からのご参加も大歓迎です
#cinemo #ユナイテッドピープル #年間ライセンス契約

しまのぱんsouda! 2023年05月20日
「ハッピーリトルアイランド」「コペンハーゲンに山を」に続いての3本連続上映の3本目でしたが、まとめとして、ぴったりの作品でした。
ローカリゼーションの教科書として、市(人口2万人の江田島市)の職員さんにもご覧いただきたいと思いました。

青年海外協力隊のOBの家族の方のご参加がありました。
農業技術の指導で派遣されたそうですが、そこで暮らしている人たちは悲壮感があるわけでも、貧困さを嘆いているわけでもなく、その土地のことは、その地で暮らす人々が考えて決めていけば良いと感じたそうです。

新しい情報などが入ってくる恩恵と不都合。
何でもそのまま真似をするのではなく、地域特性を活かして、地域に根差していかねばならないですね。

グローバリゼーションのみならず、メディアなどによる扇動などもまさに今、実感していることです。

もっと簡単なことから言えば、私ももっと地域と関わりを持って、地域で暮らしていきたいと思いました。

「幸せの経済学」上映会
本当の豊かさについて対話、
物質にも豊になり精神的にも充実していくことが、
大切なことと考えます。

グローバル(鳥)の視点とローカル(虫)の視点の両方を持ち
グローカルとしてバランスよく考えつつ実践していく必要を
強く感じました。

大きな流れを見つつ地に根差した地域としての活動、
全体最適と部分最適の融合が実践していけると
すてきだと感じました。

新たな地域のコミュニティの発想、取り組みが喫緊の課題で
一人一人が自分事として実践して行きたい。

映画後のふりかえりシェア会の模様(きしめん及びご飯を頂きつつ)

今、観るべき映画です!
10年前の映画であるけれど、今の状況にぴったり当てはまり、まさしく今必要なメッセージ満載の映画でした。「もっと多くの人に観てほしい。」「市民全員が観るべき。」「これを機に一歩踏み出したい。」等など、多くの人がアンケートに応えてくれました。やって良かったです。