ありがとうございます!

レビューも投稿してみませんか?

投稿してみる

できる - セ・ポシブル

メンバー登録(無料)

メンバー(無料)になると最新の映画情報が届きます。詳しくはこちら

SDGsカテゴリー(SDGsとは?

Recommend

監督:リック・グレハン
監督:アレクサンダー・J・ファレル
監督:クレイグ・リーソン

できる - セ・ポシブル

ジャンル 環境 教育 政治経済 伝統文化 社会変革 問題解決
時間 99分 製作年2019年  監督 マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン

若いフランス人カップルが日本で見つけた持続可能な暮らしの未来像

Screening Information

2021/11/20
[ 大阪府 ] みのおcinemo上映会@MAFGA 「できるーセ・ポシブル」
2021/11/20
[ 静岡県 ] Junkan Cinema

上映会 開催者募集

About the film

●フランス人カップルが日本で見つけた持続可能な社会像とは?

甚大な被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災。これまでのライフスタイルを見直し、よりエコロジカルで持続可能な暮らし方に移行した日本人は少なくない。これらの変化に熱視線を注ぎ、日本中を旅した30代の若いフランス人カップルがいる。日本とエコロジーが大好きなマチルダとジョナサンだ。将来、持続可能な生活をすることを心に決めている彼らは、エコロジカルな暮らしの実践者たちに会うため、8ヶ月もの間、ボランティアしながら日本を縦断することを決意する。

More info

●未来の世代のために私たちが進むべき道とは?

3500kmのヒッチハイクを含む5000kmで訪れた場所の数は15ヶ所。訪問先は、屋久島で自然と調和したライフスタイルを実践しているエコビレッジ・アペルイ、神奈川で地域通貨や自然エネルギーに取り組むトランジション藤野、東京のど真ん中でパーマカルチャーに挑戦している東京アーバンパーマカルチャー、徳島県上勝町でごみのない社会への転換に取り組むゼロ・ウェイストアカデミーなど。2人は、各地を巡り、持続可能な未来のためのヒントを発見していく。合言葉は「できる」。フランス語だと「セ・ポシブル」。さあ、マチルダとジョナサンと旅に出よう。

Data

原題 DEKIRU: C'EST POSSIBLE 製作年 2019年
製作国 フランス 制作
配給 ユナイテッドピープル 後援:アンスティチュ・フランセ日本 時間 99分

Cast & Staff

監督 マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン 製作総指揮
プロデューサー 口レンス・ラフイト、ケビン・アモン(協力プロデューサー) 原作
脚本 音楽
撮影 編集
キャスト マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン 三宅洋平 (音楽家・政治活動家・社会活動家) テンダー(ヒッピー) ソーヤー海(共生革命家) 坂野 晶(ゼロ・ウェイストアカデミー)

Review(0)

レビューを投稿

800文字以内でご入力ください

             

cinemoメンバーに登録してレビューを投稿しよう!

上映会主催者の声

上映会を主催された方の声を紹介します
232 CINEMA 2021年09月25日
無意識にやることをなくすこと。
自分の行動が人に、地球に、どういう影響を及ぼすのかということをちゃんと考えて責任を持つ、というのは当たり前だけれど改めて認識させられました。

地方にいても、都会のど真ん中にいても、意識と工夫と行動力でやれることはたくさん。それぞれのアプローチ方法が見れて可能性を感じました。

矛盾
 2021年05月29日
・持続可能な暮らしを自分の暮らしの中でもっと実践したいと思いながらも、自分の暮らしの快適な部分は多くの持続可能でないものによって成り立っている。矛盾の中で生きているということに改めて気が付く。

成果
〇既に持続可能な暮らし方を実践している人・地域を多数紹介することができた。 
 その上で、一人ひとりができることを考えるきっかけになった。 
〇シェアタイムの代わりに、チャットで感想を共有した。

国内の実例がもりだくさん
たくさんの仲間がいる、もしかしたら政治も動かせるかもしれない、発電を自分もやってみようか、都会でも畑が作れるんじゃないか。見るたびに自分が実現できるかもしれない明日がみつかる作品。映画の頃と今とでは世界はすっかり変わってしまったけれど、やっぱり未来は自分たちが作りたい、そんな感想が寄せられた。
「やっぱり感染が落ち着かないのが心配で」というキャンセルはまだあるけれど、リアルに見たい、一緒に見た人の意見を聞きたいという声も多い。

できる
フランス語の字幕が出るのに、思わず読もうとしてしまうのが不思議な感覚だという声がありました。
それだけ、見ることに惹きつけられるものがあるのだと感じました。
こんなことをしている人たちが、日本にも大勢いることが分かり勇気づけられたという感想もあり、映画会を続けることの意義を改めて思うこともできました。