ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

できる - セ・ポシブル

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:ルーシー・クラフト、ケレン・カズマウスキー、キャサリン・トールバート
監督:フィリップ・グナート、ミッキー・ヤミネ
監督:渡辺智史
監督:ロクサレ・ガエム・マガミ
監督:ロコ・ベリッチ

できる - セ・ポシブル

ジャンル 環境 教育 政治経済 伝統文化 社会変革 問題解決
時間 99分 製作年2019年  監督 マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン

若いフランス人カップルが日本で見つけた持続可能な暮らしの未来像

Screening Information

上映会 開催者募集

About the film

●フランス人カップルが日本で見つけた持続可能な社会像とは?

甚大な被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災。これまでのライフスタイルを見直し、よりエコロジカルで持続可能な暮らし方に移行した日本人は少なくない。これらの変化に熱視線を注ぎ、日本中を旅した30代の若いフランス人カップルがいる。日本とエコロジーが大好きなマチルダとジョナサンだ。将来、持続可能な生活をすることを心に決めている彼らは、エコロジカルな暮らしの実践者たちに会うため、8ヶ月もの間、ボランティアしながら日本を縦断することを決意する。

More info

●未来の世代のために私たちが進むべき道とは?

3500kmのヒッチハイクを含む5000kmで訪れた場所の数は15ヶ所。訪問先は、屋久島で自然と調和したライフスタイルを実践しているエコビレッジ・アペルイ、神奈川で地域通貨や自然エネルギーに取り組むトランジション藤野、東京のど真ん中でパーマカルチャーに挑戦している東京アーバンパーマカルチャー、徳島県上勝町でごみのない社会への転換に取り組むゼロ・ウェイストアカデミーなど。2人は、各地を巡り、持続可能な未来のためのヒントを発見していく。合言葉は「できる」。フランス語だと「セ・ポシブル」。さあ、マチルダとジョナサンと旅に出よう。

Data

原題 DEKIRU: C'EST POSSIBLE 製作年 2019年
製作国 フランス 制作
配給 ユナイテッドピープル 後援:アンスティチュ・フランセ日本 時間 99分

Cast & Staff

監督 マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン 製作総指揮
プロデューサー 口レンス・ラフイト、ケビン・アモン(協力プロデューサー) 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン 三宅洋平 (音楽家・政治活動家・社会活動家) テンダー(ヒッピー) ソーヤー海(共生革命家) 坂野 晶(ゼロ・ウェイストアカデミー)

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
環境負荷をかけない暮らしのために何ができるか
ふるさとの家保存会 2023年10月01日
青森県環境政策課の補助金を使って上映会を開催しました。去年以上に告知に力をいれたものの、目標20名に対して10名でしたが、皆さんお互いじっくりコミュニケーションがとれ、それぞれで何ができるのかを話し合うことができました。上映後の実践会では、ぬかがまを使って炊飯、ロケットストーブでコーヒー豆焙煎、を行いました。
映画にでていた皆さんがとても魅力的で、地球に生きる1人の人間として次世代へと豊かな環境を渡していけるよう日々考えながら過ごそうと心に誓いました。この度は素晴らしい映画をありがとうございました。

登場する人々の生き生きした表情
大阪市下水道科学館 2023年09月25日
 SDGsや水環境、自然環境の課題をテーマにした映画をお届けしている自ら考える上映会。9月は映画『できる- セ・ポシブル』(2019年 フランス)を上映しました。

エコロジーに熱心な若いフランス人カップルが、2011年の東日本大震災以来これまでのライフスタイルを見直し、よりエコロジカルで持続可能な暮らし方に移行した日本人が多いことにに注目。
8か月の間日本を旅し、エコロジカルな活動を行う場所や活動家たちを紹介するロードムービーでした。

2人は15か所もの場所を巡り、持続可能な未来のためのヒントを発見していきます。

上映会の参加者さまもおっしゃっていましたが、特に印象的だったのは映画の中で持続可能なくらしに取り組む人々が、とても生き生きとした表情で楽しみながら実践していること。

登場人物のコメントでは
「すべての人間が地球が大事な家だと思って、みんなが変えようと思ったら変えられる」
「1人1人が変われば社会は変わる」
など、タイトルの通り『できる』という信念を感じる言葉が多かったです。

それも押しつけがましくないポジティブさで、やらなければいけないというよりも自らの意思で行動していることが伝わり、とても楽しまれていました。
世の中にはさまざまな課題がありますが、確かに一人ひとりの意識で少しずつでも解決に近づけるという気持ちになれるような映画でした。

今回も上映後、みなさんと感想を共有しました。他の方のお話を聞いて、共感したり自分とは違う視点で映画を見直したりしています。感想を一部ご紹介します。

 * * *
・日本での取り組みということで身近に感じることができた。
・資源ごみを分別したり、雨水をためて使用したりと自分でできる範囲で自分なりにやっているが、映画に出てきたほどはできていないなと感じた。勉強になった。
・無農薬で野菜を栽培したり、知らないところで行われていることが、自然や人々のためになっていると感じた。
・自分ができることから取り組みたいと思った。
* * *

すでにできることから実践されている方も、これからしたいと思われた方も素晴らしいと感じました。

この上映会で一緒に映画を見て感想を共有したことが、みなさんにとって水環境や自然環境の課題を知り、考え、行動する第一歩になれば幸いです。

オルタナティブな暮らしへ
Cinema the Gaura Project  2023年06月16日
当会場の1周年記念を記念して、多様な世代に、より伝わりやすい「持続可能なこれからの生活様式」を訴えかけられる映画として選び上映させていただきました。
赤ちゃん(お母さんと)から、ご年配の方々まで、これまでの上映会で1番多様な世代にご参加いただきました。
コロナ禍前の取材だったと思うのですが、2023年現在も活動の続いている出演団体さんも多く、今見ると、各地第一線でご活躍されている方々の地道な活動段階を垣間見ることができる貴重な記録作品でもありました。オルタナティブな暮らしを志す団体や個人のビフォアコロナとアフターコロナの変容を検証できる大変興味深い作品です。総じて、たとえマイナーな動きであれ、地球や社会のために活動や信念を保ち続けていることでやがて大きな流れが「できる」ということは証明されていると思いました。
参加者の感想から、上勝町のゼロウェイスト活動、浜松や東京都心でのパーマカルチャー運動への関心が高かったようです。

できる!!
大人12名のほか、乳幼児3名の参加でした。
以下、参加者からの感想です。

◎対立せず、歩み寄って”やさしい未来”をつくろうと、日本でもいろんなアクションが行われていることにビックリした。行ってみたい。都会でも繋がりあえる、寄り合いの場を作れたらいいなと思った。

◎普段考えていることが映画になっていた。シュタイナーの考え方と近かった。人類共通の想いだと思う。映像がきれいで、音楽もよかった。

◎フランス人だから見える視点だと思った。日本のメディアでは取り上げられることがほとんどない。

◎教育に関心がある。オルタナティブスクールがもっと増えたらいいなと思う。

◎子づれでも気兼ねなく参加できる「ママパパシネマ」に参加できて、嬉しかった。映画で紹介されていたところに子どもも連れて行って、自分で感じてほしいなと思った。

◎国政はdarkだけど、地域から変えていけるという言葉に共感した。「できる」と思って、わずかでも進んでいくことが大事だと思った。

◎「循環」「わかちあい」が印象に残った。下北山村のおばあちゃんのシーンも印象深かった。「一緒に生きていく」ことを大切にしたい。

◎映画で出てきたところは知っているところも多かったが、下北山村のおばあちゃんのシーンと、ヒッチハイクのシーンが印象に残った。実践していきたい。

◎自分の普段の生活を振り返ってみて「甘っちょろい」と反省した。マクロとミクロが繋がっていると感じた。

◎選挙に立候補し落選したが、当選しても落選しても、このタイミングで観ておきたいと思って今回企画した。4年ぶりに観れて良かったが、選挙前に観ておけばよかったかも…。政治以外の方法でも、地域を変えていくことができる。今後の活動のためのいろんなヒントをもらえた。